アカミチフルホンイチ│赤道一箱古本市

古本、雑誌、ZINE、紙モノ、手作り雑貨
谷根千から広がる、一箱古本市の楽しみ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

強者共が夢の跡

2021年02月22日 | 一箱古本市

新型コロナウイルス感染拡大防止に努めつつ、アカミチフルホンイチ2021冬の陣が終了致しました。

ご来場の皆様、出店の皆様、ありがとうございました!

 昨日は会場となる新潟市東区の天候も良好で、販売スタートから沢山の方が来場され、16箱の出店者と本談義を楽しんでくださいました。

 こんな状況下ですから直前中止の可能性があるため、広報活動もいつもより少なめに印刷したフライヤー(チラシ)を配ったり、口頭でのアピールが中心になってしまい、開催が知れ渡っていないのではないかと心配しておりましたが、杞憂に終わりました。

 開催と同時に、エコバッグを手に来場された皆さんの、本との出会いを求める気迫を感じました。文化は、本は死んではいません。

それではここからは2021冬の陣、優秀出店者の発表です。

 アカミチフルホンイチは一箱古本市ですので、販売した物品の中から雑貨等を除いた、古本や手づくり冊子類(ZINE)、新刊書の合計冊数と売上金額の上位3箱をアカミチ賞として出店屋号を掲載しております。(敬称略)

売上冊数部門

1位 文旦

2位 古書 虚堂

3位 ネルマエ文庫


売上金額部門

1位 文旦

2位 コロモ書房

3位 ネルマエ文庫

以上の皆さんです、おめでとうございます!

 両部門で1位となった文旦さんは、地元沼垂にまつわる自作のZINE「と、」の最新号を中心に、既刊号とのセットが飛ぶように売れておりましたね、おめでとうございます。

 冊数部門2位古書虚堂さんは、新潟県内の十日町からの参加くださいましたありがとうございます。思い切った価格設定が会場内でも話題になっていました。

 金額部門2位コロモ書房さんは、古書虚堂さんとともに十日町からの参加組、いつもありがとうございます。売上の集計には含まれませんがカエルのマスコットなど、手づくり雑貨も好評だったようです。

 両部門で3位のネルマエ文庫さんは、昨年夏のアカミチデビューでいきなり、金額部門1位、冊数部門2位に躍り出たという衝撃のニューフェイスで、手づくりZINEや手書きZINEも手がけ、店主さんの好みとしてのレトロ感ある作風が特長です。連続の入賞おめでとうございます。

 さて皆さん、昨日お求めになった本達を大事に読み進めましょう。そしてまた半年後、8月開催予定の真夏のアカミチフルホンイチでお会いできるよう、心穏やかに手洗いうがい、3密回避で健やかにお過ごし下さい!

チャオ!

コメント

これが布陣だっ!

2021年02月19日 | 一箱古本市

「ねぇ、知ってる?、日曜日のなんとかフルホンイチ、新コロだけどやるみたいよ?」
「聞いた聞いたー、家に居てもヒマだし行ってみよっかなぁ」

 
そんな活字に飢えた人々の会話が聞こえてきそうな、アカミチフルホンイチ開催直前フライデー。

「冬の陣」の布陣(配置図)を発表します!

 南口入ってすぐと、会場北側の2箇所に、手指消毒用アルコールを設置しますので、ご来場の際はワンプッシュセルフ消毒をお願いします。

 感染症対策として出店間隔は2m以上空けてあります。もし、お目当てのお店に人だかりができて混み合っていたら、ホール内のベンチでお掛けになって空くのを待つのが良いでしょう。

 アカミチフルホンイチは明後日、駐車場充実空調完備の新潟市東区役所、南口エントランスホールにて10時スタートです。

 
「16箱も出店するんだね。去年の夏より多いじゃん!」
「やっぱり初参加のトコからチェックしないとね」

コメント

これが、出店者リストだっ!

2021年02月14日 | 一箱古本市

全国、8千万のアカミチフルホンイチファンの皆様こんにちは。

いつもと違うノリの実行委員Kですが、私は今日も平熱です。(^▽^;)

今回は一週間後に迫ったアカミチフルホンイチの出店者をご紹介致しましょう。

今までとちがって、出店回数順にしてみました。では初出店の3名様からどうぞ!

あらやす書房(初)
 初出店ですので不手際があるかもしれませんが、広い心で見てくださると嬉しいです。店主の独断と偏見のたっぷりの古本を販売します。

今日日(初)
 初めて参加させていただきます!小説を中心にならべる予定です。さまざま対策しながら皆さんといちにち楽しめたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

Books Hakushindo(初)
 みなさまこんにちは、Books Hakushindoです。 新潟市東区の印刷製本会社の中の、本がだいすきなチームで初参加させていただきます。今回は社内でつくっているちょっとマニアックな本やオリジナルカレンダー、さらに印刷現場で「ヤレ紙」と呼ばれる、印刷工程で使用できなくなった紙などをお持ちします。本や紙ものが好きな方々とつながれたらうれしいです。

ちひろ書店(2)
 自作のZINE(短編小説集とイラスト集)とポストカードを販売します。他には、昔話の本、小説の文庫本なども販売します。

ネルマエ文庫(2)
 2回目の参加です。 おいしそうな小説、雑誌、漫画が多くなる予感です。 冬のお家時間が楽しくなるような本やZINEを持っていきます。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

コロモ書房(4)
 こんにちは、コロモ書房です。落ち着かない日が続きますね。読んだり眺めたりすることで、ちょっと心が旅できるような本を並べたいなと思います。あとはおいしそうな本など。お気軽にお立ち寄りください♪

ぐっちい書房(5)
 スポーツ本をはじめ、様々な分野を幅広く。

古書 虚堂(5)
 年末から屋根の雪下ろしに明け暮れていた十日町の虚堂です。今年は新潟市も降雪が多かったようですね。元気にアカミチでお会いしましょう!

