何か良い事…Something good

一口馬主生活の喜怒哀楽

レッドリヴェール ダービー出走へ

2014-05-23 22:55:20 | 一口馬主
今週末のオークスの前に、今まで書かなかったことを、一度だけ、書こうと思います。
それは愛馬レッドリヴェールがオークスではなく、ダービーへ進むこと。
それもテン乗りの福永騎手で挑戦すること、そのことについての私の気持ちです。
かなりの長文で、感情的な表現も多々あるかと思いますので、
不快になりたくない方には、スルーをご推奨いたしますw


ここ数年、いわゆるクラシック戦線に乗り、GIの舞台で活躍する愛馬達に恵まれ、
桜花賞では2年連続2着と、後一歩で勝利するところまで来ているまっく厩舎。

牡馬クラシックでも皐月賞・菊花賞で掲示板に載るなど、それだけでも感動!なんですが、
そんな愛馬達もまだ「東京優駿(日本ダービー)」の舞台にはゲートインすらできておりません。

「愛馬のダービー出走!」 
その一念で、せっせと出資していると言っても過言じゃないです。(苦笑)

そんなまっく厩舎から、今年はダービーの舞台へ立てる愛馬が出現!!
本来ならば、「やったーーっ!!」っともろ手をあげて喜ぶところなんですけど、
これが牝馬のレッドリヴェールだっていうんですから、ことは複雑です。


ダービーの舞台で走る愛馬が見たいです。
心底、見たいです。
でもそれは、牡馬の愛馬で、です。
皐月賞をクビ差5着で権利が取れなかったステファノスで挑みたかった。
青葉賞3着で涙をのんだラストインパクトで挑みたかった。

そういうことなんです。

リヴェールの出走で、「愛馬がダービーに出走したことがある」ってカウントできるのか?
何だかちょっと違う気がしますw

牝馬はダービーじゃなくてオークスで十分。
オークスで、今まで闘ってきたライバル達としのぎを削るレースが見たかったです。


ダービーの1着賞金が2億円でオークスは9700万円。
クラブからの(一方的な)通知書にはご丁寧に賞金までが記載されていました。
「これだけ賞金が違うんだから、挑戦する意義がある」と言いたいんでしょうねw
私に言わせれば、「はぁっ?? 何言っちゃってくれてんの??」です。
そんなこと(金額なんか)じゃないんです。

そもそも、ダービーに挑むなら、桜花賞2着じゃダメ。
仮に桜花賞をぶっちぎって勝ったハープスターが挑むならまだ解ります。
負けたんです。
クビ差だろうがハナ差だろうが、リヴェールは桜花賞馬になれなかった。
そんなリヴェールがダービーに挑戦する意味って何でしょう?

私にはまったく理解できません。

特に、「種牡馬選定レース」の意味合いを持つダービーを牝馬が勝つ意味。
何かあるのでしょうか?

そして、リヴェールがダービーで勝つ確率なんてほとんどないと思います。
勝つどころか、今回は惨敗もあり得ると思っています。

そんなこと望んじゃいませんし、心底嫌ですが、それが現実だと思います。

500キロ近い牡馬達の間で420キロそこそこのリヴェールが揉まれたら、
ひとたまりも無いでしょう。


札幌2歳Sで牡馬相手に勝っている。
確かに。
でも、あれは田んぼのような特殊なドロドロ馬場、少頭数で馬群も固まらず、
それが故に小さなリヴェールは逆に伸び伸び走れたんです。
18頭フルゲートで闘うダービーでは、馬群に揉まれて致命的なトラウマを負うかも。


体が全然増えてこないっていうことは、ある意味、成長がないということ。
完成度の違いで、2歳戦は勝てたとしても、回りが急成長している中で
同じように結果を出せと言うのは、リヴェールにとって酷なことでしょう。

それも、何故か鞍上が福永騎手に乗り替わり!(怒)
テン乗りの騎手で挑んで好勝負できる程、ダービーの舞台は甘くないです。
それもダービーを勝ったこともない鞍上へのスイッチw 意味がわかりません。
例え好結果だったとしても、この乗り替わりは到底承服できません。
桜花賞の戸崎騎手がミスしている訳でもないのに。


愛馬にはいつも好勝負して欲しいもの。
それがリヴェール程の愛馬なら、尚更その想いは強いです。

「オークスなら勝てる!」とは口が裂けても言えませんが、
少なくともダービーで走るよりは好勝負が可能と思っています。
ハープスターとどんなレースが出来るか、ワクワク出来ると思います。

ダービーなんて、楽しみなんか一つもなくて、心配と不安しかありませんから。

その後のローテにも言いたいことは山ほどありますが、今は敢えて書きません。
それはダービー後、クラブの発表を待ってから…ですね。


とにかく、私がどう思おうと決まったことは決まったこと。

無謀なチャレンジをさせられるリヴェールを精一杯応援するだけですね。
そして、もし、万が一、勝てずとも好勝負出来たら、号泣すること間違いなし!です。


普段はどちらかと言うとオプティミスティックな私ですが、
こと愛馬のことになると楽観的にはなれません。
それだけ今までガッカリしてきた経験が多かったってことですが。

ってことで、来週の出走短評では盛大に「泣く」予定です!(苦笑)
皐月賞馬をお持ちのPさん、覚悟しておいて下さいね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ケイティープライド エコー... | トップ | 土曜日の出走(結果・ダブル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ボーノ)
2014-05-26 01:07:58
ご無沙汰しています!

私もいろいろ思うところはあるのですが、今は応援モードに何とか切り替えているというのが正直なところです。

ダービーに出走というのは1つの夢でしたが、まさかリヴェールでとは、出資した時は思ってもいませんでしたしね。
ただ、1つだけ気になったのは、「リヴェール」という仏語は「男性名詞」なんですよね。
あまり気にせずにつけられたのかもしれませんが、そこに運命的なものがあったのかなぁなんて、根拠のないところで納得するようにしています^^;

ともかく、当日は久々の競馬場ですので、お会いできたら宜しくお願いいたします。
複雑ですが… (まっく)
2014-05-26 21:42:47
ボーノさん、こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しています。

やはり複雑な心境も、気持ちを切り替えて応援モードですね?
私も、週末にはそうなれるように鋭意努力中です。(苦笑)
っていうか、リヴェールのことは心から応援してますよ。
ただ、クラブの方針に納得がいかないだけで…。

おぉっ、リヴェールは男性名詞なんですね?
仏語はさっぱりなので、知りませんでした。
なるほど、皐月賞馬・イスラボニータは女性形容詞で、
お持ちのお仲間さんが「ボニート」なら解るんだけど…と気にされていましたが、
その辺の不思議な縁でリヴェールがダービー馬に…な~んて、そんなに甘くないですよね?

主人がお休みなしで長期出張だったので、当日、現地に行けるかまだ不明ですが、
もしご一緒出来ましたら、こちらこそヨロシクお願い致します。

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事