佐藤文音制作日記

NEWS、日々のこと。

【佐藤文音プロフィール】

2025-01-01 00:00:59 | Weblog
※この記事は一番最初に表示されます※

はじめまして。
もしくはいつもありがとうございます。
会社員兼版画家、佐藤文音(さとうあやね)のブログです。

好きな食べ物はカレーとお寿司。
趣味はB級スポット巡りのオカルトマニアですが、
北欧・東欧のアニメや絵本も大好きです。

【Web】
http://www.ayane-amedama.com/
過去作品や展示情報など

【twitter】
http://twitter.com/ayane_amedama
最新情報はこちら

【Instagram】
https://www.instagram.com/ayanechan0904/

よろしくお願いします。
コメント

近況

2018-09-30 22:59:08 | Weblog
ブログの閲覧数が、最近とても多いのです…
ボローニャ関連ですよね。
ご覧下さりありがとうございます。
びびっております。

最近は泳がないと死ぬの?と心配されるほど走っています。
普通の会社員なのでプライベートの時間も少なく、シンプルに睡眠時間を割いていたら動悸がひどく会社で救心を検索する日々…笑
もう30過ぎたのにわかっていないですね。
自分の誕生日もいつの間にか過ぎていました。

ただ、
幸せなことがたくさんあって、
まじかよやったぜ!ということもたくさんあって!
展示に来てくれる人が皆優しくて!
良い報告が出来るように頑張りますので!
よろしくお願いいたします。

コメント (1)

ボローニャ国際絵本原画展に行ってきました。

2018-05-01 02:57:35 | Weblog
もう一ヶ月経つんですね。
無事に行って帰ってきました。

持ち込みレポです。







画像だとちょっと荒いなあ。
板橋区立美術館のHPにも記載されたので、良かったらご一読ください(*^^*)

http://www.itabashiartmuseum.jp/news


やり切ったので、今後のボローニャ挑戦はしばらくありません。
憧れの地を堪能してきました。
(主に飯を…)








最終日にボローニャ市内を観光したのですが、
イタリア最古のボローニャ大学があるからか博物館が多い。
ずっと気になっていた【医学解剖博物館】【鉱物博物館】【剥製博物館】【図書館】など堪能してきました。

蚤の市も良かったな。



ありがとうボローニャ!!
ずっと憧れだった地。行けて幸せでした。
コメント (2)

ボローニャ国際絵本原画展に売り込みに行く準備⑤一週間前

2018-03-20 03:47:33 | Weblog



「突然変異した猫を探しに旅に出た、姉弟の話」
3枚目

いよいよ一週間前になりました。
大丈夫?と聞かれたら大丈夫ではないです!!\(^o^)/

でも、
間に挟んでいた展示ですごく元気がでました。
三人展、グロテスキュンにお越し下さりありがとうございました。

誰かが、作品を見に足を運んでくださる

そして、作品を迎えてくださる

すごいことです!!
暗い部屋に閉じこもって鬱々としていた昔の自分に教えてあげたい。
絵を描いていてよかったなぁ。


進捗
★ダミー本は、翻訳家さんとデザイナーさんのお力を借りてなんとかなりそうです。
ココナラでマッチングしました。
ココナラ、プロがびっくりするくらいリーズナブルにお仕事してくれる…しかも親切な人に拾ってもらえたのでラッキーでした。
21日にキンコーズ駆け込みます。

★アポイント
結局13社くらい!
日本、台湾、フランス、ドイツ…7ヶ国くらいかな。

★ポストカード追加
名刺を配るより、ポストカード配った方が皆持ってく気がしたので600部すりました。これも21日くらいに届くかな。
掲示板があるらしいねでテイクフリーな感じで。裏に自己紹介とsnsのアカウントのせました。


あとやることは、
自己紹介資料の作成かな。
なんとかギリギリ間に合いそうです!
会社にかなり迷惑かけてるので、戻ってきたらしばらくはちゃんとOLやりたいです。

いまもから回ってますが、でもやりきった方が気持ち良いので頑張ります。
コメント

ボローニャ国際絵本原画展に売り込みに行く準備④進捗

2018-01-29 10:35:47 | Weblog


2枚目

「ボローニャ国際絵本原画展」で検索して読んで下さる方が多いですね。
私も他の作家さんのレポに助けられたので、何かの参考になれば嬉しいです。

進捗。

①通訳さんが決まりました。
「トラベロコ」を使用しました。掲示板を使い個人でやり取りすればもっと安くなるのでしょうが、会社を挟むと安心します。
2日目のみ依頼しましたが、3日目もお願いしようか検討中です。

