りゅうこん日記

磐田市竜洋昆虫自然観察公園の職員による日記です!
昆虫公園のホームページへは、左列にあるプックマークから入れます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オオムラサキの幼虫

2020-06-13 15:26:05 | 昆虫紹介
りゅうこんにオオムラサキがやってきました!


ウサギ顔のかわいい幼虫です!

すでに蛹になっている個体もおり、徐々に羽化も始まっています!

オオムラサキは日本の"国蝶"です。なかなか野外でみることはできませんが、非常に美しい蝶でキラキラ輝く♂の翅は宝石のようです!

とりあえず来週くらいまでは蛹を見ることができると思いますので気になる方はぜひ!
コメント

新たなハンミョウ現る・・・!

2020-05-31 10:09:34 | 昆虫紹介
先日より、昆虫館にあらたなハンミョウが登場しました!

ニワハンミョウです!

ナミハンミョウより地味めですが、よく見ると美しいのです!
上の個体は緑タイプです。


こちらは黒タイプ。シックなかっこよさがあります!

当園では繁殖も目指して飼育していきたいと思います!
コメント

明日より開館!

2020-05-17 13:17:37 | 昆虫紹介
本日までコロナウイルス感染防止のため閉館しておりましたが、明日より開館となります。
というわけで昨日、バックヤードから展示スペースに複数の虫たちを移動、展示に登場してもらいました!


こちらはヒメマイマイカブリです。カタツムリにあまたを突っ込んでたべるため、カタツムリ(マイマイ)をかぶっているように見えることからマイマイカブリという名前になったようです。
マイマイカブリは飛ぶことができず、川や大きな山脈があるとそこを越えることができません。結果的にそれぞれの場所で少しずつ色や形が変わっていき、そこ固有のマイマイカブリとなります。

ヒメマイマイカブリは関東地方などに生息するマイマイカブリの小さいバージョンです。胸と頭は青、緑、黒などの色をしています。


こちらもヒメマイマイカブリですが、千葉県の房総半島という場所のマイマイカブリです。房総半島の南部にいるヒメマイマイカブリは体がしっかりしていて、体長も大きいことが多いです。しかし、なかなか採集することが難しいのでめったにお目にかかれません。


こちらはキタマイマイカブリです東北地方にすむマイマイカブリで、胸は赤、赤紫などの色をしています。翅の部分は黄緑色に輝き、とても美しいです。マイマイカブリのなかで最も美しいといわれることもあります。


というように、昨日登場した新顔はマイマイカブリばかりです!笑
だんだんあったかくなってきたので、バックヤードの寒いところに置いていたマイマイカブリたちを呼び起こしたのです。

これからもぞくぞくと新登場する予定ですのでお楽しみに!
コメント (1)

ムカデ脱皮!

2020-05-13 14:34:41 | 昆虫紹介
本日生き物たちの世話をしていると、ちょうどムカデが脱皮途中でした!



チャイニーズタイガーレッグと呼ばれているムカデで、足のシマシマ模様が特徴的です。
最近エサのコオロギを入れても見向きもせずあまり動かなかったので心配しておりましたが、一安心しました。



少し経ってからまた見てみるとほとんど脱ぎ終わっています!
それにしてもこんなにたくさんのアシがあってよくうまく脱ぐことができますね。僕なんか4本の手足しかないのにシャツを脱ぐのに苦労していますが、ムカデは器用なものです。



完全に脱ぎ終わった状態。
本来であればこのあと脱皮殻を食べるのですが、今回は脱皮殻を回収。10月31日から開催予定のムカデ展でお見せできるように確保しておきました。

ムカデも飼育していると産卵したり脱皮したりと動きがあって面白いですね。
しっかりと扱わないと危険なので安易に飼うことはお勧めできませんが、そこも含めて魅力的な生き物であると思います。
コメント

タイワンオオムカデの産卵!

2020-05-10 11:39:14 | 昆虫紹介
先日、飼育しているムカデたちのケースを管理しているとこんな光景が!


タイワンオオムカデが丸くなっており、よーく見ると卵を抱えています!どうやら夜のうちに産卵したようです!


ムカデは産卵した後、子ムカデが孵化してある程度成長するまで抱えて保護します。
ただ、かなーり繊細なところもあり、危険を感じたりすると卵を食べてしまうことがあるのでこの状態になった場合は注意が必要です!

