Salsa する?

Salsaの力を信じてます。
ココロの核にしみ込んで、カラダの芯が躍動します。

下り坂のララバイ🎶 綾小路きみまろの万華鏡💜

2022-10-09 17:50:37 | gumrie


令和4年も、もう10月。
元気ですかーーーーー!!!

私はただ今、
人生のまさか、、を更新中。
生きてれば、ある程度決まった順番がやってくる訳で、、
今まで色んなものを背負ってた上り坂から、
色んなものを下ろしながら行く下り坂の途中らしい。

そう・・来たのよワタシにも「まさか?!」が。
うすうす来るな、、とボンヤリ思っていたが、
ある日突然白目の外側からやって来やがったのよ。

◇下り坂のララバイ🎶◇

コロナ渦の二年半、左大臣の歯に悩まされた。
福沢諭吉の総動員で作られた歯たちは、
数カ月であっけなくドミノ倒しのように壊れ、
動物としての生命力の劣えを、むちゃくちゃ痛感。

今年はこれで終わりにして欲しい!!と思った矢先、
突然のまさか…に。。
左大臣の楽しい夏休みは、人生初のICUに緊急入院で始まった。

今年に入り、
左大臣の度々の
『コロナに感染したかも!?』に、検査を受けるも、陰性・・・。
なのに、
症状はコロナと云われる症状に、酷似。
配偶者のワタシは、なんか、ヘン  と疑念に駆られていた。

ある朝、歩くのも苦しいとノタマウ左大臣。
自宅で酸素飽和濃度を測ると、
87%という生命存続ギリギリの数字を叩き出した。

会社に行くと言いはる左大臣を、
有無も言わさず無理やり車に押し込み病院へ。

なぜか英語のショートストーリーの本を鞄に押し込んでいた。
様々な検査は、長ーーーい待ち時間となり、
ショートストーリーの世界に没頭していたワタシ。
突然名前を呼ばれ、
ワタシの隣には不思議そうな顔をした主治医が立っていた。
集中するあまり、いつもの癖でワタシは音読をしていた。

病状説明があり、
『今夜はICUにいてもらいます
ナニカ
キュウヘン ガ アレバ 夜中でも ご自宅に電話します』


淡々と続く言葉に、淡々と頷き確認作業をするワタシ。
ドクターは、今度は奇妙な動物を見るような表情に。

なぜか
心の中は
「あ、、間に合った!!」と、

左大臣に出会い
  あれから  40年

    医学的見地とは別のモノサシを持っているんだよ ツマハ・・・と

主治医の説明の最中も、
なぜか 
助かる。。。。。と、心の中に強い確信の波が押し寄せていた。

🔷あれから 40年 きみまろの万華鏡💜🔹

きみまろ氏52歳でブレイクしてから、20年。
夫婦漫談を語らせたら、ぶっちぎりの面白さがある。

40年経ち、
酸いも甘いも嚙み分けた夫婦の日常を切り取り、
当人たちの目の前で、漫談にしちゃうんだから、もう共感の嵐。

20年前
きみまろ氏の漫談を聞いた時、毒蝮三太夫の二番煎じかと思いきや、
毒舌でもなく、揶揄してるわけでもない。
リアルな夫婦の可笑しさを売りに、話術と間合いの巧さが、ウケてる。
と思ってた。


あれから20年。
ワタシは、裏で密かに強くなり、左大臣は、見事なこども返り。
きみまろ漫談の夫婦とは違うベクトルの夫婦になった。

久々にYouTubeで観て、びっくらこいた。
きみまろ夫婦漫談は、
可笑しみも、疼きも、、
彼独自の目線で、
ぜーーーんぶ絆という あったかいエールを送っていた。

一見冷めてるような妻の言葉の裏側に潜んでいる情愛と
蔑ろにされてるように見える夫の優しさの欠片が、
あれから40年組には、堪らなく懐かしいし、ホロッとさせられる。

そして、
今だから分かるのは、
現実の夫婦の世界は、見えない部分が大半だということ。

弱い部分を隠し、生活を回す。

何食わぬ顔で、相方を心配し悟られぬようフォローする。

文句は言っても、絶対的な絆を確信している。

身体の異変も健やかさ度も、見えない部分だけど、
不思議と崖っぷちか、否かを
あれから40年の本能は、嗅ぎ分ける事が出来るのよ。

熱い想いも、胸の高鳴りも、ジェラシーもナイケド、
あれから  40年の厚みは無敵の本能に化けた。
今しばらくは、
何食わぬ顔で、夫婦の万華鏡を回していたいと思う今日この頃なの。



人気ブログランキング←ブログランキングに参加してます。励ましの応援クリックありがとうございます(*´ω`*)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする