SE鈴木君の部屋

旅行好きの観光日記と日常の気になることを紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

信用情報機関にので

2017-12-04 00:46:04 | 日記
いろいろある融資の手続きの切り口から比べるてみると、基準も多様にあることが言えます。一言でキャッシングサービスと口々にいっても、金融機関であったり大手の会社であったり、闇金融などあり様々です。これらを比較した場合、明らかに、審査が簡単な会社、その逆の通りづらい会社に、はっきり分かれるのです。まず、同時期に融資を受ける業者は、三社というのが判定の目安と図れます。キャッシングをしている件数が三社以内で、キャッシングをしている金額が収入の3分の1以下であれば、銀行であっても審査項目をパスする割合いは高いです。金融機関系はおおかた金利が低く設定されていますので、利用をするなら金融機関系がお勧めでしょう。キャッシング件数が仮にお金の借入れ件数が4件を超えている場合は、金融機関系は難しくなります。なのですが、2006年に新しくできた貸金業規制法や出資法等の法の改正により、金利が下げられ、金融機関系では手続きが通りづらい傾向にあるのです。銀行でも、一段と審査基準に対して通りづらくなるということです。また手続きの甘い会社と評判の企業でも、むやみに審査を依頼すればよいというわけでもないです。仮に、事前にその会社に関して情報を調査せずに申し込み、審査項目をパスしなかった場合は、その情報は個人信用情報機関に記録されるのです。信用情報機関に保存される時間は三ヶ月~六ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうということになります。汚れたからといって直に借りられないことでもないですが、その個人情報を参照する会社の審査には、間違いなく、多かれ少なかれ影響があります。比較的幾分甘いといわれる審査基準を行う業者でも、個人信用情報機関に個人記録が登録されるいることにより融資を受けられなくなる場合も発生するかもしれないのです。
コメント