emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

ストロベリーナイト 第6話

2012-02-14 22:44:21 | 2012冬ドラマ
第6話 「感染遊戯」

葉山則之(通称ノリ)(小出恵介)は、菊田(西島秀俊)を呼び出し相談話を始めたところ、殺人事件の知らせが入る。
被害者は、めった刺しにあったものの、大雨だったため証拠がほとんど検出されなかった。
しかし、被害者の着衣のボタンから指紋が検出されたことから、姫川(竹内結子)は加害者は被害者の父(元厚労省キャリアで薬害問題発生時の担当者)を本当は殺そうとしたのでは、と推理。
そして、ノリは今までにない気合をみなぎらせるが、明らかに暴走気味で、菊田に理由を問いただされる。
すると、中学生の時に、目の前で家庭教師が殺された(めった刺し)が、怖くて何もできずにいたことをずっと悩み続け、強くなるために警察官を目指したのだ、とのこと。
そのトラウマを乗り越えるために、強くなりたい、ヤマを取りたい、と。
その後、捜査員で手分けして被害者の父の警護に入ったところ、被害者の父に刃物を持って向かっていく暴漢を発見。
姫川、高野(加藤あい)、ノリ、所轄警察官が暴漢の確保に当たるが、次々と切りつけられ、その姿を見たノリは過去を思い出し足がすくんでしまう。
結局、菊田が暴漢=被疑者を逮捕。
ノリは、何もできなかったことに落ち込むが、姫川や菊田の言葉に。。。


といった内容だったかな?
今日は、ノリこと(ノリノリの?)小出恵介くんをメインにしたお話だったようで。
過去のトラウマに、ノリはまだ乗り越えられない。
でも、姫川も何となくノリに何かがあると分かっているのか、同じニオイを感じているのか、言葉は少ないけど自分で乗り越えることを見守っている感じで。

でも、刃物を見るだけで吐いたり足がすくんで動けないのに、捜査一課にまで行けるなんて、どうなんだろう。
まぁ、少しずつ少しずつ乗り越えていっている、ってことなのかな。

姫川は、菊田の言動に敏感で(笑)
オフの時にかけた電話の声の様子で「誰かと一緒にいるの?」って。
怖い上司だ・・・
まぁ、この関係は最終話までにどう転ぶのか、転ばないのか、あえて思わせぶりな演出をしているのだと思いますが。

加藤あいちゃんは、一回きりなのかな?
「聖なる怪物たち」と「平清盛」にもこれから出るので、3つもドラマに出るの!?と思いましたが、こちらはゲストかな。

そして、来週はエンケンさん!?
怖いなぁ・・・って、顔で判断してはダメですね(^^;)

_____________________

ブログの左側のカテゴリーの中に、web拍手を設置しているのですが、時々押してくださる方がいらっしゃいますね。
ありがとうございます!
いちおうweb拍手は、毎日確認はしています。
拍手をしても、まだ素敵な画像が出るとかそういうことをしていなくて、申し訳ありません。まだ手が回らなくて(^^;)
こんなブログですが、これからもよろしくお願いいたします!


