ピエスのジュエリーまわり

アタッシェ・ドゥ・ビジューをコンセプトに、恵比寿南にショップ兼アトリエを展開する『pièce』のあれやこれやです。

コズミックジュエリー

2020-05-19 | Order&Reform -Rings-
ピエスのお店の営業はまだまだお休みしておりますが、
できあがったものを少しずつお届けさせて頂いております。
 
先日お渡しさせて頂いた
オーダーリング&リフォームリングのご紹介。
 
グリーンなお石がお好きとの雑談から、
ピエスのストックの"タンザナイト"をご紹介しました。
 
このルースはタンザナイト特有のブルーが薄く、
そして、グレーがかった淡いグリーンが浮かび上がります。
 
 
 
いわゆるタンザナイトブルーではありませんが、
一箇所として同じ色合いがなく、新しい色が浮遊する様子は、
飽きずに眺めていられます。
 
枠は、zetta collection の定番、ツブツブアーム。
 
同じデザインで、お手持ちのラピスラズリでもお作りさせて頂きました。
 
 
こちらは、Aさん思い出のルース。
その"ステキストーリー"は、後日改めてご案内させて頂きます! 
 
 


画像では分かりにくいかもですが、
アームにはお手持ちのメレダイヤが、
5pずつランダムにセッティング。
 
これが良い塩梅にセンターストーンを引き立ててくれます。
 
私の勝手な心情として、
シルバー枠には、
あんまりキレイじゃないダイヤを入れたい…というのがあります。
 
ほんと勝手な思い込みですが。笑
 
コーティングしていないシルバーが、
少しずつ硫化してくる過程も楽しみたいので、
その時キラキラ過ぎるダイヤだと、
せっかくのシルバーの、深みを増した風合いに、
キラキラダイヤが水を差すんです。(個人の感想です…)
 
なので…
少〜しくすんだくらいのダイヤの、
少〜し鈍いくらいのキラキラがちょうど良い。
 
お互い引き立てあって、

「ダイヤさん、どうぞどうぞ光ってくださいな」
「いえいえシルバーさん、私なんて鈍くしか光らないんで…」
「私なんて、時間が経つとくすんでくるんだろって嫌われちゃってて…」

なんてぼやき節が聞こえてきそうなのですが、
そのくらいがちょうどいい時もあるのです!
 
なんでも光っていればいいわけじゃないし、
ずっと変わらないっていうのもなんだか気持ち悪い。
 
風合いなのです!
そこまで楽しんで愛せるくらいの余裕と度量が欲しいもんです。

オーダーくださったAさんにはありました。合致です!

 




地球を思わせる、グリーンとブルーの混じり合った
究極のニュアンスカラー。

お隣りには、ミッドナイトブルーなラピスラズリ。
コズミックジュエリーです。
 
ふたりの息子さんがいらっしゃるAさん。
息子さんに見立てられたリング達を着けられる、
お母さまのAさんは太陽なのです。

 
そして、このリング達を、
ご次男のバースデーにお渡しできた偶然に感謝です!
 
 
 
 
 
そして、ベースとなったツブツブリング達もついでにご紹介。
 
 
 
トルマリンとタンザナイト。



こちらもかわいいです。
 
 
コメント

pièce 12(ピエス・ドゥーズ)no.3

2020-05-01 | pièce12について
こんにちは。
 
テレワーク延長中の今澤です。
 
事務所では、いちごが実ったとのことで、先ほど清々しい画像を川畑さんにインスタグラムにアップしていただきました。
去年はメロンもできてましたね。すごい!
面倒見のよい川畑さんに感謝です。
 
本日も、pièce 12(ピエス・ドゥーズ) からのご紹介です。
no.3 『ふわり』リングです。
石留めの覆輪部分が浮いたような形のこのデザイン、
側面から見ると、石が『ふわっ』と浮いたように見えます。
 
 
上記の写真はほぼ真上なので、ちょっとわかりにくいかな?
 
