シップ写真スタジオの運営する写真スタジオと写真教室の雑記

管理人の運営する写真スタジオと写真教室の記録

新写真の基礎のテキストが仕上がりました。

2023-01-20 14:01:14 | 写真

新写真の基礎のテキストを作るため長らくブログをアップしていませんでした。
今回の写真基礎本では露出の測り方から作品意図に合わせた露出の決め方を念入りに説明しています。
後は昨年の講座で質問が多かったところを細かく説明しています。

1月28日 10時から 写真基礎を開催しますのでご興味のある方はご参加ください。
今回の写真基礎では講座プラススタジオを使い実習を少し行います。
お申し込み電話番号 06-6753-5584

PLフィルターとNDフィルターの使い方まで出来ればするつもりです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソフトボックスは万能ではありません。

2022-11-14 15:25:14 | 写真

最近、新しいプロフェッショナルの生徒さんから『先生はソフトボックスを使って撮らないのか』と質問されました。
私はほとんどの撮影でソフトボックスを使って撮ることはありません。
ソフトボックスは面光源を作る安易な方法ですが大きい被写体の時や細かなライティングをするときには使い勝手が悪いものです。
例えば見本の写真のように全身を写す撮影をする場合はソフトボックスで面光源を当てるなら全身より大きい面体が必要になります。
細かい説明はここでは省きますがモデルが身長150センチだと200センチ以上の大きなボックスライトを作り当てる必要があります。
100センチ程度のソフトボックスでは身長150センチのモデルに光を当てて撮影するのは難しいということです。
またソフトボックスでは均一の光を作りますので調子をつけた光や光のグラデーションも作れません。

実際には撮影実習で学んでください。

プロフェッショナルコースのご案内
写真初心者から中級者の皆さんに個人レッスンで副業ができるレベルの写真の撮り方を伝授いたします。
商品撮影コース・ポートレートコースがあります。
詳しくはシップ写真教室ホームページまで
お電話でのお問合わせ 06-6753-5584

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ストロボのガイドナンバーて?

2022-10-27 17:36:11 | 写真

ストロボのガイドナンバーて?理解していますか。
TTL(オートでストロボの光量を調整)するので知らなくても問題無いと思いますか。
色々な撮影にストロボを使うためにはストロボをマニュアル発光する必要があると思います。

まず覚えておいてほしいのはストロボスペックに書いてあるガイドナンバーはどういうことかです。
ストロボスペックのガイドナンバーとはISO100、1mの距離でF値がいくらかを表したものです
ガイドナンバー(GN)32のストロボはISO100、1mの距離でF値32で適正な写真が写るということです。
これが解れば距離が変わった時のF値がわかります。
例えば2mの距離の時にF16にります。

※ガイドナンバーも完全にはアテになりません。
 出荷時からGNの数値より暗い物もありますし、使い続けていると経年劣化で暗くなったり色がのってきたりで正確では無い場合も多いです。

これを理解していると被写体との距離でおおよそのストロボの強さがわかりマニュアル撮影時に便利です。
使い方についてはまたの機会に書かせていただきます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シップ写真スタジオの料理メニュー撮影 撮影料金から20%OFF

2022-10-11 17:22:02 | 写真

Instagram始めました。
フォロワーを増やすため当分の間ですが
シップ写真スタジオの料理メニュー撮影を
フォロー後、DMでお申し込みで20%割引で撮影します。
https://www.instagram.com/kimswingby/


写真教室 LEDで撮る『初心者でも綺麗に写せる料理撮影の撮り方』 11000円
料理撮影が上手くなりたい方は今がチャンスです。
フォロー後、DMでお申し込みで50%割引で受講できます。
DMに『初心者でも綺麗に写せる料理撮影の撮り方』希望とお申込みください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっぱりメーター(露出計)は必要!

2022-10-07 13:06:38 | 写真

モデル撮影や商品撮影を学んでもらうため
プロフェッショナルコースの生徒さんにセコニックのフラッシュメーターを買ってもらっています。
光のバランスを取るために入射式露出計は必須です。

フラッシュメイト L-308X
定常光もフラッシュ光も測れ最初に購入するにはおすすめのメーターです。

メーターの使い方については次回ブログで少し紹介しますのでお待ちください。

 

商品写真を学ぶ講座

『シップ写真教室のプロフェッショナルコース 商品撮影講座』 受講料 1回  2時間 15000円  スタジオ使用料 機材レンタル料 消耗品費 含む
写真を仕事にしたい皆さまに必要な撮影技術を受講生のレベルに合わせ個人指導いたします。
受講回数は個別のスキルによって変わりますのでご相談ください。
講座の開催日は予約制となります。

『アマゾンなどのECサイトのための商品撮影を教えます。』 受講料 1日 50000円 
1日かけて商品撮影の知識を実践で学びます。
ストアカからも申し込むことが可能です。

人物写真を学ぶ講座

『シップ写真教室のプロフェッショナルコース モデル撮影講座』 受講料 1回  2時間 25000円 モデル代 スタジオ使用料 機材レンタル料 消耗品費 含む
写真を仕事にしたい皆さまに必要な撮影技術を受講生のレベルに合わせ個人指導いたします。
受講回数は個別のスキルによって変わりますのでご相談ください。
講座の開催日は予約制となります。

『初心者歓迎』プロ撮影技術を基礎から5時間で学ぶポートレート講座 受講料 1日 50000円 
1日かけて商品撮影の知識を実践で学びます。
ストアカからも申し込むことが可能です。

 

NEW講座 料理写真撮影を学びたい初心者向け講座

『シップ写真教室の新設プロフェッショナル専門コース 料理撮影講座』 受講料 1回  2時間 15000円  スタジオ使用料 機材レンタル料 消耗品費 含む
料理写真を綺麗に撮りたい皆さんに簡単で綺麗に撮る技術を受講生のレベルに合わせ個人指導いたします。
受講回数は個別の必要なスキルによって変わりますのでご相談ください。
講座の開催日は予約制となります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする