神奈川県建築士会 建築環境部会 活動報告

建築環境部会の活動報告などを掲載します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

令和2年度「第七回建築環境部会」報告

2020年10月07日 | 省エネ
令和2年度「第七回建築環境部会」報告
日  時: 令和2年10月6日(月)18:00~19:20
場  所: 神奈川県建設会館5階  建築士会 会議室
部  会:      
     議事1:「環境建築コンペ」の作品について意見や感想の取りまとめ
         コロナ渦での話し合いは如何かと考え、その状況になってからやろうか
         と話た。
        
     議事2:今年度の活動 住宅見学などのついて新型コロナウィルスを加味し
         見学等延期する。
         ZOOM会議をお試しでやってみよう(ホスト石丸氏)(来月の部会として)
         会議アプリ(セキュリティなど安全面)について検討すべきではないか?
         調査・研究を目的に!

                      参加者5名

                      部会風景


感境建築 を目指してここちよいと 感じる建築の ものさし さがし
『感境建築』という言葉は、建築環境部会の勉強会の会話の中でつくられた造語です。
心地よいと感じる境目を“ 環 ”ではなく『 感 』でとらえようという意図です。
 人間の快適性に影響を与える大きな要素は6つ(気温・湿度・気流・放射・着衣量・活動量)あります。
その他に空気の環境、光、音響、色彩、香り、臭い、振動や地盤の状況などがあります。
それらは、基本的に数値で表す事が可能ですが、人が感じる快適さ、不快感はひとそれぞれです。今後、2020年の省エネ基準義務化などでは、定量的な数値で示すことが求められています。
計算ソフトなどにより与えられた数値に納まるように書類を作成すれば良いのでしょうが、その導き出された数値で、本当に快適な建築環境が構築されているのか判断がしにくいのではないかと思います。
数値は指標の一つに過ぎないので、それぞれの環境に住む人々、作業する人々の体感という部分についても、新しい指標があるべきではないでしょうか。
今後地球環境、自然環境、地域環境の中で人の五感や感情を大切にして建築設計に携わって行きたいと考えています。
 人は感情の起伏を持っている生き物ですから、それまで快適と感じていた空間でも、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚、想覚・・・などの要因や刺激などから不快になる事があります。
このように今まで建築の分野ではあまり検討されているようで、されていないテーマなどを色々と取り上げてメンバーで勉強会を定期に実施し、建築感境のデザインコードの構築を模索しています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和2年度「第四回建築環境部会」報告

2020年07月13日 | 省エネ
令和2年度「第四回建築環境部会」報告
日  時: 令和2年7月7日(月)18:00~20:00
場  所: 神奈川県建設会館5階  建築士会 サロン
部  会:      
     議事1:2020年度 担当者の確認
     議事2:「環境建築コンペ」の作品について        
     議事3:2020年度の活動について
     今年度の活動
     住宅見学などのついて新型コロナウィルスを加味し見学等延期する。

                      参加者7名

                      部会風景


感境建築 を目指してここちよいと 感じる建築の ものさし さがし
『感境建築』という言葉は、建築環境部会の勉強会の会話の中でつくられた造語です。
心地よいと感じる境目を“ 環 ”ではなく『 感 』でとらえようという意図です。
 人間の快適性に影響を与える大きな要素は6つ(気温・湿度・気流・放射・着衣量・活動量)あります。
その他に空気の環境、光、音響、色彩、香り、臭い、振動や地盤の状況などがあります。
それらは、基本的に数値で表す事が可能ですが、人が感じる快適さ、不快感はひとそれぞれです。今後、2020年の省エネ基準義務化などでは、定量的な数値で示すことが求められています。
計算ソフトなどにより与えられた数値に納まるように書類を作成すれば良いのでしょうが、その導き出された数値で、本当に快適な建築環境が構築されているのか判断がしにくいのではないかと思います。
数値は指標の一つに過ぎないので、それぞれの環境に住む人々、作業する人々の体感という部分についても、新しい指標があるべきではないでしょうか。
今後地球環境、自然環境、地域環境の中で人の五感や感情を大切にして建築設計に携わって行きたいと考えています。
 人は感情の起伏を持っている生き物ですから、それまで快適と感じていた空間でも、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚、想覚・・・などの要因や刺激などから不快になる事があります。
このように今まで建築の分野ではあまり検討されているようで、されていないテーマなどを色々と取り上げてメンバーで勉強会を定期に実施し、建築感境のデザインコードの構築を模索しています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和元年度「第十一回建築環境部会」報告

2020年02月08日 | 環境■温熱環境
令和元年度「第十一回建築環境部会」報告
日  時: 令和2年2月3日(月)15:00~17:00
場  所: 神奈川県建設会館5階  建築士会 会議室
部  会:議事1:「環境建築コンペ」仮収支について
     議事2:環境建築コンペ作品集製作について
         予算及び担当・計画について
         建築士会カレンダー記載済
     議事3:来年度部会計画について

