老いの坂道(パピー)

楽しい心で歳を取り、働きたいけど休み、喋りたいけど黙る。
そんな気持ちで送る趣味を中心に日々の一端を書き留めています。

旅立ち

2022-07-31 | 日記
春から夏にかけて身辺多忙なひと時だった。
4月には愛犬のPちゃんが旅立ちました。

そして後を追うように昨年から入退院を繰り返していた妻が
5月の末に旅立ちました。

葬祭式場の皆さんはとっても親切で礼儀正しく素敵な見送りが出来ました。

最近建て替えて綺麗になった斎場で最後のお別れをしてきました。
・・・
そして7月始めにはお寺の本堂をお借りして四十九日の法要も
無事に済ませることができました。

コロナ騒動の中でもあって親族だけで静かに見送ることができたのも
病院の対応から始まって葬儀・法要まで娘がしっかり取り計らって
くれました。東京の真ん中でひとり暮らしをしているおかげか、
随分しっかりしてくれている姿に安堵したこともありました。
***************
でも、今でも時々思い出します。
あれで良かったのかな・・・妻を葬ったのは自分のあの言葉
「先生、もう、楽にしてあげてください」
だったのではなかろうか。
咽頭に管の入った彼女はものが言えなかった。
妻は苦しくてももっと頑張るつもりではなかったのか。
・・・
しばらくブログは休ませていただきます。

妻の残した遺品の整理もしなければ・・・
ひとりになったので毎日の食事・洗濯・掃除・・・
忙しいです。好きな本もゆっくり読みたいし。
(今読んでいる本)
和田秀樹さんの「老いの品格」
佐藤 優さんの「プーチンの野望」
他に「積読本」が貯まってます

「神社・仏閣めぐり」再開しようとしたとたんに
コロナ過の蔓延でしばし様子見です。




コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする