花田春兆-その人と作品-展

2017年5月13日、91歳で旅立たれた花田春兆さんの、お人柄と業績を多くの方々に知っていただくために花田春兆展を企画。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花田春兆著『殿上の杖』のご案内

2019-04-19 16:03:26 | 日記

花田春兆先生の名著『殿上の杖-明石覚一の生涯』が再刊されました。

 四六判/上製 定価:1900円+税 伏流社

 購入ご希望の方は、下記をクリックして下さい。

  伏流社HP

 

【概要】

足利尊氏の縁者という高貴な身分に生まれながら、幼くして視力を失った明石覚一は、自ら琵琶法師の道を選ぶ。厳しい修行に明け暮れる中、地下の琵琶弾きや傀儡、漂泊する芸能民たちとも交流を重ね、社会の底辺にいる人々の暮らしぶりを目の当たりにする。やがて覚一は天下随一の琵琶の名手として名声を高め、御前演奏、すなわち天聴の栄に浴することとなる。磨き抜かれた至芸に感じ入った天皇より、「何か望みがあれば」と御簾の内より御言葉を賜るが、その時覚一が願い出たものは、地位でも所領でもなかった…

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 荒井裕樹氏講演「“言葉“から... | トップ | 花田春兆先生3回忌 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事