宇宙のめいぐると

PEACE,LOVE & UNDERSTANDING!!
MUSIC,CINEMA & FOOTBALL!!

港カヲル恐るべし

2008年07月08日 00時01分54秒 | CINEMA
横山秀夫の大ベストセラーを映画化した「クライマーズ・ハイ」、
初日に観て来ました。
監督は「金融腐食列島[呪縛]」「突入せよ!あさま山荘事件」の
原田眞人。
ちなみに原作は未読ナリ。


1985年群馬県御巣鷹山に墜落した日航機。
それを追う地元新聞社記者達の男臭く、熱い人間ドラマ。
これは原作者の横山氏が
実際に体験した事に基づいているらしいです。

タイトルのクライマーズ・ハイとは
登山家が興奮状態で恐怖心が無くなってしまう状態のコト。
それに準えて新聞社の熱病にも似た1週間を描いています。

堺雅人がいつになく熱い芝居をしていてビックリ!!
脇を固めるエンケン、トモロヲ、堀部、マギー、
でんでんがいい味出してました。
そして皆川猿時!!
嫌悪感を抱く程のキャラで販売局長役を演じてましたね。

こういう組織内の主導権争いは原田監督の得意とする所です。
所謂面子のハナシ。
会社勤めをしてると大なり小なり
これに似たシチュエーションの経験がある方も多いのでは?

男達は時に反目し合い、時に団結しながら核心に近づいていく。
テンションの落ちない中進んでいく展開は
「突入せよ!~」を彷彿とさせます。

実話を元にしており題材が題材だけに事実と異なってもいかんし、
カタルシスを得る結末ではない。
しかし私がここ数年観た中では久しい、
スケールの大きい邦画ではなかったかと思います。

コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 闇を照らす光 | トップ | キターーーーー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

CINEMA」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

クライマーズ・ハイ (ネタバレ映画館)
連合赤軍も靖国も公開された年における原田眞人監督の総括。
クライマーズ・ハイ 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
『クライマーズ・ハイ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
クライマーズ・ハイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落...
クライマーズ・ハイ(2008年、日本) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、
「クライマーズ・ハイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
記者たちの時間との戦い・緊迫感、新聞社の様々なことがひしひしと伝わって来ました。 事故のこと、事故当時の自分のことなども思い起こされましたし・・。
『クライマーズ・ハイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...