愛知県歴史教育者協議会

愛知県歴史教育者協議会の研究集会、フィールドワーク等の予告と活動報告

戦争展中止

2020-08-07 18:36:50 | 日記
今年の戦争展は中止、との連絡がきました。
残念なことです。
が、それ以上に無為無策なうえに
パフォーマンスだけの人にも腹がたちますね。
コメント

名古屋市の教科書採択会議が開かれます。

2020-08-05 08:18:19 | 日記
 日時  8月7日(金),15時~
      *傍聴定員は80名です。
      *14時~14時30分の間に傍聴手続きが必要です。
       マスクもご用意ください。
 会場  教育館 3階1~3研修室
      *栄ではありません。
名古屋市東区泉一丁目1番4号 電話番号 052-961-2541
        地下鉄:桜通線「久屋大通」下車 1A番出口徒歩8分
            名城線「市役所」下車 3番出口徒歩9分
        市バス:「市政資料館南」下車 すぐ
        名鉄瀬戸線:「東大手」下車 徒歩10分
コメント

世界と日本をむすぶ「歴史総合」の授業

2020-05-30 11:35:11 | 日記
もう一度改めて紹介します

2022年から完全実施される高校社会科の新科目「歴史総合」。
従来の「日本史」「世界史」から大きく変わる内容に、
不安と戸惑いを覚える教員は多い。

新学習指導要領を受けて、
現場の教員に役立つ具体的な授業プランを提案する。


著者 歴史教育者協議会(歴教協) 編
ジャンル 教育・保育・子育て
出版年月日 2020/05/22
ISBN 9784272405978
判型・ページ数 B5・232ページ
定価 本体3,000円+税

第1章 歴史の扉
1 歴史と私たち―─地域の織物製品を調べてみよう
2 歴史の特質と資料―─満州事変で国民はなぜ軍の行動を支持したのだろう

第2章 近代化と世界(近代化と私たち)
1 18世紀のアジアと日本
2 独立と人権をめざして
3 産業革命と世界
4 国民国家の形成とヨーロッパ
5 産業革命の広がりと19世紀のヨーロッパ
6 19世紀初めのアジア
7 列強の進出と日本
8 日本とアジアの国際関係の変化
9 自由民権のたたかい
10 19世紀後半のアメリカ大陸
11 アジアの植民地化と抵抗
12 東アジアの民族運動―─甲午農民戦争と日清戦争
13 日露戦争とアジア
14 帝国主義の成立
15 世界大戦前の世界
16 「近代化と現代的な諸課題」としてのクルド人問題

第3章 2つの世界大戦と平和への希求(国際秩序の変化や大衆化と私たち)
1 第一次世界大戦―─「総力戦」がもたらすもの
2 第一次世界大戦と日本
3 ロシア革命と第一次世界大戦の終結
4 世界各地の民族運動
5 戦争違法化をめざして―─国際連盟とパリ不戦条約
6 世界の変化と日本が抱えた課題
7 恐慌だけでない次の戦争への背景
8 日本の中国侵略―─アジアでの戦争
9 宥和政策のもとで―─ヨーロッパでの戦争
10 独ソ戦からアジア・太平洋戦争へ
11 戦争下の社会の諸相
12 アフリカ,インド,オーストラリア,太平洋の島々
13 日本の戦争下の植民地朝鮮,中国,「満州国」
14 イタリア・ドイツの敗戦
15 日本の敗戦と「国体護持」
16 日本国憲法と現代の世界

第4章 戦後世界と自由・独立・人権・平和をめざすたたかい(グローバル化と私たち)
1 「戦後」国際体制の成立から冷戦へ
2 アメリカに従属して「繁栄」した戦後日本
3 南北統一を求めつづける韓国と北朝鮮
4 21世紀の覇権国家として歩む中国
5 脱植民地化から非同盟運動へ
6 「アジア諸戦争の時代」から経済成長へ
7 パレスチナ問題を見つめる中東アラブ世界
8 内戦を乗り越え,連帯と団結に向かうアフリカ諸国
9 繁栄から混迷に向かう覇権国家アメリカ合衆国
10 変革と民主化を模索するラテンアメリカ諸国
11 平和共存と地域統合の道を歩む西ヨーロッパ
12 ソ連・東ヨーロッパにおける社会主義の実験から冷戦の終焉へ
13 国境を越えて広がる女性の自立と解放
14 核廃絶をめざす市民のたたかいと核兵器禁止条約
15 21世紀の世界と日本を見つめて
16 現在の気候変動と向き合う
17 私たちの歴史認識と歴史教育の課題

第5章 戦後歴史教育と新科目「歴史総合」
1 「歴史総合」の新設と歴史教育の課題
2 世界と日本をむすぶ近現代史とは


コメント

テーマで学ぶ日本古代史

2020-05-30 11:08:45 | 日記
もと南山高等・中学校(男子部)で、現在、東京家政大学におつとめの
中尾さんが、執筆者のおひとりで、表記の本が出版されました。
とうぜん大学生のテキスト=入門書ですが、
われわれ小中高校の教員の授業教材づくりも意識して編まれております。
以下、吉川弘文館のサイトより転送。

テーマで学ぶ日本古代史 政治・外交編

古代史研究の魅力を伝える概説書。律令や遣唐使など政治や外交に関わる主要テーマを研究の蓄積や最新の成果にふれつつ平易に解説。

著者 佐藤 信 監修
新古代史の会 編
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2020/05/28
ISBN 9784642083843
判型・ページ数 A5・232ページ
定価 本体1,900円+税

目次
はしがき/Ⅰ ヤマト王権の政治と社会(古代王権の成立…仁藤敦史/古墳時代後期の社会…東 真江/氏姓制と部民制…中村友一/大化以前の地域支配制度―国造制・県主制・ミヤケ…堀川 徹/推古朝と聖徳太子…森 公章/大化改新…市 大樹/壬申の乱と天皇制の成立…早川万年/コラム1 倭の五王…河内春人)/Ⅱ 律令制度の成立(律令…服部一隆/律令官制の成立…相曽貴志/貴族と奈良時代の政変…十川陽一/女帝と王位継承…佐藤長門/遣唐使…河内春人/王宮・王都の形成―歴代遷宮と飛鳥・藤原京・平城京…林部 均/コラム2 多賀城と東北の城柵…永田 一/コラム3 大宰府の成立…酒井芳司)/Ⅲ 平安時代の政治と外交(古代豪族から貴族へ…野口 剛/平安時代の政変と摂関政治の成立…倉本一宏/古代国家のエミシ支配政策…武廣亮平/軍事制度の変容と承平・天慶の乱…中尾浩康/前九年合戦と後三年合戦…永田 一/平安時代の「外交」―「東アジア世界」をめぐる交流…皆川雅樹)

内容説明
日本古代史を学ぼうとする人にその魅力を伝えるべく、気鋭の研究者が集い執筆した恰好の概説書。古代王権の成立と展開、律令制のしくみ、天皇制や貴族の登場、遣唐使など、政治や外交に関わる主要なテーマを、研究の蓄積や最新の成果にふれながらわかりやすく解説。項目別にまとまり、授業のテキストにも最適な、古代史研究の魅力がつまった一冊。
コメント

世界と日本をむすぶ「歴史総合」の授業

2020-05-29 10:16:50 | 日記
歴史教育者協議会編集
の表題の本が大月書店より発売になりました。
ぜひお買い求めください。

http://www.otsukishoten.co.jp/book/b507820.html
コメント