次のこちらもほぼ真上ですが、
 

 
ほら!浮いてる感じに見えませんか?
手につけると、浮遊感がより一層際立ちます。
何しろ良いところは、大きい石でも圧迫感がないこと。
 
もとは、石の大きさに比例して地金の分量が増えてしまい、ゴツい印象になりがちな大石のリングをどうする?
というところから、
薄い覆輪部分だけをアームに載せるだけにしたらどうでしょう?
というアイディアで出来上がったデザインです。

 
そして、こんな風にもできます。
こちらは、円錐形のボトムに沿わせるように、シュッとすぼめたキリッとしたスタイリング。

 
こちらは、ボトムがフラットなオパールとの組み合わせ。
間につぶつぶでダイヤモンドを配置すると、カボションフォルムと合間って、
まるでUFOのような不思議リングになりました。
 
セミオーダーというと、決まった形にはめる、という印象がありますが、
ピエスのpièce 12(ピエス・ドゥーズ) は、
大体の到達地点だけ決めておいて、あとは臨機応変に素敵に仕上がるように作りましょう、という
ゆるーい枠組みです。
石の顔カタチに合わせて発展させることができるのがポイントですね。
 
お家でこんこんと眠っている、大きな石はありませんか?
 
それではまた!
 
 
 
 
コメント

ジュエリーって良いものです

2020-04-28 | Order&Reform -Others-
いつも楽しくオーダーを頂いているKさんからの、
親子三代リフォームのご紹介です。
 
 


左上から時計回りに…
Kさんご自身のマリッジリング。
ご自身のハーフエタニティリング。
学生の頃、おばあさまから贈られたダイヤのネックレス。
そして、お母さまの外国で買われたバロックパールのリング。
 
アイテムも素材もバラバラの4点です。
 
ですが、明確なイメージをお持ちのKさん。
具体的な仕様のご提案や、アレンジのお手伝いをさせて頂きました。
 
 
 
 
 
まずは、バロックパール。
 


リングのままでは使いにくい、ということで、ペンダントトップへ。

バチカンなどの金具を、いちから制作してしまうと、お値段も上がってしまうのと、
そんなに拘らないということだったので、
既製品のバチカン&金具を使用させて頂きました。

ですが、Kさんのひとひねり。
パールの "えくぼ"  の部分にダイヤを埋め込んで、ポイントに、と。名案です!
 
 
 
 
おばあさまからのダイヤネックレスから1ピースを使用。
石座は、地金を溶解して作った丸球に芯を立てて、
筋彫り風テクスチャをつけました。
 
これで、バチカンの既製モノ感は払拭されました!やった!
 
 
 
 
 
そして、ご自身のマリッジリング。
たっぷりした18金の幅広甲丸リングです。
 
 
 
 
 
 
こちらに、おばあさまからのネックレスのダイヤをセッティング。
 
リングのサイズのわりに、ダイヤが大きめだったので、
全体に入れてしまうと刻印も消えてしまうかもです…と申し上げると、
Kさんは「消えても大丈夫です」と、即答。
 
ですが、お隣にいらしたクール美人のお嬢さまが
「それはダメ!」と即却下されたのが、猛烈に好感が持てました!
ご家族仲良しで、ご両親をお好きなんだなぁ、と。
 
 
ということで、刻印が消えないバランスでの、ハーフエタニティリングへ。
 
 
 
 
 
ランダムに散らされたダイヤたちが、
リズミカルで楽し気で、朗らかなKさんにぴったりのリングになりました。
 
 
 
 
 
 
そして、プラチナのハーフエタニティリング。
 
 
 
 
 
 
こちらを おじょうさまの "ツブツブリング" へ。

こちらは、Kさんもすでにお作り下さっていて、
ご家族の中で「ポン・デ・リング」と呼んで頂いているそうです♪
 
こういうのって嬉しいです。
 
 
 
 
 
