心のかたち 小野英四郎

子どものころの思い出や、毎日の生活での思いを表現しています。ご感想をいただけたらありがたいですね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しんぼう

2011年12月15日 | 刻字



大阪で戦災に遭った机の天板を


このように装いを一新しました。




私達6人兄弟は

この机で勉強しました。





戦争の傷跡も、


いたずらでつけた


ナイフの傷跡も残っています。





家庭の歴史を


見守ってくれた机です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加