【ニュースのスクラップ】グリの街のリフォーム屋

管理人の【レキ】です。時事・政治経済ニュース、一般ニュースの感想。アニメやカラオケの話題など…友人との共用ブログです

商人アニメ? 【狼と香辛料~spice and wolf】

2008-01-26 | 【アニメ感想】ヒカリさんより寄稿
アニメもいろいろ見てきましたが、この作品ほど大脳皮質(?)
を使う作品も無かったかと思います。

牧歌的な風景と狼伝説、猫耳娘ではなく、狼娘・・・・
最初はなんじゃこりゃ? と見始めましたが、

ストーリーはナニワ金融道・・というか、商人(現代でいうなら
為替とか株、先物取引か?)の物語。

特に今回は“価値の下がった(と見込まれる)銀貨でいかに
儲けるか?”が主人公の宿題。

考えれば考えるほどわからなくなる・・・。
・・・まあ、次回には回答が出ると思いますので、期待です。

そういえば、この貨幣価値に関する話は
“悪貨は良貨を駆逐する”という、、確か“グレシャムの法則”
というのでしたっけ?はるか昔に習ったような記憶が・・・。

あくまでも“中世ヨーロッパ風の架空の時代・世界”ということ
ですので、あまりつっこまずに、本筋である“商人道”と
パートナーの狼娘の活躍を愉しむアニメです。

これからも楽しみにしています!

ヒカリでした。


コメント

新春イベント・・

2008-01-18 | 【前管理者からの引継ぎ】過去のログ
本業の方の報告・・・

今年最初のイベントです。

まったく商売抜きで、【もちつき】【フリマ】【新春占い(師大集合)】
など、こちらも楽しく、お客様も楽しく、無事終わりました。

おかげさまで晴天にも恵まれ、(朝のうちは冷え込みましたが)気温も
それほど寒くなく、とてもいいイベントになりました。

当初“200人分も おしるこ とか 準備して大丈夫?”
との不安もありましたが、準備したものも きれ~に無くなり
一安心。

この調子で、商売のほうも今年も“繁盛!”間違いなし?

グリの街のリフォーム屋 礫

コメント

狄龍(ティ・ロン)さん、発見! 酔拳2

2008-01-12 | 【アニメ感想】ヒカリさんより寄稿
先日、何気にテレビ見ていたら・・私の大好きな狄龍
(ティ・ロン)さん、発見!
まさか、ジャッキーチエンの酔拳2に出ていたとは・・
最後のクレジットを見るまで気づきませんでした。
(お父さん役?・・)
“好き”といっても、過去の香港ノワールブームで
チョウユンファと競演した“男たちの挽歌”二作での
熱演にすっかり虜になり、それ以来この二作のみ
飽きることなく定期的に観ているわけで・・・
今はどんな作品に出ているのでしょうか?

しかし、“韓流”ブーム(果たしてブームだったので
しょうか?冬ソナしか面白い作品を思い出せない。)
に比べて、“香港映画、特にノワール作品”って、
旧い作品から新しいものまで、“飽きない”作品が多い
のが特徴ですね。

これからも多分“男たちの挽歌”はビデオが擦り切れる
まで観ると思います。

ヒカリでした。



コメント (3)

“もっけ” ・・ 今一番安心して観られる作品

2008-01-09 | 【アニメ感想】ヒカリさんより寄稿
“妖怪”、“もののけ” ・・・ これは日本のアニメにおいて
すっかり定番になりましたね。これに神社系や精霊系の話を加え
るともうすっかり日本アニメの一つのジャンルとして定着した
ようです。
(ゲゲゲの鬼太郎も墓場鬼太郎)にリニューアルとのこと)

私もこのジャンルは大好きです。

その中でも今放映中の“もっけ”は一押し!
(詳細等はググってみてください。)

なんといっても舞台(あくまでモデル)が我が北関東の某県
ということで親近感があるということと、絵の綺麗さ、
物の怪といえども殺すことなく共存しながら成長していく
姉妹を描く“おだやかな”物語が、とっても安心して観られる
作品です。

それにしても、“ツエザクラ”の回は秀逸でした。
エピソードの元となる“盲杖桜”の逸話についても調べて
みてあらためて勉強になりました。
(明石のに行くことがあったら是非柿本神社に行ってみよう
と思います。)

また、この物語の核ともなっているおじいちゃん
(おばあちゃん)と孫との(時には親以上に厳しく=
社会的な善き指導者)関係というのも今は失われつつ
ある日本の善い文化を描くものです。

それにしても、こんな物語をアニメやマンガでしか
見られなくなってしまった社会も、少し寂しいような
気がします。

グリの街のアニメファン ヒカリでした。

コメント

絶望か・・・ガンスリンガーガール2期・・・

2008-01-08 | 【アニメ感想】ヒカリさんより寄稿
いよいよ2008年の新作が続々とオンエアー!

中でも一番期待していただけに・・ガンスリンガーガール二期には

・・・(非難、批評はあまり好きではないのですが)

正直がっかり、というか一期の雰囲気とか、テンポとかと

あまりにも違いがありすぎて。とてもついていけそうにないかも?

まあ、まだ始まったばかりなので、これからまた一期の頃の

“まったりとした緊張感(?)”がただよう画とか雰囲気

に化けるのを期待しています。

(アニメの場合は話数ごとにそれがあるからなかなかわからない!)

ヒカリでした。

コメント