おじょうさまのツブツブリング。
 
サイズをお測りする際、
どちらの指にされるか伺ったところ…
 
「親指」と即答され、
 
全く違う角度からの返球に、
同席した大人3人、椅子から転げ落ちるほどびっくりしました!(笑)
 
親指!!!
感度の高い柔らかいご意見。
 
ツブツブリングは、球体が連なる完全なエタニティリングです。
そして、その形状をフルに活かせるのは、
一番視認しやすい"親指" なのかもしれません。
 
芯を捉えてます。
 
そういえば、私ってコンテンポラリージュエリー専攻していたなぁ、
とぼんやり思い出したり。
 
思えば遠くへきたもんだぁぁぁ…♪
 
 
 
 
 
お願いして着画を送って頂きました!
 
親指使用、ものすごくかわいいです。真似したい…
 
 
 
 
 
 
 



おばあさまから贈られたネックレスも含めて、
親子4代のジュエリーたちです。
 
 
そして…
時々「親指」と伺った時の、大人3人の驚愕する姿を思い出しては、
可笑しくって笑ってしまいます。

いろんなお話が伺えて…たくさんの気付きもあって…
ジュエリーって本当に素晴らしいものですね。

昭和な言葉しか浮かばない川畑でした。
 
コメント

とぷんっと珊瑚

2020-04-21 | Order&Reform -Rings-
ご主人のお母さまから譲り受けられたという珊瑚の指輪。
 
迫力の直径12.5mmの丸珠です。
 
このままでは、なかなか着けにくい、ということでお持ち込み頂きました。
 
 
丸珠の珊瑚。
 
お着物に合わせるとか・・・和なイメージが強い気がします。
瑞々しくテリっとした朱色は本当に美しいです。
だけど・・・美しいけど難しい。(笑)
 
こちらを、お若いAさんにお似合いなデザインへ。
 
クラシックなイメージの宝石は、
思い切ったモダンなデザインに振れた方が良いでしょう!
 
というわけで・・・
 
 
 
 
『金属の半球に"とぷんっ"と入っちゃった感じ』

なモダンなデザインになりました。
 
 

 
 
そしてそして、2種類サイズのダイヤをグルっと取り巻かせて頂き、
ジュエリーライクな、宝飾な面持になりました。これ大事です!

正面からの表情と、側面からの眺めが変わる
360℃楽しいリングになりました。
 



 
スラリと伸びた美しいお指に、深紅の珊瑚がお似合いです。
 
出来上がりをご主人にも喜んで頂けたようで嬉しい限りです!
 
お似合いですもん。
 
 
先日、お店にお立ち寄り頂いた時、
赤色の入った柄物のカーディガンにさらっとお着け頂いていて、
「ああ、珊瑚いいなぁ」とシンプルに思ったのでした。
 
 
でも地黒腹黒の私には、この朱色は似合わないんだなぁ。
 
川畑でした!
 
コメント

pièce 12(ピエス・ドゥーズ) no.2

2020-04-14 | pièce12について

pièce 12(ピエス・ドゥーズ) no. 2

 

こんにちは。

テレワーク続行中の今澤です!

 

昨日とは打って変わって素敵なお天気。

川畑さんには申し訳ないですが、お仕事の合間に洗濯をしてしまいました。

家でのお仕事は、仕事と家事が合間って、微妙に全体量が減ってしまっているような気がする今日この頃ですが、集中力勝負ということで、セルフ納得することにしました。

 

本日も、pièce 12(ピエス・ドゥーズ) からのご紹介です。

 

no.2  『なめらか』リングです。

 

 

肩がなめらかだよという意味でなんとなくついた名前なのですが、このリング、石座とアームが一体になっていて、とにかく引っかかりがありません。

小さなお子さんがいらっしゃるので、とにかく引っかかりを抑えたい、衣服や持ち物などに爪をひっかけそうで、リングは億劫だ。。。と思われる方に、特にオススメしています。

 

お持ち込みされる石の高さによって、わりと存在感に違いの出るデザインなのですが、

 

