ぷちこの『おもいつ記』

ぼちぼち更新します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レーズンバター

2012-04-18 | 日常
またイマイチな写真ですが…
一度レーズンバターを作ってみたかったのです。
タイミングよくとてもよいレーズンをいただいたのでラム酒に漬けて準備しました。
バターを柔らかく練ってからレーズンを入れるつもりが先にレーズンをつけ汁ごと入れてしまったり(´;ω;`)バターとなかなか混ざらず何度も様子を見ながらレンジにかけたり(´;ω;`)
冷蔵庫で冷やし固めてなんとか完成。
わくわくしながら試食…
あれ?あんまり美味しくない…
なんだかえぐみがある…
もしかしたら、バターの塩分とラム酒が合わさるとあまりよくないのかも?
ラム酒が多かったのかな?
バターももっと質のよいものを使えばいいのかもしれません。
でも私の記憶の中にあるレーズンバターは塩分がほどよく入ってたと思うので、有塩バターでよいとは思うのですが。
無塩を使って加減しながら塩を加えるのもいいかもしれません。
今はトーストにのせて食べてます。溶けると少しえぐみがなくなって美味しいです。トーストにレーズンバターなんてとても贅沢!
それにしても小さい頃、レーズンバターはとても不思議な食べ物でした。
確か冷凍庫に保存されてて、「食べてみるか?」って感じでうやうやしく出されてくる。
子どもにとったら甘くもなくレーズンも苦手、脂の塊を楽しそうに食べている大人が不思議でした。
でもなんだか食べさせてもらえることが仲間にはいれたような気がして複雑な気持ちを持ったまま食べる他にはない食べ物でした。
レーズンバターを食べると今でもどこに持って行けばいいかわからない感情とでもわるくないそんな気持ちになります。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« クレソン | トップ | ( ゜д゜)ハッ! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事