教会学校奮戦記

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の全国各地の教会学校を紹介します。

豊川キリスト教会 12月1日の教会学校

2018年12月04日 | 豊川キリスト教会

聖書のみことばは、ルカの福音書 1章 38節です。
「イエス様の誕生の予告」のおはなしです。

マリヤは言った。
「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、
あなたのおことばどおりこの身になりますように。」
(ルカ 1:38)

マリヤはヨセフと婚約していました。
ある日、天使がマリヤの前にあらわれ、
マリヤが神様の子どもを身ごもっていると言いました。
そしてイエスと名付けるように言いました。
マリヤは戸惑いました。
しかし、天使の言った通りになるようにと言いました。

婚約者のヨセフはマリヤの妊娠を知り、マリヤを疑い、
結婚をやめようとしました。
しかし、天使がヨセフの夢に出て来て神様の子どもを
身ごもっていると言い、ヨセフは信じました。

自分の心配、恐れを神様にゆだねましょう!



コメント

豊川キリスト教会 11月24日の教会学校

2018年11月30日 | 豊川キリスト教会

聖書のみことばは、ヨハネの福音書 11章40節です。
「カナの婚礼」のおはなしです。

もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、
とわたしは言ったではありませんか。
(ヨハネ 11:40)

ガリラヤのカナというところで結婚式があり、
イエス様と弟子たち、イエス様のお母さんも招待されていました。
パーティーの時にぶどう酒が足りなくなりました。
イエス様のお母さんはパーティーの手伝いの人たちに
「イエス様が言う事を何でもしてあげて下さい」と言いました。
イエス様は「水がめに水を満たしなさい」と言いました。
手伝いの人たちは大きい水がめ六つに水をいっぱいに入れました。
その水がめをパーティーの人たちの所へ運んで行くと
水がめの水はぶどう酒にかわっていました。
しかも、とても良い味のぶどう酒でした。

イエス様はこれを最初の奇跡として行い、ご自分の
栄光をあらわされました!


コメント

豊川キリスト教会 11月10日の教会学校

2018年11月12日 | 豊川キリスト教会

聖書のみことばは、イザヤ書 41章 10節です。
「ダビデとゴリヤテ」のおはなしです。

恐れるな。わたしはあなたとともにいる。
たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
わたしはあなたを強め、あなたを助け、
わたしの義の右の手で、あなたを守る。
(イザヤ 41:10)

イスラエル人とペリシテ人は戦争していました。
ペリシテ人の兵士の中には、ゴリヤテという大男がいました。
イスラエル人の兵士たちは恐れていました。
ダビデは戦いに行っているお兄さんたちに食料を届けるように、
お父さんに頼まれたので戦場に行きました。
ダビデは少年でしたが神様を強く信じていたので、
恐れませんでした。
誰もゴリヤテと戦おうとしない中、ダビデは戦いに行きました。
ダビデは石を投げる武器で石を投げ、ゴリヤテの眉間に一発で石は命中し、
ゴリヤテは死にました。

ダビデはこの時少年で、まだ兵士ではありませんでした。
しかし、神様を信じ、ゴリヤテを恐れませんでした。
私たちもダビデから学びましょう!
コメント

豊川キリスト教会 11月3日の教会学校

2018年11月07日 | 豊川キリスト教会

聖書のみことばは、詩篇103篇 2節です。
「感謝」についてのおはなしです。

わがたましいよ。主をほめたたえよ。
主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
(詩 103:2)

ある村に、十人の重いヒフ病の人たちがいました。
イエス様がその村を通りかかった時に、その人たちは
「イエス様、あわれんでください!」と叫びました。
イエス様は「行きなさい。自分を祭司に見せなさい」
と言われました。
十人の重いヒフ病の人たちは自分を祭司に見せに行く
途中で病気がいやされました。
十人のうち、ひとりは引き返して来て、イエス様に
ひれ伏して感謝しました。
イエス様は「十人いやされたのではないか。九人はどこに
いるのか。」と言われました。

十人いて、九人は感謝を忘れました。
ほとんどの人は神様への感謝を忘れているのです。
私たちは気をつけましょう!

コメント

豊川キリスト教会 10月27日の教会学校

2018年10月29日 | 豊川キリスト教会

聖書のみことばは、ルカの福音書 19章 9節です。
「取税人ザアカイ」のおはなしです。

イエスは、彼に言われた。
「きょう、救いがこの家に来ました。
(ルカ 19:9)

ザアカイというお金持ちの人がいました。
ザアカイの仕事は税金を取る事でしたが、
決められた金額より多く取り上げていたため、
まわりの人からは嫌がられていました。
ザアカイの住んでいる町をイエス様が通りかかりました。
町の人々はイエス様を見たかったので、イエス様のまわりは
人だかりでした。
ザアカイは背が低いので、木に登ってイエス様を見ました。
すると、イエス様はザアカイの名前を呼んで、
「ザアカイの家に泊まる」と言いました。
ザアカイは大喜びでイエス様を迎え、そしてイエス様を信じました。
ザアカイは、「今まで人々からだまし取ったお金を返します。
貧しい人々にはほどこします」とイエス様に言いました。
イエス様は「きょう、救いがこの家に来ました。」と言いました。

ザアカイは取税人のかしらでした。ザアカイの家にはザアカイの他にも
人がいたと思われます。
ザアカイがイエス様を信じた事により、ザアカイだけでなく家全体に
救いが来たのです!


コメント