ボトムのある比較的スタンダードな形の石は、

少し立ち上がったような凜とした印象に、

 

 

平めの薄いカボションのような石は、

手と一体感のあるストレスフリーな存在感に仕上がります。

 

 

シャインかマット、石の周りにちょっと華やかにミルを入れてみる、など、仕上げでも、全然表情が変わりますね。

 

 

あまりの着け心地の良さに、頻度高く出番がまわってくるお気に入りに仲間入りすること、間違いないです。

 

言ってみれば、うちのセミオーダーコレクション『Délice(デリス)』も、なめらかリングの進化版と言えますね。

こんな風に大きい石のデザインにしても、オトナの存在感のボリュームリングになって素敵だと思います。

 

 

 

アームをどのぐらいのボリュームにするかによっても、結構印象変わるんですよね。。。。

 

それではまた次回!

けっこう先長いですね。。。頑張ります!

 

 

 

 

コメント

店舗業務休業のお知らせ

2020-04-12 | pièceについて

いつもピエスをご利用頂き、ありがとうございます。

新型コロナウィルス感染拡大防止に向けた緊急事態宣言、

ならびに東京都の自粛要請など考慮し、

下記の通り、店舗業務の休業をお知らせさせて頂きます。

 


【 期間 】4月10日(金)~5月6日(水)

 

 

なお、アトリエ業務は元気に通常通り行っております!

 

すでにオーダー頂いておりますお品に関しましてはこのまま進行して参ります。

御徒町の工場や素材屋さんの営業時間の短縮により、

ご案内しているお届け日より、お時間を頂く状態になっております。

 

また、オーダー中のお問い合わせ以外にも、

リフォームやお修理のご相談もメールや公式LINEで承っておりますので、

お気軽にお問い合わせ下さい。


また、5月7日(木)以降の店舗営業に関しましては、

社会情勢を踏まえ延長する場合があります。

 

1日も早い収束を願って、とにもかくにも、今は ”忍” の一文字。

そして、穏やかな日々が戻ってきたら、

思う存分、暴飲暴食するぞー!と、今は自分を律する川畑でした。

 

どうぞ、みなさまご自愛下さい! そして、素敵な初夏を迎えましょう!

 


株式会社 ピエス 
https://www.piecepiece.com/
TEL/03-6412-8500 FAX/03−6412−8506
公式LINE/@piece_online
e-mail/info@piecepiece.com

 

 

 

 

コメント

pièce 12(ピエス・ドゥーズ) no.1

2020-04-09 | pièce12について

pièce 12(ピエス・ドゥーズ)

 

こんにちは。

 

とりあえず今できる少しでも前向きなこと、ということで、

本日は、ピエスのリフォームシステム『pièce 12(ピエス・ドゥーズ)』について、

ご紹介させていただこうかと思います。

 

うちの『pièce 12(ピエス・ドゥーズ)』、カタログは可愛くできたのですが、

こんな風になりますよ、という画像がなんと『絵』です。

 

これは、CADで描いたものを線画にしているというものなのですが、

写真にしてしまって、『こういう風にしかならない』というような

想像を限定してしまう印象になるのが嫌だったので、

こんな風にちょっと曖昧な感じのプレゼンテーションにしてみました。

 

。。。と、言いつつも、

これだとイマイチ現実感がない!と思われるお客様もいらっしゃると思います。

そこで、つらつらと12タイプのデザインについて、こんな感じになったものがあるよ、

というようなご紹介をさせていただこうかと思っています。

 

今日は、ピエス no.1 別名『目玉』リングです。

 

 

こちらのリングは、センターに入れる石のサイズによって、

かなり色々な表情を見せてくれます。

 

 

目玉リングの第一号。

0.5ct のダイヤリングからのリフォームでした。


石座部分は、ダイヤモンドダストという、

コツコツと深めのテクスチャを入れていく仕上げで、

アームはヘアラインという柔らかなマット仕上げです。

この仕上げのコントラストが特徴で、お気に入りポイントです。(川畑談)

 

 

そして、ふたつめの特徴は、

アームに乗って一段高くなった石座で、重ね着けが楽ちん!