②海外用の名刺をつくりました。

③プロモーションページをつくりました。
アポを取る際、ただ見てくれ!だけじゃ打率が弱い気がして。
でも、そんなことよりなるべく早くアポを取るのが肝心な気がします。

④アポ取り苦戦。
250軒くらいメールを送って、何とか11件。うち2件はオープンスペースの案内でした。
ブックフェアはアーティスト探しではなく、絵本の権利の話、ビジネスのために来るのが目的。そんな中見てくれる会社には本当に感謝しています。

⑤ダミー本手付かず。
やばい。。



今のところこんな感じです。
コメント

ボローニャ国際絵本原画展に売り込みに行く準備③ する事をピックアップ

2018-01-25 01:30:53 | Weblog


今更ですが、入選作はこちら。

「突然変異した猫を探しに旅に出た、姉弟の話」
5枚組み絵本の1枚目です。

実はブックフェアに行くまでに、実家(北海道)に帰る、グループ展に参加する×2、スペインの版画コンペに挑戦する…と言うイベントもこなす予定です。
今年通ると思っていなかったので予定を詰め込みすぎました…
最悪コンペは諦める方向で、ボローニャ第一で考えていきたいです。


今日は、当日までに何が必要か考えてみました。
実際に現地にいったアーティストのブログや、板橋区美術館のレポを読んだのですが、
現地では入選者以外にも沢山のアーティストが押しかけるので、プレゼン資料は厳選した方が良いように感じました。

【作るもの、持っていくもの】
①英語の名刺
②英語のステートメント
③チラシ※どうやら、アーティストがアピール出来るボードがあるようです。
④ポートフォリオ
⑤原画
※ここ微妙。10分くらいしか話せないなら、ポートフォリオはいらないかも。
原画だけでもいいかなぁ。
⑥ダミー本
※資料置いてったら見ておくわ!というブースもあるそう。なので、それ用の資料もつくること。
(ダミー本、名刺、ステートメント、挨拶文?を透明の袋に1つにまとめたもの)

【やらなくてはいけないこと】
⑦英語の質疑応答表をつくる
⑧通訳を探す
⑨出版社にアポを取る


⑦、⑧英語について
一日だけ、現地で通訳を頼む予定です。
私の英語能力は小学生より低いので、今から2ヶ月でどうにかなるとは思えません(悲しいね)

なので一日だけ通訳を雇い、売り込みメインの日をつくることにしました。
通訳は今問い合わせ中なのでまた報告します。

私は貧乏OLですが、去年スペインカダケスのコンペで作品が売れたお金(28,000円分のユーロ)が、ナイスタイミングで3月くらいに届くようなのです。どうやらユーロで。なのでそのお金をあてようと思います。

⑨出版社へのアポ
これ、謎なんですよね。
皆ブログなどで「飛び込みで行った。事前にアポとった方が良かった」とか「私はアポをとったのでスムーズにプレゼンできた」と言ってるけど、
ではどうやって参加する出版社を見つけたのか?
公式HPに書いてます??(公式HP…英語だかイタリア語ばっかでわからないの)
これは板橋美術館の方に質問しようと思います。
★追記★HPに書いてました!(^o^)

進展したらまら更新します。
コメント

ボローニャ国際絵本原画展に売り込みに行く準備② 目標を明確に

2018-01-23 10:23:21 | Weblog
飛行機とホテルが決まったら、あとは売り込み準備に集中できます。
せっかくお金かけて行くんだし、こんな機会一生無いかもしれません。

とりあえず行ってみよう!は辞めます。

やるだけやる。
後悔しない、を目標に、ガツガツすることにしました。
(20代はちゃらんぽらんだったので、社会に揉まれた今受賞してちょっとだけ良かったと思いました)


●目指すところ
絵本出版

第一希望は日本の出版社。
ボローニャは世界中から1300社あまりの出版社が、作家のためにブースを広げてくれています。海外での出版チャンスもあるようです。
でも、私は日本の本屋で買える、友人の子供たちも読める絵本を作りたいと思いました。