コメント (6)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« ラッキーセブン 第5話 | トップ | ステップファザー・ステップ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回は (IDEA)
2012-02-16 01:08:58
さらりと一話完結。
原作はかなりややこしい長編なのですけど(3つの事件が動く)あまりにもさらっとしていたんでちょっとびっくりしました。
今回は葉山のトラウマがメインの話でしたが、菊田の話でもありましたね。
姫川班の結束がまた固くなったようで(加藤あいさんの存在がイマイチ希薄というか。。。)そのあたりは良かった感じでしたが。
姫川は菊田の言動に敏感でしたね今回は。
「誰かと一緒だったんでしょ。彼女?」
明らかに嫉妬ですね(笑)
犯人逮捕の後に痛がる姫川の腕をハンカチで押さえながら歩く菊田と
「痛い、痛い、もう少し優しくやって」
と文句をいいながら菊田に甘えていた姫川を見て「強さ」の意味を葉山も少し理解したのでは
ないでしょうか?
今回姫川・菊田の接近がけっこう描かれていましたね。
次回以降この「恋愛路線」(??)が盛り上がって、視聴率も盛り上がってほしいですね。
1.4%下がって14.0だったみたいですから。ここらで盛り返してほしいものです。
>IDEAさんへ (emi)
2012-02-16 17:58:58
IDEAさん、コメントありがとうございます!
原作は長編で複雑なんですね。
今回は、事件自体を描くと言うよりは「ノリのトラウマ」がメインのようだったので、記事も事件自体はあまり触れずに書いてしまいました。
ノリと姫川のトラウマつながり、そして菊田が大活躍で(笑)
姫川と菊田が、それぞれ少なからずお互いについて仕事を超えた感情を持っていることは分かるのですが、あの勝ち気な姫川と菊田がどう接近していくのか、まだ良く見えてきません。どうなるんでしょうね。恋愛路線にした方が盛り上がるのかどうなのか(笑)
今回で菊田ファンが増えたのは間違えないでしょうけど←パンチ炸裂でしたね~
結局 (IDEA)
2012-02-16 22:56:50
最初からお互いに好きだという設定なんだと思いますねあの2人は。
だけど上司と部下だし、菊田は階級も下だしなかなか言い出せない。
姫川も分かっているけど言いだせない。
だから何となく「匂わす」って感じなんでしょう。
でも増えると思いますよ。姫川・菊田のシーンは。
これで視聴率が上がりだしたら面白いですよね。
西島さんは間違いなくファンを増やしていると思います。
>IDEA さんへ (emi)
2012-02-17 15:31:47
西島さん、前クールではボディーガード役をしていたのですが、今回はあの役とは全然違っていて、これまたすごいなぁ、と思っています。
でも、前作は「ヒロインとくっついてほしいなぁ」と思って観ていたのですが、今回は…
うーん、私の中で、姫川と菊田がくっついたら、このコンビで続編は見れなくなるのかなぁ、という心配があるのかもしれません(^^;
(恋人同士or夫婦になったら、同じ部署にはならないでしょうから)
ただ、まぁ2人の行く末は気になります(笑)
やっとみたぁ(*^^*) (ともぞう)
2012-02-18 00:28:05
さっき、やっとこさストロベリーナイトみたわー。内容的感想は今回は特に…って感じだったなー。
SWビルドがロケ地に使われていたのに大きく反応(^^;;
聖なる怪物たちも今日見たから、加藤愛ちゃん…訳わからん(^^;;
西島さんと加藤愛ショットは、前クールの僕とスターを思い出し…最近掛け持ち俳優多いよね。今クールは特に感じるなぁ。俳優さん、いーっぱい居ると思うんだけどねー(^^;;

…と、くだらない感想でした(。-_-。)
>ともぞうさんへ (emi)
2012-02-19 23:22:19
ともぞうさん、コメントありがとうございます!レスが遅れて申し訳ありません。
録画確認しました!SWビルドでした!!
さすがですね~。私はOA時には気づきませんでした。愛が足りないのかなぁ(涙)

今クールは、かけもちの俳優さん多いですよね。
加藤あいさんは「ストロベリーナイト」「聖なる怪物たち」「平清盛」。そうそう、前クールの「僕とスター・・・」では、西島さんに恋を寄せる後輩でしたよね(^^;)
渡辺いっけいさんは、ストロベリーナイトで刑事役ですが、月8「ステップファザー・ステップ」でも刑事役です「聖なる怪物たち」にも出ていますよね。
ストロベリーナイトは、昨年の夏に既に撮影を終えているそうです。なので、かけもち感が多く感じるのかもしれませんね。
ともぞうさんも「聖なる怪物たち」を見ているのですね!これで少なくとも3人は「聖なる怪物たち」を見ていることが分かったので、ちょっと安心しました(視聴率がすごく低いので、「このドラマを見ているのは私だけ!?」と最近まで不安になっていました 笑)
どんな感想でも、短くても全然OKですので、またお気軽にコメントしてくださいね♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