 

 

エンゲージリングとしても楽しんでお使い頂けます。

特にピエスのつぶつぶリングとのかさねづけがオススメです。

(つぶつぶリングはピエス no.10です!)

 

 

そして、お好みでアームを細くすることも…

 

 

華奢なアームとダイヤのサイズ感のバランスで、

迫力あるソリテールへ。

 

 

カラーダイヤにもよく合います。

テリの良いブラウンとマット加工は相性が良いです。

こちらは0.3ctです。

 

目玉リングは石座にセッティングできるサイズでしたら、

カラット数の制限がありません。

 

こちらは zetta Collection から、0.15ctが入りました。

そう、大きく見えるのです!

 

ふっくらとした目玉おやじのような石座に細~いアーム、

このアンバランスな感じがポイントで、

zetta定番として、とっても内部で愛されております。

 

あたたかみ系マットかピカピカシャインかのテクスチャーでだいぶ印象が変わりますが、

ウチでは基本的にマット加工絶賛オススメ傾向にありますので、

シャインの例がありませんでした。

 

ちょっと今ジュエリーどころでは。。。と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私も実際そうかもしれないとも思っておりますが、

美しいものや楽しみは、こういう時にこそあるのかもしれないし!と、

自分を鼓舞しつつ書いております。

 

それではまた次回!

今回は、今澤でお送りいたしました。

 

 

コメント

リモートリフォーム その2

2020-04-05 | pièce12について

猛烈テレワーク中の今澤です!

 

お騒がせいたしました。。。事情をご存知のみなさま、無事に帰国いたしております。

そして元気です。

 

本日は、昨日の川畑さんのリモートコントロールなジュエリーリフォームの続きです。

 

 

実はピエスには、「pièce12(ピエス・ドゥーズ)」というステキなリフォームシステムがあります。

可愛いカタログを作ったにもかかわらず、サイトに詳細を載せていないので、

知る人ぞ知る、という感じになってしまっておりますが。。。

 

 

こんな感じです。

 

リフォームをお考えなら、こんなデザインはどうでしょう?というモデルを、川畑さんとともに12タイプセレクション。

石の大きさは、ほぼどんな形にもご対応できるというシリーズです。

 

(別に有型にほいっほいっと石を留めていく、というようなことではなく、

ただ単に二人でがんばって作る、というだけの、ともすればセミオーダーのように見えてしまうフルオーダーなのです。)

 

ここからお客様のお好みで発展することも、もちろん可能。

腕の太さを変えたり、地金をコンビにしてみたり。

発想のとっかかりになってもらえれば嬉しいな、という気持ちでスタートしました。

 

リモートお見積もり、承ります!

 

お店に行けず、みなさまにお目にかかれないのは寂しいですが、

意外とリモート仕事も楽しくなってきた今澤でした。

コメント

リモートリフォーム

2020-04-04 | pièceについて

あいかわらずの不安定な日々。

 

自己満足企画の”大丈夫”ピアスを、少しずつお送りしているのですが、

思った以上に喜んで頂けて、私たちも嬉しくなっております!

 

特に…

「モヤモヤした時期に、かわいいピアスが届いて気分転換になりました!」

といったような、嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

それと同時に、

「いまリフォームを考えているアイテムがあるんです」

というようなご連絡もいくつか頂いております。

 

この時期にご来店をお願いすることは、もちろんできませんので、

時期が良くなりましたら…とお話していたのですが…

いやいや、このテレワーク黎明期!

リモートリフォームご相談で良いのでは?!と閃きました。

 

ご自宅であれやこれやお手持ちのジュエリーのことを

考えるのも、楽しい気分転換になるはず!