何枚か写真を撮った後、安静にしてもらうためにケースごと段ボールに入れて落ち着いた場所に移動しました!
無事孵化してきたらまたご紹介いたします!
コメント

マイマイカブリ

2020-04-11 17:23:26 | 昆虫紹介
バックヤードのいきもの第5弾!


超のつく有名昆虫、マイマイカブリです!
カタツムリに頭を突っこんで食べるという面白い生態が知られていますね!

エサとしてはカタツムリ、ミミズ、タニシなどを与えています。繁殖を行うにはカタツムリを与える必要があるとのことですが、たくさん見つけるのは難しいため、カタツムリを与えているのは3回に1回ほどです。

今回の写真はヒメマイマイカブリ。マイマイカブリには亜種がいくつかあり、色や大きさが違います。静岡だと、このヒメマイマイカブリが見つかります。
当園では現在、サドマイマイカブリ、キタマイマイカブリ、ヒメマイマイカブリの3亜種を飼育しています。

まとめてお見せできる機会があればいいなぁと思っておりますので、そのうち突然登場するかもしれません!
お楽しみに!
コメント

アマミトタテグモ

2020-04-04 12:39:41 | 昆虫紹介
バックヤードのいきもの第4弾!


アマミトタテグモ!
土の中にフタつきの巣穴を作り、そこを通りかかったえものを捕食します!

実は結構前から飼育はしているのですが、今まで一度も展示に登場したことはありません。理由は、土の中にいて見えないから!

バックヤードで飼育している今も姿は見えません。生きているのかもわからないような状態ですが、たまにフタを開けてみたり、エサを入れると食べたりとところどころで生命の息吹を感じます!

このようないきものたちが活躍できるような展示方法を考えてみたいと常々思っているのですが、なかなかむずかしいですね。

引き続き試行錯誤してみたいと思います!
コメント

ペルビアンジャイアントムカデ

2020-03-30 17:08:46 | 昆虫紹介
バックヤードの昆虫第3弾!

今回は昆虫ではありませんが、最高にカッコイイ種のご紹介です!

世界最大のムカデとも呼ばれる、ペルビアンジャイアントムカデです!

現在の体長は20㎝、大きいものでは30~40㎝にまでなるとか!規格外の大きさのムカデです!

毒があるというイメージが強く、あまり好きではない方が多いかと思いますがよく観察してみるととてもカッコイイいきものですよ!


10月31日から始まる「ムカデ展」で正式に登場予定です!
この他にも個性豊かなムカデが大集合します!お楽しみに!
コメント

アシブトメミズムシ

2020-03-29 13:44:52 | 昆虫紹介
バックヤード昆虫紹介第二弾!

今回はこちら、アシブトメミズムシです!

こう見えてもカメムシの仲間で、海岸近くに生息しています!

タガメのような前肢をもち、ダンゴムシ、ワラジムシなどの獲物を捕まえて捕食します!
小さくて小判みたいな昆虫ですが、非常に愛嬌があってかわいいです!

南西諸島での採集の際、海岸近くの漂着物や落ち葉をひたすらひっくり返して探しました!

いつか展示にも登場してもらえるよう、繁殖にも力を入れていきます!
コメント

オキナワアギトアリ

2020-03-22 15:50:45 | 昆虫紹介
昨日、バックヤードの昆虫たちをまとめて撮影いたしました!
こんちゅう館では常時約100種類ほどのいきものを展示しておりますが、バックヤードにはさらにもっと多くのいきものを飼育しています!
数が少なかったり、繁殖に挑戦中だったりとそれぞれ展示に出せていないのですが、せっかくなのでここでご紹介したいと思います!

第一種類目はこちら!

オキナワアギトアリです!

クワガタのような立派なアゴを持ち、このアゴで狩りを行います!
さらに、危険を感じて逃げる際にこのアゴを素早く閉じ、その衝撃で後ろに跳んで逃げるとのこと、、、面白すぎるアリです!

お尻には毒針を持ち、無暗に触ると刺されてしまいます。そのため、捕獲の際は素手で触れないようにうまく採集しました!

今後はアリの展示も行えたらいいなぁと考えておりますが、いつになることか、、、なかなか飼育にコツがいるようですね。

今回はオキナワアギトアリのご紹介でした!また次の昆虫もお楽しみに!
コメント

ブログ村 ランキングに参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ にほんブログ村 写真ブログへ