チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

ヴァイオリン製作者・山田健三(要調査)

2014-10-30 22:31:19 | 楽器

昭和10年頃の音楽雑誌を読んでいると中野区「富士絃楽器社」の「手工バイオリンお求めならば先づ山田の作品を」という広告がよく出てきます。ヴァイオリンだけでなく、ギターやウクレレも作っているんですね。

この「山田」っていったいだれ?

 

さらに調べると「音楽新潮」昭和10年8月号にやっと「山田健三」というフルネームを見つけました。↓

富士絃楽器社の社長さんだったんですね。

 

↑ 「社長自作手工バイオリン工作実況」 同誌昭和9年6月号より。

 

ストラディバリウス型、アマティ型、ガルネリ型等もあり、当たり前ですが相当器用な人だったと思われます。ネット情報によるとやはりヴァイオリン製作者の鈴木政吉(1859-1944)の甥であることは判明したのですが、他には生没年からしてわかりませんでした。

今でも山田健三製ヴァイオリンを使っていらっしゃるかたもいるようで、ちょっとこのひとのことを調べたくなりました。ドラマがあるかも!?

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« チャイコフスキーの日記から... | トップ | ショスタコーヴィチお気に入... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
持ってます! (たかあき)
2017-08-04 02:14:52
k.yamadaのバイオリンのなんとNo.1を持ってます
大学に眠っていたようで最近発掘されました...
スクロールとかは結構歪んでいて丁寧な作りとはいえないんですが、驚くほど大きな音が出ます
Re: 持ってます! (チュエボー)
2017-08-04 23:10:17
たかあき様、コメントありがとうございます!

山田健三製のヴァイオリンを実際に弾いてみた方から情報を頂き驚いています。

しかもNo.1!プレミアが付きそうですね。試作を繰り返した後、初めて世に出す自分の作品にはかなりの自信があったんだと想像されます。

その第一号の当初の持ち主は誰で、いったいいつから眠っていたんでしょうか。

山田健三さんも喜んでいらっしゃると思います!(自分はまったく関係ありませんけど)

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楽器」カテゴリの最新記事