ブルーベリーの成長記録とカントリーライフ

ブルーベリーの年間の栽培記録と田舎暮らしの報告です。

ホームベル。

2018-12-12 19:51:06 | 日記


12月12日

ブルーベリー園の全体の紅葉が9割くらい進んでいます。そんな中で盛夏同様の緑の葉をしているブルーベリーがあります。それはホームベルです。接ぎ木用の台木として植えてあるもので、来春に北部ハイブッシュのほ木を接ぎ木します。やはり台木としてのポテンシャルが高く、右にでるものはありません。


落葉が一気に進んでいます。

2018-12-11 20:47:12 | 日記


12月11日

今まで10年間ブルーベリー農園を経営してきましたが、こんな経験は初めてです。早生種のハイブッシュにとどまらず、晩成種のラビットアイも一気に落葉してしまいました。ここへ来て気温が極端に下がったためと考えられます。いままでが気温が高めに推移していました。この寒さが影響していいるものと思います。


シンビジウム。

2018-12-10 20:00:14 | 日記


12月10日

毎年この時期になると御世話になった方へ、シンビジウムを送っています。シンビジウムは隣の群馬県太田市のシンビジウム農家の方から分けてもらっています。ブルーベリーと同じですごい数の品種があるみたいで、毎年どれにするか迷ってしまいます。お財布と相談しながら品定めをしまして3鉢を買いました。


12月の花。

2018-12-09 19:51:40 | 日記

12月9日

寒風が吹くこの12月の花と言えば、サザンカの花が代表的です。今日冬季剪定作業へ行くと5本くらいの木にブルーベリーの花が付いていました。一本の木で2~3輪の花ですが、可憐です。多分今月へ入って20度を超す日があり、その後も平年を上回る気温が続いていました、その辺が影響しているのかも知れません。


冬季剪定2回目。

2018-12-08 20:15:22 | 日記


12月8日

冬季剪定作業中ですが、一日の作業時間は午前午後合わせて2時間くらいです。2度目でやっと一列が終った程度です。何故遅いかと言うとスタートが晩成種のラビットアイからですので、その繁茂が早生種と比べると格段に強いからです。そのため一本の木が終るのにかなりの時間がかかります。