愛知県歴史教育者協議会

愛知県歴史教育者協議会の研究集会、フィールドワーク等の予告と活動報告

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『あいち歴史教育』20号発行

2018-06-13 10:08:13 | 日記
たいへん長らくお待たせいたしました。
『あいち歴史教育』20号ができました。
ご希望の方には1冊500円(送料200円程度)でお送りいたします。
arekkyo@gmail.co.jp
または
2r2z9e@bma.biglobe.ne.jp
まで、お問い合わせください。

以下、目次です。

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川村治令 2
巧妙な「戦争正当化論」と向き合い主体的に考える歴史の授業
 ~『パールハーバーの授業』『永遠のゼロ』をのりこえる中学生たち~・・・・野田 悟 4
南スーダンPKOから、戦争と平和を考える・・・・・・・・・・・・・・加藤 和子 24
証言映像で、〝中国の2つの戦場〟を教える・・・・・・・・・・・・・・宮城 道良 34
天白村から三河広済寺(現豊田市)へ ―抑留のイタリア人のその後(第二報)―
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・丸山 豊 38
宣撫工作と民衆思想動員に利用された観音像をめぐってのメモ・・・・・・西浦 芳郎 49
敗戦直後・半田地方の民主化運動―新建設者同盟の活動を中心に―・・・・佐藤 明夫 55
戦時下の一少年の歩み・・・・・・・・証言・岩辺 良幸  編集・解説・半谷 弘男 62
戦争体験と戦争責任 戦没学徒・木村久夫の遺書をめぐって・・・・・・・別所 興一 68
ノート 学校を出ると戦争が待っていた その2・・・・・・・・・・・・西浦 芳郎 74
授業で触れた私の日本紀行3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・村松 保孝 79
アイルランドは豊かで緑あふれる島だった。・・・・・・・・・・・・・・・前川 五郎 90
名古屋市教委の小学校「道徳科」教科書の採択経緯と問題点・・・・・・・・三浦 明夫 97
「2017 あいち・平和のための戦争展」の記録・・・・・・・・・・加藤 和子 108
編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・113
コメント

栗本さんの『瑣尾録(さびろく)』

2018-05-28 16:51:22 | 日記

愛知県歴教協の創設者の一人である栗本伸子さん(85歳)が大作を翻訳出
版されました。ご紹介します。
*********************************
秀吉による朝鮮侵略(壬辰倭乱)の毎日を、侵略された側から記録した呉
希文(オムヒン)日記(漢文記載)が、栗本さんら(共同翻訳者河田い
こひ氏)により4年がかりで翻訳され、『瑣尾録(さびろく)(抄訳)-秀
吉の侵略を受けた朝鮮側の一文化人の記録-』(上下二巻)として上梓さ
れました。
上下二巻、1100頁に及ぶ大作です。

栗本さんはこう書いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「この日記からは、侵略された戦乱の中でのそれらの実態をまざまざと見
ることができます。またこの戦争の悲惨さも、私たちのような戦争体験者
には時代を超えて実感されます。」(まえがきより)

「日本人の中で非常に遅れている隣国への理解のために、少しでも助けに
なれば幸いです。それは、父、四方博が後半の人生を日朝友好運動と、平
和運動に力を尽くした遺産を受けつぐことにもなり、85歳にしてようやく
親孝行を果たせるという想いでもあります。」(あとがきより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日記の著者、呉希文は両班でしたが主だった役職に就かず、ひたすら日常
生活を漢文で記録しました。約9年間の日記です。
日記ですから読みやすいし、壬辰倭乱に遭遇した庶民のリアルタイムの生
活誌、朝鮮文化、民俗の記録になっています。侵略された側から歴史を見
直すことができる第一次庶民史料です。

植民地時代の朝鮮で生まれ育った栗本さんの歴史家としての使命感が汲み
取れます。

※朝日新聞にも掲載されました。ご覧下さい。
https://digital.asahi.com/articles/ASL5J5SVGL5JOIPE032.html

ご希望の方は以下までご連絡を
日朝協会県連合会(� 052-731-9445)へ。

***************
 丸 山 さん より
コメント

フィールドワーク

2018-05-02 09:06:42 | 日記
どなたでも参加できます。
期日:7月8日(日)
場所:一宮周辺地域

日程 移動は基本的に車を使用
 ・9:00  JR木曽川駅集合
          ↓ 
 ・9:20  北方町宝江墓地  岩田義道墓碑
                (一宮市北方町北方字宝江新田砂越)
        岩田義道研究会の方々と合流
        墓地の隣にある集会場でお話を伺う。
          ↓ 
 ・10:30 光明寺霊園  織姫乃婢
        1900年光明寺村女工焼死事件の追悼碑
        岩田義道研究会の方からお話を伺う。
          ↓
 ・11:30 国営木曽三川公園138タワーパーク  (一宮市光明寺町浦崎21-3)
        昼食、タワー見学
          ↓
 ・13:00 出発 
          ↓
 ・13:45 一宮博物館と妙興寺  (一宮市大和町妙興寺2390)
        博物館と妙興寺を学芸員の方の案内で見学
          ↓
 ・15:30 博物館出発
        JR尾張一宮駅解散
          ↓
        時間のある方はそのまま起へ。のこぎり屋根織物工場概観見学
          ↓                      
 ・16:30 JR尾張一宮駅解散 
コメント

次の学習例会は5月27日になりました。

2018-05-02 09:04:48 | 日記

5月26日(土)に予定されていた学習会が、
27日(日)9時45分から12時、
港図書館集会室に変更になりました。
内容は戦争展について。
講師は三浦さんです。
よろしくお願いします。
コメント

総会・講演会がありました。

2018-04-07 17:05:08 | 日記
本日、南山高等学校・中学校・女子部・ペトロホールで
午前中は総会、午後は子安潤さんの講演会でした。
のべ20人近い参加で盛会でした。
詳細な報告はまたニュース等で。
コメント