エートマンずファーム書留帖

甲陽向山庄廃安養寺門前に暮らす貧乏領主の諸事書留帖でござります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

景観作物の表示板を更新

2019年12月10日 | その日その日


 今月の初めに植え付け作業をした、ビオラやパンジーなどによる景観作物
の栽培地に、今朝、表示板の更新を行いました。
コメント

お茶の花が咲く頃になりました

2019年11月15日 | その日その日


 先日、山の畑の隅にあるお茶の木を見てみました。ずいぶんと昔は、自家用の茶をつ
くっていたみたいですが、いまはただ何となく存在しているという感じです。でも、こ
の時期には、やさしい花が見られるので、ようすをのぞきにいきます。
 チャという樹木は、ツバキ科の常緑低木で、新芽を加工してお茶をいただきます。
 今回、葉っぱが緑色でなく、すすけた色になってしまっています。これは、アブラム
シとかカイガラムシなどの仕業だと思われます。ちゃんと管理にしないといけないな、
と花を見ながら思うところがありました。
コメント

「一の水道」に水無しだ

2019年11月14日 | その日その日


 富士川上流笛吹川の支流の近くの川です。この秋の台風がもたらせた大きな雨量は、
河川敷をきれいに流してくれました。



 ここに「一の水道」と呼ぶ農業用水の取水口がありますが、本流の水位が取水口の
底を下回っていて、用水路に水が入らない状況になっています。いずれ対策が必要に
なりそうです。
コメント

渋柿でも食うのかい シカのヤツ・・・

2019年11月13日 | その日その日


 山の畑にカキ(百目柿)の収穫に出ました。そこで、最初に目にしたものがこれ。
おそらくシカの仕業だと思われました。



 百目柿は、渋柿で、皮をむいて吊して、干し柿にし、渋をぬいていただくもの。そ
のままかじって、シカのヤツ、だいじょうぶなんだろうか。
 そのほか、何らかの理由で過熟状態になったものについては、鳥が突いて形がくず
れたりしたものが、いくつか見られました。
 結局、収穫できたのは、コンテナ(平箱)8枚という結果。少し前にも書きましたが、
今年は、劇的に少ない収穫量になりました。でも、この後の皮むき作業は楽ちん・・・。


コメント

朝、霧が発生しました

2019年11月12日 | その日その日


 写真の上の方が今朝の霧。だいぶ晴れてきていました。下の方は、その前日の朝の状況です。
コメント