ミリタリー&メカニクス

最新の #軍事防衛 からアジアの話題まで
おもしろい 最新の記事です

☆制御不能で中国長征ロケットが落ちてくる!!

2021-05-05 23:56:19 | ミリタリー関連

またまた中共さんの迷惑ロケットの話題です

 

中国の大型ロケット、制御不能状態で

大気圏突入へ 米国防総省が追跡

米国防総省は、制御不能になった中国の大型ロケット
「長征5号B」がこの週末にも大気圏に再突入
するとみて、追跡を続けていることを明らかにした。

残骸の落下地点をめぐる懸念も浮上している。

国防総省報道官の発表によると、長征5号Bは
8日前後に地球の大気圏に突入する見通しで、
米宇宙軍が軌跡を追跡している。

正確な突入地点は数時間前になるまで
特定できない見通しだが、第18宇宙管制隊は
ロケットの位置に関する最新情報を
毎日ウェブサイトに掲載する。

長征5号Bは、中国が宇宙ステーションの部品
の打ち上げに使用した。
宇宙ごみは大半が大気圏で燃え尽きる。
しかし22トンもある長征5号Bの場合、
大型部品が人の住む場所に落下すれば
被害が発生する恐れもある。

しかし米ハーバード大学の宇宙物理学者
ジョナサン・マクダウェル氏はCNNの
取材に対し、「警戒すべき状況だとは思わない。

何らかの被害が生じたり、誰かに当たったり
するリスクは非常に小さい。皆無ではなく、
可能性はあるが、あなたに当たる可能性は
ものすごく小さい」と指摘、「それよりも
もっと心配すべきことはある」と言い添えた。

ロケットの現在のスピードを考えると、
残骸がどこへ向かうかを正確に予測することは
不可能だとマクダウェル氏は説明する。
状況がほんの少しでも変われば、ロケットの
軌跡は大きく変化する。
「だから『この場所に落ちるらしい』と
いう話を聞いたとしても、少なくとも突入の
数時間前までは、その話を信じてはいけない」
と同氏は強調した。

その上で、ロケットの残骸は地球の表面の
大部分を覆う海に落下する可能性が最も
大きいと予想している。/cnnより

ろくでもない中共の宇宙開発
2018年4月にはドッキング技術習得用の
天宮一号がやはり制御不能で落下しました

この過去記事に 中国ロケット事故をまとめて
ありますのでみてください

 

☆長征ロケットまたまた落下
 また中国版シャトル実験の報あり


 

もっと軍事記事を見たい方は↓をポチッと協力を願います
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ


にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村





当サイトのプライバシーポリシー

 


 #長征5B  #中国ロケット失敗  #中国ロケット  #ロケット事故  #ロケット墜落  #中国宇宙開発  #固体燃料ロケット  #長征4号  #宇宙船  #宇宙機  #ロケット  #乗り物  #乗り物のニュース

 #働く乗り物  #乗り物の話題  #フリート  #グランド  #Fleet  #万能論  #Trafficn  #news  #Traffic  #航空万能


この記事についてブログを書く
« ☆アメリカCIAと中共との現... | トップ |  ☆ロシア艦隊の動向と 海自... »
最新の画像もっと見る

ミリタリー関連」カテゴリの最新記事