文旦(5)
 stayhome staylocal期間中に読みたいオススメの一冊をオススメしたいと思います!

藤屋(5)
 気軽に読める本を持って伺います。マンガや文庫(小説)、レシピ集など。

ブック・オーレ(6)
 お勧めの絵本、洒脱で風刺の効いた随筆、PEANUTS連載開始70周年を記念してのスヌーピー関連書など。財布はサムくても心は暖かくありたい方に。

ブックル(9)
 ブックルです。今回も参加させていただきます。レコード・絶版漫画・他、面白い品揃えにしたいと思います。お楽しみに!!

うしネコ屋(10)
 昭和49年発行の「少年マガジン」1冊あります。 国際プロレスの本、あります。 あとは養老孟司、平野レミ、ヤマザキマリ、中野信子など。

真ちゃん堂(10)
 どの方にも利用できるように様々なジャンルの本を並べます。力を入れているのは、郷土史関連、芸術、文学、絵本などです。コロナ禍の中でよい本と出合ってください。

古本 心窓堂(11)
 郷土本、歴史本、活字本、絵本、小物、等を出したいと思います。

Books 野ばら(11)
 こんにちはー!お初の方は、はじめまして!偏った品揃えでお馴染みのBooks 野ばらです。この冬いかがお過ごしですか?雪のけばっかりで疲れましたね。お家時間が多い割には読書量は増えてなくて。そんな日々で新しく読めた本、ずっと前から好きな本など置いてみました。どうぞお気軽に覗いていってくださいませ。

 

昨夏に「9.5回」というナンバリングで開催しましたので、通算開催数がわからなくなりそうですね。(^▽^;)

(今回は11回目です)

コメント

店主マニュアル

2021年02月01日 | 一箱古本市

皆さんこんにちは、いよいよ2月に入りました。

今日は、21日開催予定のアカミチフルホンイチ、出店者向けの「店主マニュアル」を公開致します。

下記リンク先から、A4サイズ縦使い3枚、PDF形式のファイルの閲覧とダウンロードができます。

今回も、昨年夏に開いた9.5回を踏襲した縮小開催(最大18箱)となります。

 夏開催と違い今後の積雪量によっては、東区役所の駐車場内に雪の集積場所が作られる為に駐車可能台数が減り、場内の見通しも悪くなってしまう事にご注意ください。

 

OGPイメージ

20210221店主マニュアル.pdf

 

Google Docs

 

 

ちなみに、1/31時点での出店申込み状況は8箱、もう少しで半分ですね。

では心静かに、お申込みをお待ちしております。(K)

コメント

2021年冬の陣

2021年01月07日 | 一箱古本市

新年おめでとうございます。

赤道一箱古本市実行委員会の実行委員Kです。

新型ウイルスが収まる気配の見られない状況の中、イベント開催なんて本気なの?

ええ、僕達は真剣に本、古本、読書という文化を大切に思っています。

だから、慎重に準備を進めます。


~開催概要~

アカミチフルホンイチ 2021年冬の陣(一箱古本市)

日時:2021年2月21日(日曜日) 10時販売開始 ~ 16時販売終了

場所:新潟市東区役所 南口エントランスホール(新潟市東区下木戸1丁目4番1号)

イベント内容:読み終わった古本や雑誌、ZINE、新刊書籍等の販売

出店料:1,000円(当日徴収致します)

出店数:最大18箱(出店配置は当委員会にお任せ下さい)

出店申込み:1月22日正午より、下記リンク先Webフォームにて受付

 アカミチフルホンイチ  出店申込みフォーム

今後の新潟県内の新型ウイルス蔓延状況によっては中止する可能性(最終判断2月18日予定)があることを御了承の上でお申し込み下さい。

申込み受付は2月8日午前0時までもしくは、18箱に達するまでとします。

問合せ先:赤道一箱古本市実行委員会 akamichibook@gmail.com


2020年2月の開催後、日本でも感染が広がり始めた新型ウイルス。

広がる直前に運良く開催できた2020年2月回。

緊急事態宣言開けての縮小開催だった8月回。

 まだまだウイルス感染症の収束が見えない中、できる限りの感染症対策を行って、安心して本を選びに来て貰えるようにするしかありません。

 

人間社会は、経済が優先ではありません。命と健康が第一です。

ささやかな楽しみの場を用意したい、その一点で「一箱古本市」を開きたい。

手洗い、うがい、マスク励行を行って、心静かに日々を過ごしましょう。

近い将来、こんな時代もあったねと懐かしむ日がくると信じて。

コメント