大久保宙:いろいろ / カホン・ジャンベ・フレームドラム・ドラムス 打楽器だー

パーカッション奏者(打楽器)大久保宙BLOG
問い合わせhttp://miburi.org/mail.htm

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライブハウスのノルマが高いか安いか

2018年03月19日 | ???
ライブハウスのノルマが高いか安いか

こちらも教え子からよく聞かれる疑問


なぜライブハウスは何もしないのに(集客)ノルマをつけてあんなに高いの?
また貸切にしたらあんなに高いの?


の答え


まず ただ部屋を借りるだけならそんなに高い必要ないだろうとと普通は思う。


さてライブハウスのライブ何にどれだけお金がかかるか?

家賃(日割り)
人件費 受付・音響・照明
照明代・音響代・チケット代

多分 ここがメインだと思います。

それで最近私がやってるのは自分でいろいろ調べてホールを1人(バンド)で借りるシュミレーションを立てて見てと生徒に言っています。


ホールレンタル(ここだけなら公共の施設なら安い)
音響(ホールの人がやってくれると思っている人が多いが有料公演はPAを外から入れなければいけない)
照明(ライブハウスでは1人だがホールでやると仕込み・そして撤収があるので複数人必要となる)
あと受付とか友人でいいとしてもこれだけで何十万もかかるのは決定。
また最近のライブハウスでムービングとか入っているところもありますが、それを入れたらさらに上がります。

なので結論としてライブハウスの金額というのはそんなボッタクリのような高い金額ではない、ただなぜそんなに
お金がかかるかがわからないとなぜそう高いと思うのはしょうがないと思い。

私自身もクラシックのミュージシャンがホールで音響・照明入れるので手伝ってってやってホール代は5−6万なのになんで音響と照明が入っただけで数十万も上がっちゃうの意味がわかりません。って言われることは1回や2回じゃないです。事前に説明しても良くあることです。


なので生徒にライブハウスが高くて嫌なら自分で違う方法を考えれば良い。
でもライブハウスのクオリティーを求めると意外にもお金がかかるという現実がある。
企画を自分たちでするときにどれだけどこに経費がかかってるというのを知るのは良いことだと思います。


大久保宙








コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 投げ銭ライブのイメージ(メ... | トップ | drum solo by Hiroshi Chu Ok... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

???」カテゴリの最新記事