「おながわ海中漫歩」 ちょっと海へ

宮城の海に潜って40年以上、最新の女川湾の情報をお知らせします。
http://backroll-sld.com/

2018年11月10日(土) 今日の竹浦

2018-11-11 08:08:59 | おながわ海中漫歩「ちょっと海へ」

天気:くもり

海況:北西の風 多少うねり

気温:15℃ 水温:17.5~16.7℃

透明度:1m   10m以深 6~7m

 オハグロベラの幼魚(季節来遊魚)

 今日は、ハイブリッジさんに便乗してKAZUが竹浦のグロットとアゴ島で潜ってきました。

 2~3日前からのうねりがまだ残って水深10m付近までの透明度は1m前後と悪い。また、水温も昨年度より2℃程高く、季節来遊魚たちがまだまだ多く観察された。

 一方、女川湾の生きものたちは、繁殖期を迎え、クジメの抱卵やアイナメの抱卵が始まっている。

 クジメの抱卵

 フサギンポも巣床を確保!

  ダンゴウオも数多く観察!

 クチバシカジカもこれから繁殖期に!

 

 

コメント

2018年11月1日(木)漁業支援活動 in 江ノ島(女川町)①

2018-11-01 18:53:19 | おながわ海中漫歩「ちょっと海へ」

天気:晴れ

海況:北西の風 やや強く 多少うねり

気温:8~15℃ 水温:18.1~19.0℃

透明度:10~12m

  江ノ島からの朝日

 今日から冬期の江ノ島漁業支援活動が始まりました。

 早朝より女川港を出港し11時半まで潜水作業を行いました。水温が昨年度より2~3℃も高いため、季節来遊魚がまだまだ多く観察されました。

 この活動は、12月20日頃まで続きます。

また、午後からは毎年恒例の東北電力図画コンクール(想像の海の生きものたち)の審査の為、女川原子力PRセンターへ行き、最優秀賞 1点、優秀賞 7点、審査員特別賞 9点、奨励賞 20点が選ばれました。

 今年で第17回目を迎えた図画コンクールだが、応募数が毎年増え、今年はなんと 5546点も集まり、過去最高を更新しました。

 第17回東北電力図画コンクールの予選通過作品 (200点)

 

  表彰式は、12月15日(土)に石巻市内で行われます。

 

コメント

2018年10月21日(日) 今日の竹浦

2018-10-21 16:52:36 | おながわ海中漫歩「ちょっと海へ」

天気:晴れ

海況:北よりの風 多少うねり

気温:18℃ 水温:18.3~19.0℃

透明度:4~5m

 今日の竹浦 (アリエルチームと)

 今日は、アリエルチームに便乗して竹浦のアゴ島とグロットで潜ってきました。秋晴れの清々しい天候だが、多少うねりが残って透明度もイマイチでのダイビングとなった。

 今日の目的は、季節限定の生物の探索でオトヒメエビやキンチャクダイの幼魚、ソラスズメダイ、ノコギリヨウジ、ホンソメワケベラ、スズメダイなど観察できました。

 また、女川湾のアイドルたちは、ダンゴウオ多数、クチバシカジカ2個体、フサギンポ多数などと白いマナマコなど観察することができました。

 女川湾では珍しいオトヒメエビ(片方のハサミはないが?)

 キンチャクダイの幼魚

 ソラスズメダイ

   ダンゴウオ

 クチバシカジカ

 白いマナマコの幼体

 

コメント

2018年10月14日(日) 今日の竹浦

2018-10-14 16:35:54 | おながわ海中漫歩「ちょっと海へ」

天気:くもり

海況:北東の風 弱く 凪

気温:17℃ 水温:19.3~19.8℃

透明度:6~7m

 ダイビングショップ クレセントチーム

 今日は、茨城県日立市のダイビングショップクレセントさんチームが竹浦のグロットとアゴ島で潜って頂きました。

 どんよりと曇った一日となって、透明度が昨日より悪くなったようだ。ダンゴウオやクチバシカジカ・フサギンポ・カムチャッカモエビ・ウミクワガタなど、女川湾の生きものたちを観察しました。しかし、クチバシカジカは全員が観ることができず残念だった。

 ダイビング終了後は、漁師さんから購入した殻付き牡蠣100個を発砲スチロール4箱に詰め替えて帰られました。

大変お疲れ様でした。また、竹浦の海に来てください。お待ちしております。

コメント

2018年10月13日(土) 今日の竹浦

2018-10-13 16:29:15 | おながわ海中漫歩「ちょっと海へ」

天気:晴れ

海況:北東の風 弱く ベタ凪

気温:16~17℃ 水温:19.8~20.3℃

透明度:7~8m

 今日の竹浦グロット

 今日は、バックロールチーム貸切で竹浦グロットとアゴ島を楽しんできました。

透明度も回復し場所によっては10m位見通せる。生物は前回とほとんど変わらず観察できたが、今日はウミクワガタをKAZUが探して撮影会を行った。

 マボヤの上に乗せて撮影会(ソメワケウミクワガタ 体長6mm)

その他、ダンゴウオ多数、フサギンポ、クチバシカジカ、メバルの群れなどと、季節来遊魚では、ソラスズメダイ、スズメダイ、ノコギリヨウジ、コロダイの幼魚、コブダイの幼魚、ホンソメワケベラなどほとんど定位置で観察できた。

 ダンゴウオのオス

 ダンゴウオのメス

 明日も竹浦に行きます。

コメント