もふもふパラダイス~三毛猫ももの楽園

北国札幌に住む三毛猫ももとサビ猫はっちのありふれた日常をちょっぴりご紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母の絵

2008年05月10日 23時59分23秒 | 美人画・日本画

5月11日 は 母の日ですね

 

「 祇園豆志乃 」

以前にも書きましたが 私の母は日本画で美人画を描いております
ここ数年は 毎年東京で開かれる 「 日本画院展 」 という公募展に出品するのを
ライフワークにしています

※写真をクリックすると大きくなります

 

 

これは2007年の作品ですが 京都で写生した舞妓さんです

京都のお話は コチラ

 

2006年の作品 「 維新の人 」

 

 

寺田屋のお登勢さんだそうです

「 坂本竜馬殿はお見えになっておりませぬ 」
とかなんとか言っているのでしょうかね?

 

 

2004年の作品 「 舞 」

 

2004年と2006年の作品はコンデジで撮っているのですが
やっぱり画像がイマイチのような…
実物はもう少しキレイです(笑)

 

これは先日 札幌で開催された展覧会の会場なのですが
ご覧のようにかなり大きな作品になっています

母の作品は着物の柄やかんざしなど細かく書き込んでいるものが多いので
作品が大きいと体力もかなり使うようです
そろそろ大きな作品は辛くなってきているようですが
描けるうちは頑張って挑戦してもらいたいなと思っています

そんな 母をねぎらうために 一日早く母の日をやってきました

小樽の美術館でやっている展覧会を見に行きたいので
連れて行けと言われていたので ちょっと早めに出て
まずは小樽の隣の余市(よいち)まで行って来ました

お目当ては…

 

 

うに~~~っ!!!
(※この写真が撮りたいがためだけにマクロレンズ装着で行きました)

 

 

(※なのでこれはコンデジです(笑))

余市駅のすぐ近くにある 「 柿崎商店 」 の うに丼です
ここは超有名店で 道内からはもちろん道外からの観光客でも いつもにぎわっています
シーズンのピーク時では2階の店舗入り口から下の店の外まで行列ができるんですって
そしてお昼過ぎに行ったら うに丼 は売り切れということもしばしばだそうです!
私たちは11時についたのですが ウニ漁の解禁が5月末とシーズン前だったので
並ばずにすぐにお店に入って食べる事ができました
それでも後から後から続々とお客さんが入ってきていましたよ!
うに丼は値段が時価となっていて 普段は「赤うに折」「赤うにカップ」「白うに折」「白うにカップ」と
4種類あり その日のお値段が書かれています
ちなみに 赤うに=バフンウニ(甘みがあって濃厚) 白うに=ムラサキウニ
折 というのがよくスーパーで見かける小さい木箱に並べて入っているもので
カップ が塩水につけてある状態で売られているものだそうです
白より赤 カップより折 と値段が違うそうで 「赤うに折 」 が一番高いそうですよ!

 

 

この日はシーズン前で 「 赤うにカップ 」 だけでしたが お値段はこんな感じです

地元産ではないとはいえ一応道内産(多分知床?)でこの時期のこのお値段が
普段と比べて高いのか安いのかはよくわかりませんが
よそと比べるとこのボリュームでこのお値段はやっぱり安いのでしょう!

安いとは言っても 気軽に食べられるお値段ではないし(苦笑)
きっと うにばっかりなんてクドくて途中から飽きちゃうんじゃないかと
食べる前は思っていましたが(←半分負け惜しみだったようなね)
なんのなんの!! 最後までとっても美味しくいただいちゃいました♪

母にも喜んでもらえましたが 母の日というより自分が楽しむためだったような…?(笑)

 

ま いいよね♪

 

 

いっつも自分ばっかり…

 

 

うに 食べたーーーい!!

 

 

あぁ… ももちゃんにはちょっとねぇ~
お子ちゃまにはまだ早いかな?

ふふん♪

 

 

 

猫ブログですが母の絵もなかなかじゃない?って思っていただけたら もふもふっとよろしくね!
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
   ↑      ↑
参加しています クリックよろしくね!

コメント (10)

芸術の秋

2006年11月01日 21時59分35秒 | 美人画・日本画

ちょっくら 出かけてこようと思います

 

 

今日 11月1日 とうとう旭川でも初雪が観測されました

札幌はまだですが とっても寒くなってきています

そろそろ 北海道の秋も終わりのようですね

 

 

寒さから逃れるというわけではありませんが
来週 京都に行ってきます

 

 

以前にも書きましたが
rinko の 母は日本画で 美人画 を描いております
( よろしかったらカテゴリーから前に紹介した絵も見てくださいね )

 

 

「 こたつ 」

 

 

 

 

「 夏の舞妓 」

 

 

江戸時代の女性の日常や
舞妓さんを主に書いております

 

 

「 なでしこ 」

 

 

たまに 花や風景なども描きます

 

 

今回 母の知人のつてで
京都の舞妓さんをお座敷に呼べるチャンスをいただきました

一見さんお断りが今も続く京都の御茶屋さんで
舞妓さんの写生をさせてもらえるのです

今までは rinko がポーズだけモデルとなり
( 顔は違いますよ ! )
あとは想像を織り交ぜながら描いていましたが
やはり 踊りも作法も未経験のモデルでは
いかんせん雰囲気が出ませんので
これで母の絵も幅が広がるのではないかと
期待しております

rinko は 母の付き人として同行しますが
滅多にないことなので
一緒に楽しんで来たいと思います

ちょっと ラッキーですね ♪

 

折角なので 奈良まで足をのばして
母の尊敬する 上村松園 の
「 松柏美術館 」 も 見てこようと思います

 

 

そんなワケで 来週は少しお休みをすると思いますが
帰ってきてから 珍道中(になるであろう)の様子も
ご紹介できればなぁって 思っています

 

あ 出発までは 更新するつもりですよ~

 

 


遊びに行くんだ

 

 


ふぅ~ん  よかったねぇ

 

 

ももちゃん  なんかズレてるよ …

 

 

 

初めての旅行で ももに忘れられないかと不安な rinko に もふもふっとよろしくね!

