杜の都仙台発☆エコ家事笑む日記

☆エコ&カジュアルなエコ家事ブログ☆
毎日の暮らし
毎日のひらめく思い
毎日に向き合いながら「今」を自分らしく☆

いくつになっても。

2007年06月30日 | エコな掃除日記
新卒初めての会社は
大手ゼネコンでした

いい時代でしたあ
バブリーちゃんで
私も若かったぁ♪

カラオケは
スナックとやらいう
場所で

スポットライトあびて
立って歌う
癖が抜けられず
いまだに
立って歌う笑むでーす
(~▽~@)♪♪♪

当時の
部署の先輩に
何十年ぶりに再会

彼女には
厳しく教育して
もらった!

当時は
うるさいなぁと
正直おもったよぉ

だけど
だけど
厳しい指導が
今となっては
ありがたくてね

別れ間際に
先輩が
言ってくれたんです

「私があなたに指導したこと間違ってなかった
ちゃんと気遣いが出来る大人になった」と!

一度も誉めてなんて
もらえなかった先輩に
褒めてもらえた

嬉しいです☆

いくつになっても
嬉しいです☆

私も
人を教える年齢になり

これからは
先輩を見習い
本当に大切な事を伝え
たくさんの先輩方から
本当に大切な事を
学びたいと思うんだ

キッチン家電のお掃除☆

2007年06月30日 | エコな掃除日記
土曜日曜は
カラダ休めたぁい

ぐったり寝て
まったり過す

ソレもまた夢ぇえええ

んが


今週は溜め込んだ仕事
片付けなくっちゃね。

溜め込んだ仕事
始める前に

キッチン家電の
曇り&汚れ
気になってしまいました

炊飯器・トースター・コーヒーメーカー
磨きにかかることからはじめよう


キッチン家電
シルバー系ステンレスで
色目を統一しています

いつもは
マイクロファイバークロス

軽くなでるだけでキレイです。

でもコレって見た目!!
横っちょや後ろの
目に留まらないとこ汚れてるぞ。

クルリと回転して
水で濡らしたクロスに
重曹小さじ1でマッサージ
重曹の研磨作用で拭いたあと水拭き

汚れ具合で
クエン酸水スプレー
したあとの乾拭きで
雑菌もニオイも抑えるよ。

コーヒーメーカーみたいな
手入れのし難い奥のお掃除は
クエン酸水をいれスイッチオン♪
水を入替えさらにオン♪

おいしい
コーヒータイムは
お掃除から


笑むはハワイの
ライオンコーヒーが大好き。
あの香りがたまらんのじゃぁ
スーツケースいっぱいに
詰め込んで帰国します

詰め込むといえば
クローゼットや引き出し
詰め込みすぎは
衣服を傷めるだけではなく
空気のとうり道を失われ
カビ発生にもつながります

カビのベストシーズン
気をつけろ




かっぱ!

2007年06月29日 | エコな掃除日記
新幹線に乗る前の
数時間
合羽橋をぶらついた

1カ月ほど前に
夢退職した
雑貨メーカー本社の
目と鼻の先

数年前まで通勤した道
数年前に営業で歩いた道

本当に自分の足で歩く道
鍛えられた太い足(^^;)

合羽橋の道具屋
ワクワクしてまわる

商売の神様
かっぱ様に一礼!

バスボムの
かわいい型を
見つけましたよ

7月6日
青年文化センターの
イベントで
かわいいバスボム
初登場しま~す♪

かっぱ橋の帰り道
不思議な
不思議な
かっぱに遭遇(マジ)

スキンヘッドの
つるあたまに
コースターサイズの
和柄の布地を
頭のてっぺんに
貼り付けてる中年男性

動いても
落ちないんだからぁ~

かっぱ
かっぱ
かっぱ様の御利益か?

当たり前の幸せ。

2007年06月28日 | エコな掃除日記
昨夜おそく
東京の実家に滑りこむ

両親と
近くに住む妹と甥っ子
新しい家族の
小鳥さんが迎えてくれた

こんなおそくに
どーもすみません~

こんなことでもなきゃ
やっぱり会えない
東京→仙台

親友のお父さんの死が
また教えてくれた

当たり前にある幸せ
当たり前になくなる幸せ
夜中に
たらふく語った
たらふく食べた

何か食べたいものは?
と聞かれ
お母さんのおにぎり
と答える

当たり前の幸せは
ちょっぴり
しょっぱい味がした

クリニカルアートと礼服!

2007年06月27日 | エコな掃除日記
心の友のお父さんが
突然亡くなられたと!

彼女とは
18才からの大親友

彼女のお家には
ちょくちょく
おじゃましては
ずーずーしくも
高級なお寿司頂いたり
気さくにお話出来る
あのお家が大好きでした
彼女のお母さんは
「わざわざ仙台から
来ることじゃないよ!」と
怒ったようにいうけどさ

今行かなくていつ行く!

これから
東京に向かいます

昨夜は少し
ブルーな気持ちながら
予約を入れていた
クリニカルアートで無心に色塗り
心の影響で
選ぶ色も変化して
寒そうなメロンが
描かれていた

礼服も髪型も
突然の不幸な知らせに
対応出来ない私

喜びごとは
準備ができるけれど

突然の出来事に
うまく順応できない
礼服も心も

彼女に会いに行く
彼女を誕生させてくれた父と母に会いに行く

ただ
それだけ。
コメント (1)