ミッシーのぱん

心と体にやさしい天然酵母と国産小麦のパン

秋の新作パン紹介 その2

2020年09月19日 20時13分13秒 | パン日記
お彼岸になり、朝晩は凌ぎやすくなってきました


これからはだんだん秋を感じる季節になっていくことでしょう


そんな中、秋の新作パン(毎年秋の期間限定のもあります)を続々と出しています



新作 ”おやき風 抹茶あんぱん”




前回紹介いたしました ”おやき風 黒胡麻あんぱん” の姉妹品として作りました


抹茶生地に北海道産小豆の粒あんを入れて両面焼きしています




糖度48%の甘さを抑えた餡子を使用しています


こちらは表面にポピーシード「ケシの実」を散らしています




”かぼちゃクリームのキューブぱん”



北海道産の えびすカボチャ を使用した濃厚で深みのある味わいのクリームが入っています


10月になったら、このカボチャクリームでハロウィンのカボチャパンを作る予定です




あと、現在発売中の ”ブルーベリー・デニッシュ” ですが、うえだブルーベリー畑さんより、そろそろブルーベリーの収穫も終わるということを聞きましたので、近々販売を終わらせていただきます


そしてブルーベリーに代わる次なるフルーツのデニッシュも試作も作り始めています
コメント

秋の新作パン紹介 その1

2020年09月10日 15時08分41秒 | パン日記
大きな台風10号も通り過ぎ、暑さもだいぶ和らいできました


そして日の暮れもだんだん早くなってきました




さて、秋の新作パン2種類の紹介です


と言っても秋を感じるパンでもありませんが (^^;)


”おやき風 黒胡麻あんぱん”



ちなみに「おやき」とは信州の郷土料理のひとつで、野菜などを小麦粉で包んだ お饅頭を両面を焼いたものです


そんな「おやき」をイメージしたパンで、黒胡麻を擦り下ろした生地に北海道産小豆の粒あんを入れて両面焼きしました



黒胡麻の風味と、トッピングしたクルミ、やさしい甘みの粒あんのハーモニーをお楽しみください





”もっちりチーズポテトぱん”


久しぶりの惣菜パンの紹介です 




北海道産のポテトと、3種のもっちりチーズ(モッツアレラ、パルメザン、チェダー)が入ったパンです




ジャガイモのゴロゴロ食感も残しつつ、もっちり濃厚なチーズ in ポテトサラダとなっています


是非是非!
コメント

9月になりました

2020年09月02日 20時22分09秒 | パン日記
9月になりましたが、未だ猛暑が続いています


日中はまだまだ35℃を下りません


でも秋は少しづつ近づいてきています


トンボが舞う情景も見受けられるようになりました




パンの方も夏仕様から秋を感じるパンに少しづつ変えていきます


先ずは ”焼き芋ぱん”



紅あずま芋をたっぷり使用し、香料を使用せず素材本来の風味を活かした焼きいものパンです


焼成前にシナモンパウダーで周囲をコーティングして焼き上げています


是非ご賞味ください




*** お知らせ ***

南山城村の毎年秋恒例の行事 『むら活き生きまつり』 コロナウイルス感染拡大の影響で中止になりました


今年は仕方ありませんね
コメント

お店再開しています

2020年08月23日 22時14分56秒 | パン日記
夏季休業も終わり、21日(金曜日)より営業を再開しています


ところが本来、猛暑対策として夏季休業を設けていたにもかかわらず、8月下旬にさしかかっても猛暑の勢いが一向に衰えません


工房内の作業場においては朝4時半でも30℃を切りません


たぶん1か月以上は30℃を下回ったことはないと思います


コロナ渦巻く中、今年は長い梅雨に長い猛暑、たぶん猛暑が過ぎ去ったら次は台風シーズンに突入するのでしょうね




さて、期間限定で発売していました ”クル味噌” 、使用している味噌が底をつきかけていますので、今週中にも販売を終了いたします



地元産の味噌もありますが、さすがに3年間寝かしたコクと旨みが違う味噌には敵いませんので、やむなく終りとします


また年季の入った地元産の美味しい味噌が手に入れば作ります
コメント

酷暑

2020年08月16日 10時10分39秒 | パン日記
8月も半ばを過ぎました


毎日猛暑が続いています


特にここ数日は40℃に迫る気温になっています


ミッシーのぱんは現在夏季休業中ではありますが、道の駅へは通常通り出荷しておりますので、パンはほぼ毎日焼いています


そんな中、工房内の温度は昼間には35℃になります



天井が吹き抜けで、西日が当たるという悪条件の中、熱気の逃げ場所が無く、エアコンを入れたとしても30℃を下回ることはありません


ちなみに朝方でもこの時期は30℃以下にはなりません


こんな状況なので、天然酵母の生種(パンを発酵させる酵母)作りも室外の涼しい場所で行っています




本来なら工房内で天然酵母パン種発酵器において30℃設定で24時間置いて作るのですが、工房内の温度状況では元気な生種(酵母)が作れません


特に今年は例年以上に暑く感じます


コロナ化での生活の中、長い長い梅雨が空けたと思ったら、今度は猛暑対策


きっと猛暑が過ぎ去ったら次は台風のシーズンに突入するのでしょうね


早く穏やかな秋を迎えたいものです
コメント