ヒロオガワ作品集

ヒロオガワ(Hiro Ogawa)の自作音楽、絵画、写真などを紹介します。

SPYRO GYRA- MEAD

2011-05-31 19:55:21 | 音楽
SPYRO GYRA- MEAD



私をフュージョンの道へと進ませた、グループのひとつ、それが「スパイロジャイラ」です。

大学時代、80年代初頭に”斑尾高原の野外ジャズフェス”にいって、生の「スパイロジャイラ」に出会って興奮!! 他にもジャズ畑の大御所が沢山きていましたが、「釘づけ」になったのは、こやつらのサウンドでした。

そして、キーボーディストのJeremy Wallの鍵盤捌きに圧倒された私は、後年「Jeremy」というタイトルの曲を書きました。その楽曲は、恐らく2011年末に発売されるであろう、ニューアルバムに収録される予定です。
コメント

写真 「メランコリィ」

2011-05-30 19:42:20 | 写真
夕刻,とあるテラスのテーブル。

じっと,眺めてみる。


時の移ろいと、変わらない自己との隙間に、やや暗い影をみる。
コメント

実験画 「Movin' out」

2011-05-29 18:11:02 | 絵画
大作シリーズ「遊色絵図」のために、いくつかの実験をしていました。

一つは、モデリングに対する「スクラッチ」の効果。

そして、もう一つは、マックスエルンストなどが、用いた「蝋抜き」。

勿論、エルンストとは、方法が違うのですが、簡単に言うと、色を載せたくない部分に予め「蝋燭の蝋」を垂らしておいて、彩色し、蝋を削りとるというもの。

彩色のときに、完全なマスキングではないので、少し滲みたりするのですが、その塩梅が、偶然にして面白いのが、特徴でしょうか。

日本の染め物にも通じる所がありますね。

この実験がうまくいったので、「遊色絵図」のシリーズは無事仕上がりました。

コメント

写真 「旧式ロボット」

2011-05-28 18:29:04 | 写真
ボクは、ロボット、かなり旧式です。

ところどころ,傷んできました。

ちょっと、休ませてもらってます。

いつ、復帰できるか、わかりませんが、きっと整備をして、また使ってくれると信じています。

コメント

Hiro Ogawa - Sublimation #1(Piano solo)

2011-05-27 18:30:42 | 音楽
Hiro Ogawa - Sublimation #1(Piano solo)



これは、作曲を始めて6年目の1990~1991年にかけて作られた、組曲(全4曲)の第1番。オーケストラや室内楽を手掛けていた頃で、ピアノ曲は、「息抜き」のつもり­でやっていました。
当時、傾倒していた音楽がよくわかりますね^^
コメント