 

 

お手持ちのジュエリーたちを何か変化させたいと、お考えのみなさま。

 

明確なご希望がある方…

ふんわり「これどうにかなるかしら?」な方…

ピエスの公式LINEからでも、サイトのお問い合わせからでも、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

簡単なざっくりした流れをまとめてみました。

 

①お手持ちアイテムの画像

(センターストーンがある場合は、縦横サイズorカラット数があるとステキです。)

②変えられたいアイテム

(イメージや画像があると嬉しいですが、何ができるの?というご相談でももちろん結構です。)

上記のやり取りをさせて頂いた後…

 

 

 

 

③ラフ画or実寸のデザイン画を数パターンと、

お見積もり価格の入った上記のようなデザインシートをお送りします。

 

ここから、

「ここをもう少し、太く・・・華奢に・・・」などの修正をご相談頂けます。

(ここまでのご相談は無料です。)

 

④デザイン・価格にご了承頂けましたら、お手持ちのジュエリーをお送り頂きます。

 

⑤届いたジュエリーは、”確認” ・”撮影” し、

画像にてお品の状態を、お客さまと相互確認をさせて頂きます。

 

⑥そこから制作に入ります。

 

⑦ご希望の方には途中チェックとして、樹脂モデルでご確認頂くことも可能です。

又は画像でのチェックも承ります。

 

⑧制作期間は1ヶ月半〜2ヶ月です。

出来上がり次第ご連絡させて頂きお渡しになります。

 

…が、

ご来店が難しいという方には、

ヤマト運輸での保証付の配送+お振込、代引きでも対応させて頂けます。

 

でも2ヶ月後にはなんとか収束して、

お店に来て頂ける状況になっていることを切に願っております。

 

ところで、ピエスはどうなっているのか!?

と言いますと…

デミオ通勤で誰とも接しない川畑は、通常通りアトリエに来ております。

今澤さんはiMacを運んで猛烈テレワーク中です。(相変わらずお仕事早いです)

来週からは髙橋さんにもネット系をリモートでお願いする予定です。

 

そして、意外にスムーズに仕事が進行できています。

データファイルを送ってもらってアトリエで出力。

鋳造工場へ送り、返送してもらい、アトリエで手で仕上げます。

 

なるほど。

物流とネット環境さえ正常ならば、仕事はできる。

元気があれば、命があればお仕事も遊びも全部できる!

 

脱線…

 

リフォームに興味はあるけれど、いろいろ面倒でなんとなくそのままになっているなぁ、

なんてことがございましたら、

「今後の参考に」くらいのお気持ちで、ぜひお問い合わせください。

LINEのやりとりですと、画像のやり取りもスムーズでおすすめです。

 

 

★ピエス公式LINE @piece_online

★e-mail info@piecepiece.com

★Tel 03-6412-8500

★Fax 03-6412-8506

コメント

珊瑚のピンキーリング

2020-04-02 | Order&Reform -Rings-
珊瑚のルースをお預かりしました。
 
 
 

経年で少しカサカサが目立つ真紅のさんご。
 
こちらをピンキーリングにお作り替えさせて頂きました。
 
 
ベースのカラーはよくよく熟考されて、
K18ホワイトゴールドへ。
 
これだけでもステキなのですが、
やはりダイヤのキラキラも追加したい♫
 
さんごも磨き直しをさせて頂き…
 
 
完成です!
 
 
 

珊瑚のつやつやうるうる…
ホワイトゴールドの奥行きある質感…
ダイヤモンドの無限キラキラ…
 
セロトニンがブワッと湧き出てきます。
 
ロジウムコーティングをかけないことで、
全体的に温かみのある風合いになりました。

ロジウムカラーが入ると、
少しよそよそしい感じなったかな、と思います。
 




珊瑚の赤。
ずっと眺めていられます。
 
そうすると、
自然と目じりがさがり、唇の端がじわっとあがってくる。
さがって、あがって…

うっとり…って、こんな感じなんだなぁ。
 
 
 
 
 
 
コメント