エートマンずファーム書留帖

甲陽向山庄廃安養寺門前に暮らす貧乏領主の諸事書留帖でござります

お茶の花が咲く頃になりました

2019年11月15日 | その日その日


 先日、山の畑の隅にあるお茶の木を見てみました。ずいぶんと昔は、自家用の茶をつ
くっていたみたいですが、いまはただ何となく存在しているという感じです。でも、こ
の時期には、やさしい花が見られるので、ようすをのぞきにいきます。
 チャという樹木は、ツバキ科の常緑低木で、新芽を加工してお茶をいただきます。
 今回、葉っぱが緑色でなく、すすけた色になってしまっています。これは、アブラム
シとかカイガラムシなどの仕業だと思われます。ちゃんと管理にしないといけないな、
と花を見ながら思うところがありました。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。