■□■めぐりあう欲望■□■

■富士美優第1回監督作品■映画『めぐりあう欲望』公式ブログ■

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

役者 高島広芳 (ヤミ金の男)

2005年11月15日 20時04分03秒 | 監督■富士美優
 ヤミ金融の男役の、劇中の高島広芳さんです。

高島さんは、私(富士美)が、役者として所属している、タイムリーオフィスの、
 
 先輩です。 私とは、舞台と、映像のお仕事を何度かご一緒させて頂いていました。

 高島さんの、私への初めの印象は、あまり良くなかったと言っていました。

 事務所に所属したての頃の私は、養成所上がりで、チャラチャラして、

 やる気なさそうな感じだったので、高島さんからすると、関わりたくないような

 奴だったと思います。 一番初めに、舞台で共演した時、高島さんは、

 俺に近寄るな的オーラを、私に発していました。

 しかし、芝居というのは、一度共演して、否応でも毎日顔を合わせていると、

 なぜかしら、家族のような親近感を感じるようになりました。 

 お互いに避けてとおるような間柄が、そんなにも距離が縮み、

 私には、兄貴的存在になりました。
 
 その後も何度か仕事が重なり、地方での撮影などで何度も、宴の杯を、

 酌み交わしましたが、とにかく高島アニキは、飲むと、めちゃくちゃ面白い!!
 
 何が、面白いかっていうと普段から、人をすごく観察しているので、

 共演者とかの真似を、面白おかしくやってくれます。

 それが、超そっくりで私なんか、笑いすぎて食べ物を喉に詰まらせ、

 窒息して、死ぬかと思うぐらい、バカ笑いしてしまいます。 

 一緒に飲んでて、そんなに笑わせてくれるひとは、まずいませんねぇ~

 芝居のときは、真面目なのにぃ~(`o`)

そんな、アニキの二面性が、面白いところ!!
 
 役に対しての、アプローチの仕方も見習いたいです。

 役で使う持ち物なんかも、そんなもの何処で手に入れたの~っ?? 

 ていうような、物を、役を与えられた段階で用意しているんですよッ!

 今回も、後輩の無理なお願いに快く引き受けてくれて、

 ヤミ金の男が、身に付けてそうな身の回りの物を用意してくれていました。

 さすがやなぁ~と思いつつ、後輩の初監督作品だろうが、ベストを尽くす

 そういう役者さんなんです。 高島アニキは、!! 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  役者 石原寛永 (周) | トップ | シーン28 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とにかく (da-shin)
2005-11-15 21:36:54
その通り。

高島さんはマジいいキャラクターしてますね。

コメントを投稿

監督■富士美優」カテゴリの最新記事