11 トラックバック

ストロベリーナイト 第6話:感染遊戯 (あるがまま・・・)
菊田しゅてき.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ バーでグラスを傾ける菊田ノリの相談相手になる菊田 いつものように姫のナイト役をする菊田 ノリにパンチをくらわし喝を入れた後のフォローもしゅてき 今日はストロベリーナイトならぬ菊田ナイトでございました~~~ 今...
「ストロベリーナイト」第6話 感染遊戯=ネット社会の恐怖 (今日も何かあたらしいドラマ)
「ストロベリーナイト」第6話、今回は一話完結でさっぱりと面白かった! 事件はそんなに込み入ったものではなく、さくっと解決したのだけれど、 15年前の薬害事件がネットを通して再燃し、あらたな憎...
ストロベリーナイト 第6話の感想 (オタクと呼ばないで)
フジテレビ系列で放送の「ストロベリーナイト」第6話の感想など。感染遊戯「Yahoo! テレビ」から、あらすじを引用します。激しい雨が降る夜、閑静な住宅地で、家の玄関から出てきた男が身を隠していた男にいきなりメッタ刺しにされた。現場検証が行われ、姫川班の面々が...
ストロベリーナイト 6話 感想 小出恵介 (ドラマとアニメの感想日記)
「ストロベリーナイト」第6話「感染遊戯」の感想いきまっすv ネタバレ注意です☆ しょっぱなから嫌なシーン。--; ノリとの飲みのシーンは、玲子のTELで中断。 なんの相談だったのかな? 過去の話かな?→後に判明♪ 玲子の菊田への問い、「彼女と飲んでた?」は...
ストロベリーナイト「感染遊戯」  (のほほん便り)
憎しみは感染し、増幅します。メディアを伝わり、場合によっては忘れた頃に… しかも、情報を提供した側は、ほとんど遊び感覚… この意味することろは深いですよね。今回は、それが顕著で最悪の形で出た事件でした。 そして、葉山則之(小出恵介)の過去のトラウマが...
ストロベリーナイト(6) (AKIRAのドラマノート)
第六話「感染遊戯」
ストロベリーナイト 第6話 (ドラマハンティングP2G)
「感染遊戯」2012.02.14 Tue On-Air 姫川玲子(竹内結子)から事件発生の連絡を受けた菊田和男(西島秀俊)は、珍しく葉山則之(小出恵介)と飲んでいた。葉山は菊田に相談事があるらしいのだが、優先されるのは仕事。結局、菊田は葉山の悩みを聞けずに現場へと急行する...
「ストロベリーナイト」 第六話 感染遊戯 (トリ猫家族)
 『感染遊戯』・・・・・・ 自分は手を汚さず、人の怒りや恐怖を煽り、殺人実行に導き、満足感を得る。 その歪んだ欲望はウィルスのように感染し、広がっていく。  さて、今 ...
《ストロベリーナイト》★06 (まぁ、お茶でも)
住宅街。強い雨が降る中、帰宅した男がすぐに呼び出されて、傘をさして、門を開けた直後に刺殺された。 菊田は、葉山に呼び出されて、バーにいた。歯切れの悪い葉山は、相談事があると言ったが、話が進まないうちに姫川主任から動員が掛かった。 姫川は、かかとが取れた...
ストロベリーナイト (第6話 2/14) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の第6話『感染遊戯』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 「1話完結」ってだけで、細かいことは目をつぶろうか?! サ...
『ストロベリーナイト』 第6話「感染遊戯」 (英の放電日記)
葉山(小出恵介)のトラウマ、玲子(竹内結子)と菊田(西島秀俊)の関係などが主題。ただ、これで終わり?という印象も残った。 ★玲子と菊田はある意味、いちゃいちゃしていた ・「誰かと一緒だったんでしょ。彼女?(ひとりかという問いに対して)『ええ、まあ』って...