嗜好で思考な妄想ブログ

昭和生まれのオッサンの妄想系ブログ。
考察ではなく、思考による個人の感想ですのでご了承下さい。

陰謀論とはなにか①

2021年01月25日 | 雑感&メモ
2020米大統領選について記事を書いて行く中で、それは「陰謀論」だとのコメントを頂き驚かされました。
言われるまで気付かなかったということは、そもそもの私の思考回路が「陰謀論」的であると言えます。
私の思考のベースは中国古典なのですが、今回の指摘を受けて「陰謀論とは何か」を考えていく中で、思い出した話しがありました。
殷の紂王にまつわる話し『箕子の憂い』です。(←リンク先はウィキペディア)


殷とは、中国の古代王朝。
紂王はそこの王様で、「酒池肉林」の語源となった逸話を持つ暴君。
箕子は殷王朝の政治家で、紂王の叔父にあたる人物と言われます。
因みに、若い頃の紂王は名君と呼ばれ、質素な生活をしていたとされます。
そうした中で、①「紂王が象牙の箸を作った」という出来事が起こります。
その事実から、箕子は、②「国家が乱れる」ことを予見したという話しです。

その時、その理由を聞かされた周囲の人々は、どう思ったでしょうか。
箕子の言は、インプットした情報①と、アウトプットされた情報②が、離れすぎているのです。
現代の事実論者が聞けば、「そんな憶測だけの、社会を混乱させるような情報を流して、何を企んでいるのか。」と言うでしょう。
それこそプロパガンダ(情報戦)だと言われるかもしれません。
しかし、殷王朝はその後、紂王の代で滅亡するのです。


私は、この箕子の思考に感銘を受け、その様にありたいと思って生きて来ました。
そういう意味で、私は「陰謀論」を志向する者となります。
2020米大統領選挙において、日本の保守論壇でこうした「陰謀論」が台頭し、論争が起きているのですが、本当に希有な事例だと思いますので、この機会に掘り下げておきたい思います。
(つづく)



日々の出来事ランキング
コメント