Grandpaのスケッチブック

ワードで絵を描いたり、写真を取り込んで画像を楽しんだりしています。そんな様子を気ままに記録して見ます。


長野に墓参り

2018-08-18 13:03:50 | 写真

         (8月9日)
前にも書いたが 小生 生まれは東京だが 6歳の時 長野の母の実家の寺の勧めで疎開し
両親は そのまま永住を決め 母の実家の寺に眠っている。
ここ数年 墓参りには 娘婿の会社の別荘が軽井沢に在るので借りて一緒に行っていたが
今年は都合で行けないとの事なので 家内と二人で行く事にした。
台風13号が 銚子沖をかすめて通過した直後だったので、様子を見ながらゆっくり8時過ぎに
出掛けたが かえって車の往来も少なく 夏休みだと言うのに交通渋滞も無く、
昼頃には 長野に到着していた。

 ゆっくりと 墓参りを済ませ お盆の準備で忙しい中にも拘らず 寺の皆とも談笑でき 予約したホテルに
向かう事にしたが チェクインするには早すぎるので ホテル周辺の松代の街を散策する事にした。
川中島合戦の際に 武田の前進基地として築かれた 松代城跡(海津城)は 真田信之が
松代藩真田家の居城として 明治の廃城に成るまで守り通した史跡や 周辺の武家屋敷群を
しのびながら 時間をつぶし予約したホテルに向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事をすませ 夕闇に消えていく 北アルプスの山々を眺めながら 大風呂に浸かり
ベットに横に成ると 寝入るまで時間はかからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

パソコンでイラストを描く

2018-07-20 10:39:44 | 写真

     (7月20日)
パソコン教室でワードやエクセルでイラストを描く事も教えて貰って居る。
夏らしいイラストを添付して見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

千葉公園 大賀ハス

2018-07-06 09:51:16 | 写真

      (6月29日)
今年は季節の進みが早く 異常気象が続いている。
毎年写真を撮りに行っている 千葉公園の大賀ハスも 連日の暴風雨に なかなか行くチャンスが無かったが
急に 梅雨明け宣言され 暫く暑い日が続くと言う。
思い切って 仲間を誘い行って見る事にした。
花は残って居て呉れたが 風と真夏のような強い光に 
懸命に耐えている様子だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暫らく 撮っては見たが家内が 物足りなさを感じたのか、近くのいなげの浜に在る 
山陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)に行こうと言う事になった。
亜熱帯植物の根付く総ガラス張りの温室があり講習会なども開かれ一年中花を楽しむ事が出来る。
温室前の屋外花壇では百日草が元気な姿を見せて呉れたが、温室内はいつも通りの花が咲き
代り映えのする花や展示を見る事は無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

コメント

我が家の梅雨の花

2018-06-30 10:56:07 | 写真

     (6月29日)
 花が好きだと言う 家内に 母の日に成ると 娘家族や 息子家族から 鉢植えの花が送られてくる。

 暫く花を楽しんだ後は 我が家の狭い庭に処かまわず 植えている。
 藪のようになった庭に 四季折々の花が咲いてくれるが、梅雨の季節に雨に濡れながら咲く
 紫陽花や百合の花は 私も好きな花だ。   また暑い夏がやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

緑地公園のユリ~アンデルセン公園

2018-06-24 09:37:02 | 写真

 (6月19日)
隣接する八千代市の団地の中の緑地公園のユリが見頃を迎えていると仲間から情報が入り
早速 誘い合わせ向かう事にした。市の環境緑化公社とボランティア活動により
緑地公園の林の中に2年ぐらい前から植栽されているらしい。木漏れ日の中に丁寧に植えられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種もまだ少なく これから手入れされ綺麗な花園に成って行くのだろう。

そこから近くの ふなばしアンデルセン公園に行って見ようと言う事になった。
船橋市と姉妹都市でデンマークのオーデンセ市の童話作家アンデルセンに由来し
自然の起伏や雑木林をそのまま生かし デンマークの牧歌的風景を再現し
 四季折々の花が植えられている。広大な場所に子供広場や散策路があるので
 花や牧歌的風景を楽しむのには 南ゲートから入るのが便利だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント