心のかたち 小野英四郎

子どものころの思い出や、毎日の生活での思いを表現しています。ご感想をいただけたらありがたいですね。

大原焼

2016年10月17日 | ちょいと自慢の品
大原焼


田舎では、きわめて質素な生活を強いられていました。

そのなか、わずかばかりの現金収入を得るために

日用の雑器をつくって売っていました。

今では絶えてしまいましたが、

「大原焼」の名前の素焼のものです。

土管、ほうろく、こたつ、炭壺などがありました。

地中から掘り出された下水管を

何に再生しようかと思案中です。







ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大甕(備前焼) | トップ | 火鉢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょいと自慢の品」カテゴリの最新記事