                      参加者4名

感境建築 を目指してここちよいと 感じる建築の ものさし さがし
『感境建築』という言葉は、建築環境部会の勉強会の会話の中でつくられた造語です。
心地よいと感じる境目を“ 環 ”ではなく『 感 』でとらえようという意図です。
 人間の快適性に影響を与える大きな要素は6つ(気温・湿度・気流・放射・着衣量・活動量)あります。
その他に空気の環境、光、音響、色彩、香り、臭い、振動や地盤の状況などがあります。
それらは、基本的に数値で表す事が可能ですが、人が感じる快適さ、不快感はひとそれぞれです。今後、2020年の省エネ基準義務化などでは、定量的な数値で示すことが求められています。
計算ソフトなどにより与えられた数値に納まるように書類を作成すれば良いのでしょうが、その導き出された数値で、本当に快適な建築環境が構築されているのか判断がしにくいのではないかと思います。
数値は指標の一つに過ぎないので、それぞれの環境に住む人々、作業する人々の体感という部分についても、新しい指標があるべきではないでしょうか。
今後地球環境、自然環境、地域環境の中で人の五感や感情を大切にして建築設計に携わって行きたいと考えています。
 人は感情の起伏を持っている生き物ですから、それまで快適と感じていた空間でも、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚、想覚・・・などの要因や刺激などから不快になる事があります。
このように今まで建築の分野ではあまり検討されているようで、されていないテーマなどを色々と取り上げてメンバーで勉強会を定期に実施し、建築感境のデザインコードの構築を模索しています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和元年度「感境建築コンペ2019(町と家の「あいだ」を考える)作品展開催」報告

2020年01月31日 | 環境■温熱環境
「感境建築コンペ2019(町と家の「あいだ」を考え)」作品展開催の報告
日  時: 令和2年1月27日(月)から令和2年1月31日(金)10:00~17:00
場  所: 一般財団法人 神奈川県建築安全協会 サービスセンター2階

感境建築コンペ2019(町と家の「あいだ」を考える)の入賞作品及び全応募作品の展示

    
感境建築 を目指してここちよいと 感じる建築の ものさし さがし
『感境建築』という言葉は、建築環境部会の勉強会の会話の中でつくられた造語です。
心地よいと感じる境目を“ 環 ”ではなく『 感 』でとらえようという意図です。
 人間の快適性に影響を与える大きな要素は6つ(気温・湿度・気流・放射・着衣量・活動量)あります。
その他に空気の環境、光、音響、色彩、香り、臭い、振動や地盤の状況などがあります。
それらは、基本的に数値で表す事が可能ですが、人が感じる快適さ、不快感はひとそれぞれです。今後、2020年の省エネ基準義務化などでは、定量的な数値で示すことが求められています。
計算ソフトなどにより与えられた数値に納まるように書類を作成すれば良いのでしょうが、その導き出された数値で、本当に快適な建築環境が構築されているのか判断がしにくいのではないかと思います。
数値は指標の一つに過ぎないので、それぞれの環境に住む人々、作業する人々の体感という部分についても、新しい指標があるべきではないでしょうか。
今後地球環境、自然環境、地域環境の中で人の五感や感情を大切にして建築設計に携わって行きたいと考えています。
 人は感情の起伏を持っている生き物ですから、それまで快適と感じていた空間でも、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚、想覚・・・などの要因や刺激などから不快になる事があります。
このように今まで建築の分野ではあまり検討されているようで、されていないテーマなどを色々と取り上げてメンバーで勉強会を定期に実施し、建築感境のデザインコードの構築を模索しています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和元年度「第十回建築環境部会」報告

2020年01月14日 | 環境■温熱環境
令和元年度「第十回建築環境部会」報告
日  時: 令和2年1月14日(月)15:00~17:00
場  所: 神奈川県建設会館5階  建築士会 会議室
部  会:議事1:神奈川県建築士会の委員会再編について
         意見交換
     議事2:来年度建築環境部会の活動について
         活動方針等の話し合い
         来年度より部会(会議)を毎月第一火曜日(原則)18:00から20:00に
         変更する。
         建築士会カレンダー記載済
     議事3:感境建築コンペ(町と家の「あいだ」を考える)の作品展について
         令和2年1月27日より1月31日まで 
         神奈川県建築安全協会サービスセンターにて
         作品展示方法、準備・撤収等担当者決

                      参加者6名



感境建築 を目指してここちよいと 感じる建築の ものさし さがし
『感境建築』という言葉は、建築環境部会の勉強会の会話の中でつくられた造語です。
心地よいと感じる境目を“ 環 ”ではなく『 感 』でとらえようという意図です。
 人間の快適性に影響を与える大きな要素は6つ(気温・湿度・気流・放射・着衣量・活動量)あります。
その他に空気の環境、光、音響、色彩、香り、臭い、振動や地盤の状況などがあります。
それらは、基本的に数値で表す事が可能ですが、人が感じる快適さ、不快感はひとそれぞれです。今後、2020年の省エネ基準義務化などでは、定量的な数値で示すことが求められています。
計算ソフトなどにより与えられた数値に納まるように書類を作成すれば良いのでしょうが、その導き出された数値で、本当に快適な建築環境が構築されているのか判断がしにくいのではないかと思います。
数値は指標の一つに過ぎないので、それぞれの環境に住む人々、作業する人々の体感という部分についても、新しい指標があるべきではないでしょうか。
今後地球環境、自然環境、地域環境の中で人の五感や感情を大切にして建築設計に携わって行きたいと考えています。
 人は感情の起伏を持っている生き物ですから、それまで快適と感じていた空間でも、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚、想覚・・・などの要因や刺激などから不快になる事があります。
このように今まで建築の分野ではあまり検討されているようで、されていないテーマなどを色々と取り上げてメンバーで勉強会を定期に実施し、建築感境のデザインコードの構築を模索しています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする