中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

初夏の鎌倉;中央公園・水道山・亀甲山・離山縦走(後編):裏路地と展望を楽しむ

2019年06月30日 05時52分31秒 | 鎌倉あれこれ

                      <台の住宅地の高台から大船観音を望む>

   初夏の鎌倉;中央公園・水道山・亀甲山・離山縦走(後編):裏路地と展望を楽しむ
                    (単独ウォーキング)
                 2019年6月25日(火) 晴
前編の記事
  ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/0decac1d8262d6af740033289bd6c95a

<ルート地図>  ※再掲
←クリック拡大

<台の高台からの展望を楽しむ>

▇台山を下る
  台の住宅地を歩き続ける崖に突き当たる.この崖の丁度目の高さのところにくりぬかれた窟があり,その窟の中に地蔵が鎮座している.この地蔵の前で左折して,住宅地内の急坂を登り切ると,今度は急な下り坂になる.
 なかなか野趣のある面白い道である.

<峠を越えて坂道を下る>

▇素晴らしい眺望
 尾根から少し下ると眺望が開ける.前方には大長寺から続く山並みが見えている.ここから少し下ると,大船観音と大船界隈の視界が開ける(冒頭の写真).
 こうして鎌倉市内を歩いて見ると,実に坂道が多い街だなと実感できる.こういうところが,お散歩していて面白いなと思う.

<台の住宅地の坂道を下る>

▇アジサイの並木道
 進行方向左手,谷側にアジサイの並木が続く.今が丁度見頃.この並木全体をデジカメに収めたいがどうも上手く撮れない.まあこんな感じのアジサイ並木が続く.

<アジサイの並木道>

▇小川を渡る
 道なりに歩いて小川に架かる小さな橋を渡る.歩行者専用の橋である.この橋の名前は残念ながら分からない.
 橋の先は自動車がヤット通れるほどの狭い道が続く.

<小川を渡る>

<閑静な裏路地歩基を楽しむ>

▇小袋谷の踏切
 路地を抜けると鎌倉街道に突き当たる.道路を渡って直進すると小袋谷の踏切である.踏切では丁度湘南新宿ラインの下り電車が通過中である. 

<小袋谷の踏切>

▇裏路地に入る
 これから成福寺と厳島神社を経由して大船駅に向かうつもりである.勿論,横須賀線の線路沿いの道を歩くのが一番近道だが,それでは面白くないので,わざわざ裏道に入る.
 この道は亀甲山の山裾沿いに続く閑静な雰囲気が特徴である.槍道の真ん中に人が通るところだけ石畳になっている.来るハマ通らないし,出会う人も希なので,実にノンビリとお散歩できる.ここは私のお気に入りの道である.

<閑静な裏道歩きを楽しむ>

<成福寺>

▇成福寺の山門
 裏路地は厳島神社参道に突き当たって終わりになる.
 ここでちょっと脇に逸れて,成福寺を参拝することにする.まずは茅葺きの見事な山門前に立つ.

<成福寺の山門>

▇山門脇の掲示板の言葉に感動
 山門脇の掲示板に貼られている教えに見入る.
  ”われらは前任にもあらず 賢人にもあらず”
と書いてある.
 ”なるほど!・・・”
と思ったが私は浅学にして,”無碍”が読めない.後で家に帰って調べようと思ったが結局”碍”の字が読めないまま放置している.

<成福寺のお言葉>

▇親鸞聖人立像
 境内に祀られている親鸞聖人立像を拝む.
 ”写真なんか撮ったら罰が当たるかな・・・”
と少々気が咎める.

<親鸞聖人立像>

<亀甲山に登る>

▇厳島神社参道
 厳島神社参道入口まで,往路を少し戻る.
 深い緑の中に,長い石段と鳥居が見えている.この歓談を登り切った左手に亀甲山山頂(標高30メートル)がある.

<厳島神社参道>

▇市指定文化財の石塔群
 石段を少し登った左手に市指定文化財の石塔群がある.
 石塔群を一通り見物してから,石段を登り続ける.

<参道脇の石塔群>

▇厳島神社
 石段を登り切った左手に鎮座する厳島神社を拝観する.
 亀甲山山頂はこの神社社殿に向かって左側の小高いところである.車線前の広場は夏草が繁茂していて,少々薄気味悪い感じがする.

<厳島神社社殿>

▇台峯緑地遠望
 境内の端から南側の眺望が開けている.
 前方に見えるのは台峯緑地の山並み,眼下には先ほど拝観した成福寺付近が見下ろせる.

<厳島神社から台峯緑地を望む>

<夏雲を仰ぎ見ながら大船駅へ>

▇夏雲モクモク
 これまで登ってきた厳島神社の参道を反対側(北側)に降りる.
 横浜か東京方面の上空に夏雲がもくもくとわき上がっている.
 ”あの雲の下は雨かな・・・”
と想像しながら澄み切った青空を見上げる.

<夏雲もくもく>

離山山麓を経由して大船駅へ
 亀甲山北斜面沿いの曲がりくねった急坂を下って,もとレイウエルがあった場所で道幅の広いバス通りに突き当たる.その後,離山山麓の住宅地を抜けて,大船駅へ向かう.
 大船駅近くで,ホットコーヒーでも賞味してから帰宅しようかと思っていたが,ちょうどうまい時間に路線バスがあるようである.
 ”ならば,さっさと帰宅しよう・・・”
ということで,バスに飛び乗る.
 こうして取り留めもないお散歩は成り行きで終わりになる.
 大して歩いているわけではないが,歩かないよりは少しはましだなと思った次第.

<ラップタイム>

13:50  鎌倉中央公園淸水塚口歩き出し
14:00     〃  山崎口
14:08  薬師堂跡
14:09  水道山登り口
14:16  水道山山頂直下
14:22  神明神社
14:28  Gallery & Cafe伊左衛門
14:32  窟の地蔵
14:35  台山山頂
14:40  小川に架かる橋を渡る
14:43  小袋谷踏切
14:48  成福寺(14:00まで参拝)
14:52  厳島神社参道
14:54  厳島神社(14:56まで)
15:00  レイウエル跡地
15:10  大船駅着

 [散策記録]

▇水平距離        4.5km

▇沿面距離        4.5km

▇累積標高(+)       74m

▇累積標高(ー)     120m

▇所要時間(休憩時間込み)
 鎌倉中央公園淸水塚口発  13:50
 大船駅着         15:10
 (所要時間)    1時間20分(1.33h) 
 水平歩行速度    4.5km÷1.33h=3.38km/h
                                                                       (おわり)
「鎌倉あれこれ」の次回の記事
 https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/74ea5a62dc8935e0a3fc4ff75192df6b

お断り;
 
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.






コメント   この記事についてブログを書く
« 蒸し暑くて,時間内に山頂ま... | トップ | 春雨の鎌倉中央公園と江ノ島... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉あれこれ」カテゴリの最新記事