   ↑       ↑
参加してます クリックよろしくね!

 

 

 ・ お知らせ ・

おももちゃんを探しています

小さな情報でもお待ちしております

「おもも迷子日記」はこちらです

コメント (32)

天井画

2006年06月22日 22時09分29秒 | 美人画・日本画

以前 ご紹介させていただきました
母の絵が 小樽の旧青山別邸に飾られました

 

天井画 のお話はこちら

 

 

入り口を入ると大ホールになっており
その天井にみなさんの描いた絵が飾られてます

 

あ! 見つけました

 

 

ホールの中央には
天井画製作者配置図があります

 

 

こうして見ると
なかなか素晴らしい作品に見えます

一緒に行った 母の友人が
こうやって 100年も200年も先の人達も見るんだね
と 感慨深げに言っていました

なんだか 素敵なコトですね

 

小樽の祝津というところにある
にしん御殿 旧青山別邸

にしん漁が盛んだった時代の
贅をこらした建造物です

天井画だけでなく
素晴らしい美術工芸品がたくさんあります

 

北海道旅行 小樽方面へのドライブ
もし お近くへ行かれる機会がありましたら
ちょっと足をのばしてみませんか?

 


大正ロマンを感じるよ ♪

 

 

現実からちょっと離れたいアナタ もふもふっとよろしくね!

コメント (12)

母の日

2006年05月13日 23時54分49秒 | 美人画・日本画

5月14日は 母の日ですね

今日は ‘ 母の日特集 ’ ということで
以前にも少しご紹介させていただきました
rinko の母の描く絵を見ていただきたいと思います

 

 母は 日本画で美人画を描いております

子供の頃から 上村松園 にあこがれ
結婚後 日本画を描き始めました

母の描く日本画は 一般的な岩絵の具ではなく
水干(すいひ)と呼ばれる 水彩絵の具に近いもので描いております

 

 

舞 妓

 

 

惜 春

母はこの絵が一番のお気に入りのようです

 

 

早春の野幌駅

 

 勉強熱心な母は まだまだ貪欲に技法などを習得するべく
風景画の先生の元に通っておりました

この絵はそこで描いたものです
これが 一般的な岩絵の具ですね
鉱物の質感が出てちょっとざらざらしています

 

 

結婚するまで 実家から離れたことのなかったrinkoですが
家にいたときは 決して仲良し母娘ではありませんでした
いつもケンカばかりしていました
もし、同級生だったら
絶対友達になってないタイプだなって思っていました

それでも
いつも母を尊敬していました

rinkoが中学生のときに父が亡くなり
母はそれまで勤めたこともなかったのに
兄と私を大学・短大にまで行かせてくれました

身体が元々弱く
好きな猫も飼えないくらいの
ひどい喘息持ちで
辛いこと、苦しいこと いっぱいあったハズなのに
弱気な母は一度も見たことがありません

いつでも好きな絵を描いて
好きな画集を買い集め
いつでも輝いていました

9年前に乳癌が見つかり
片方切除しました

手術のあと 土気色の顔をして
ベッドに横たわる母を見て 泣きました
でも
目覚めた母は 枕元の私を見て言いました

「 rinkoちゃん 一句思いついた… 書いて 」

母は 日本画を描いておりますが
俳句もかじっております…

あぁ… この人は絶対死なない…

そう確信した瞬間でした

歳を重ねると共に体力も低下していますが
それでも まだまだ元気に絵を描いております
癌が発見されて手術をしてから9年たちました
そろそろ安心してもいいのかな?

 

お母さん ありがとう

お母さん これからも元気でいてね!

そして
頑張って メジャーになって
rinkoに車のひとつも買ってね♪

 

 


今日も出番ナシかぁ… ヒマだね

 

 

* どうも画像の処理がうまくできません…
  これがrinkoの精一杯です… 見づらいですが ごカンベンを

 

よろしかったら 母にもひとつ もふもふっとお願いできますか? すみませ~ん

コメント (24)

お花見気分

2006年04月15日 23時16分00秒 | 美人画・日本画

今日は暖かい一日でした

 

rinkoの母は日本画を描いております

本日は母が出品している展覧会を見に行ってきました

 

札幌市民ギャラリーで開催されている
‘ 日陽展 ’ に出品しています (~4/16)

 


中央が母の作品です

 

母の描くジャンルは‘ 美人画 ’です

今回は展覧会用の大きな作品でしたが
普段はもう少し小さめで、主に江戸時代の美人画を描いています

また折を見てご紹介していきたいと思ってます

 

トップの枝垂桜の絵ですが、これは天井画です

小樽の ‘ 旧青山別邸 ’ がリニューアルしておりまして
北海道で活動している日本画家の絵を天井画として飾っています

その中の一枚になる予定です


本物の桜はまだ先ですが、ちょっとだけお花見気分を味わいました

 

 

そんなワケで 今日は オットとももは家でお留守番でした


いっぱい遊んでもらえたかい?

 

 

 いいこでお留守番をしてた ももに もふもふっとよろしくね!
 

コメント (19)