第二希望
とは言え、拾ってくれるならどこでもいい。拾って欲しい。

長い間、パッとしない人生でした。
大学浪人、補欠で入学、在学中もたいした成績を残せず、それがずっとコンプレックスでした。
そんな私に訪れたチャンス。正直拾ってくれるならその人、その国が神様です。


なんだかやっぱりフワフワしてる気もしますが、絵本出版までこぎつけたい…と言う気持ちを再確認できて良かったです。


今のところ以上です。
コメント

ボローニャ国際絵本原画展に売り込みに行く準備① 発表からの一週間

2018-01-22 21:30:36 | Weblog
メモがわりに、リアルタイムで更新しようと思います。
殴り書きです。

発表があってから3日後、板橋区美術館より電話がありました。

入選おめでとう、これからよろしくね。と言う電話です。

受賞者のブログを沢山読んできたので、「これが噂の…」と嬉しかったです。
同時に一気に現実的になります。

イタリアには行くの?
行くなら飛行機のチケット、ホテルのチケットをとらなきゃ。
持ち込み資料をつくらなきゃ。

現地のアートフェアは2018年3/26日-29日…

私は「行く」と即答しました。
そして行くなら、徹底的に悔いの無いようやろうと決めました。



…とは言え、まずは飛行機とホテルです。

これ、マジで舐めちゃいけません。
受賞者は絶対すぐに確保すべき。
安いやつはすぐ埋まり、かなり高騰しています。
世界中から絵本ファン、作家志望が集まるから。
20万-30万ザラです。

幸い私は、アブダビ&ローマ乗り換え、現地つくまで24時間くらいかかる遠回りですが4泊計12万6千円でボローニャに着く飛行機、ホテルをゲットしました。
(もっと早く動けば同じ値段でフライト12時間の直行便もありましたよ)

安くて助かった。
海外慣れしてる、コミュニケーション能力がフリーザ並みのKの同行も決まり(チケットとったのもK)一安心。
それに私、海外経験少ないのでアブダビもかなり楽しみです。


これが、入選が分かって1週間の出来事です。

また更新します。

コメント

【ボローニャ国際絵本原画展】に入選しました

2018-01-18 01:47:47 | Weblog
念願の賞、受賞しました!

★ボローニャ国際絵本原画展とは(板橋区美術館リンク)
http://www.itabashiartmuseum.jp/art-2013/bologna/index.html

いやー、長かったです。
学生時代に1度、
卒業した2010年から毎年…
9度目のチャレンジで入選しました。

もうチャレンジを始めたころの記憶なんて無いです。
いつの間にか「入選しなきゃ死ぬ」くらいのプレッシャーになっていて、ここ数年は特に苦しかったなあ。
去年なんて会社の裏にある神社に毎日願掛けしに行ったし…(そして落ちた)
「絵本作りたい」より「どうしても入選したい」と、本来の目的を失っていました。

お金を貢いだ相手から、中々離れられない心理と一緒かもしれませんね。

お金もかかったしプライベートも削ったし、友達も減ったし部署も移動したし、入選しないとあれだけ頑張った日々が報われないって。

締め切りギリギリで何とか送って、
送ってからは発表まで「もし入選したらどうしよう!」「スターになっちゃうんじゃない?!」ってドキドキして、
結局駄目で…の繰り返し。宝くじに似た中毒性もあったのだと思います。


でも、絵を描くのは苦しくなかった。

とても、とても楽しかったです。

毎年8月くらいになると、今年は何をしようと考え始めて、
9月になると帰宅してから朝の5時までずっと絵を描いていました。

当時は激務だったから、帰宅は終電でも早いくらい。
朝までいることもあったし、会社の汚い倉庫で何もひかずに寝ることもあった。
でも、それでも服に絵の具をつけながらずっと描いていました。
ご飯食べる暇ないから、帰り道にコンビニおにぎりたべて、帰ったら寝ちゃうからファミレスや漫画喫茶に泊まって、友達の誘いは断って…

集中力はギンッギンで、「入選しなきゃ死ぬ」って思い始めた2014年から、少しずつ上達していったのが解りました。


それが今回の結果に繋がったのだから、こんなに嬉しいことはありません!

チャレンジしてよかったです。



コメント (4)

個展始まってます

2017-10-13 20:09:12 | Weblog












お陰様で、大盛況です。
ありがとうございます!!
コメント (2)