ミッシーのぱん

心と体にやさしい天然酵母と国産小麦のパン

12月になりました

2022年12月01日 15時00分21秒 | パン日記

12月になり、急に冬らしい寒さがやってきました

 

 

山々の紅葉も落葉が始まり、少しづつ景色が変わりつつあります

 

 

そして今年も残すとこ1か月を切りました

 

 

毎年12月というと、クリスマス関連のパン、シュトーレン作りなど、本当に忙しい日々で、たぶんあっという間に年末を迎えると思います

 

 

来年の干支のパンの試作もしなければいけないですし

 

 

あと、問い合わせを度々いただく ”ビートルズのパン” 販売を再開しております

 

 

来年4月ぐらいまでの冬季期間限定です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「収穫祭」無事に終わりました

2022年11月21日 20時10分01秒 | パン日記

11月20日、「道の駅お茶の京都南山城村」での秋の収穫祭も無事に終了しました

 

 

当初の雨予想も外れ、開催中は雨は全く降らず、時折日も差すほどの空模様でした

 

 

ただ雨予報を想定していたため、テントが密集され、ちょっと窮屈な感じは否めませんでした

 

 

通路の上にもビニールを張って万全な雨対策

 

 

ミッシーのぱんのブース

 

 

今回は来客者が多いことを想定して多めに作りました

 

 

お向かいは豆屋さんと、団子屋さん

 

 

南山城村農林産物直売所(写真左)も ”しいたま焼き” を販売されていました

 

”しいたま焼き” とは?  

 

たこ焼きはタコが中に入っていますが、 ”しいたま焼き” はタコの代わりに南山城村産のシイタケがゴロンと入っています

 

 

これまた美味です!

 

 

そして午後からのステージイベントでは歌と演奏が繰り広げられました

 

トランペット独奏

 

 

そしてこちらが、地元代表の南山城村アコギクラブ「風をあつめて」

 

 

みんな緊張しているかなと思いましたが、楽しいひとときでした

 

 

奈良市生駒から来られた ”うたり”

 

 

そしてトリは関西のライブハウスで活躍中の SALUT(サリュー)

 

 

トリにふさわしく熱い歌と演奏を披露されました

 

 

The End O The World  では涙腺崩壊しそうでした、素晴らしかった!

 

 

出店者の方々、実行委員会の方々、道の駅スタッフの方々、本当にお疲れ様でした

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋深く

2022年11月13日 09時53分35秒 | パン日記

11月も半ばに入り、周囲の山々はどんどん紅葉が進んでいます

 

 

ここ数日は本当にいい秋日和で、まさに行楽のシーズンといったところですね

 

 

今回紹介するパンは新作ではありませんが、この季節にぴったしのパンです

 

 

Reaf(リーフ)、すなわち木の葉をイメージしたパンです   

 

 

焼き上がりの色が黄金色で、ちょうど枯れ葉のように見えます

 

 

葉っぱの形にした生地に、アーモンドスライスと、バターを乗せ、最後にカソナードを振りかけて焼いています

 

 

カソナードとは、サトウキビ100%で作られるフランス産のブラウンシュガーのことで、ハチミツやバニラのような独特の香りと味わい深い甘さが特徴です

 

 

仕上げにデコレーションとして粉砂糖を振りかけて店頭に出しています

 

 

食感は、平べったくして焼いていますので、ふっくらとしたパンではなく、しっかり噛み応えが味わえるパンに仕上がっています

 

 

 

 

さて、いよいよ次の日曜日は「道の駅お茶の京都南山城村」でのむらの収穫祭です

 

 

どうか『いい天気』でありますように (小雨決行)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

収穫祭

2022年11月03日 19時38分52秒 | パン日記

11月20日(日曜日)「道の駅お茶の京都南山城村」にて むらの収穫祭 が開催されます

 

 

コロナ感染拡大で、ここ2~3年「道の駅」としてのイベントが中止になっていましたが、今回満を持して開催される運びとなりました!

 

写真の説明はありません。

 

【秋は収穫のシーズン。】
豊年満作を祝い田山花踊りをはじめ、地域では五穀豊穣に感謝する祭りが行われ、ハレの日の料理「鯖寿司」や、松茸や栗がとれたときの炊き込みご飯は、「新米」でつくったり、新米をつかったごちそうは村の人にとってこの時期の特別なもの。
 
お茶では、初夏に摘んだお茶を茶壷で熟成させ陰暦の10月に口を切る「口切の茶事」が茶の湯であったり、また11月1日は紅茶の日でもあり、南山城紅茶が誕生したのもこの時期。
 
村の実りの秋は、原木栽培の椎茸栽培の始まりであったり、イモやカボチャ、大根など、甘みや旨みが楽しめる季節。
 
甘みや旨み、熟成の旬である秋のテーマを「濃味(こくみ)」と題し、「熟成」、「旨みが増す」、「脂がのった」、「糖度が高まる」など、収穫の秋、味覚を楽しむイベントをやります!      
*道の駅お茶の京都南山城村Facebookより引用
 
 
 
ミッシーのぱんも出店いたします
 
 
 
 
また、ステージイベントでは、南山城村アコギクラブ「風をあつめて」の歌と演奏もあります(12時半スタート)
 
 
 
 
本来この時期には、恒例の「むら活き生きまつり」が開催されるのですが、早々に中止が決まってしまいました
 
 
 
 
今またコロナ感染が増えつつある気配ではありますが、感染対策をしっかり取って楽しい1日になればと思っています
 
 
 
 
是非是非お越しください!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コスモス見頃です

2022年10月27日 14時05分25秒 | パン日記

10月も下旬になり、ここのところ穏やかな秋日和が続いています

 

 

いつもパンの配達に行く道中にある、京都府木津川市の恭仁宮跡では今、コスモスが満開を迎えています

 

 

恭仁京とは、奈良時代、平城京から平安京に移るまでの間、5年ほどでしたが、聖武天皇によって作られた都です

 

 

そんな跡地の田んぼの休耕地には、この季節コスモスが一面に咲き誇ります

 

 

普段は人影もまばらな場所なのに、散策されている方があちこちに

 

 

コスモスの花の向こうに見える木造の建物は恭仁小学校、昭和11年に建てられたレトロな木造校舎です

 

 

ちょっと畑に踏み込めば、コスモスを独り占め出来ます!

 

 

もちろん持ち帰るのはダメです

 

 

 

 

さて、新作パンの紹介です

 

 

”コーンマヨぱん”

 

 

マヨネーズであえたコーンをたっぷり乗せ、モッツアレラ・シュレッドチーズをトッピングして焼き上げています

 

 

子供から大人まで美味しく食べられるパンに仕上がっています

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする