アカミチフルホンイチ│赤道一箱古本市

古本、雑誌、ZINE、紙モノ、手作り雑貨
谷根千から広がる、一箱古本市の楽しみ。

成績優秀店の発表!

2024年02月23日 | 一箱古本市

 2月11日(祝・日)、新潟市東区役所1階南口エントランスホールにて、通算15回目となるアカミチフルホンイチ2024冬を開催致しました。出店者の皆さんご来場の皆様、本当に有難うございました。

  巷では新型コロナの変異株がじわりじわりとその強い感染力で根絶に抵抗し、例年通り季節性インフルエンザも広まっている中で、アカミチ内イベント「実りのない読書会」や「赤道交換文庫」や、来場者と店主の投票で選ぶ最も印象に残った本屋さん「Most Impossible Bookstore」MIB賞の投票も行う事ができました、皆様ありがとうございました。好天に恵まれたことも幸いし、10時の販売タイム前から「本」を求める人達が集まりはじめ、開始1時間程度で来場者数のピークが訪れていたようです。

 

 それでは赤道賞(売上金額と冊数の優秀店)を発表します!

赤道賞 売上金額部門!

第1位は 「古本 いと本」さんです、おめでとうございます!!!
 コロナ禍直前の2020年冬回以来の出店でしたが、ぶっちぎりの売上額で見事に女王の座に返り咲きました!パチパチパチ!!

第2位は 「ちはるの本屋さん」です、おめでとうございます!!
 本が大好きなお嬢さんが店主として、ご家族で参加して下さっています、ありがとうございます。

第3位は 「NIIGATAZINE 文旦」さんです、おめでとうございます!
 ZINE作りに情熱を燃やし柑橘類「文旦」好きが高じて屋号にしているという彼は実行委員会のメンバーなんです。

ではつづきまして・・・

赤道賞 売上冊数部門!

第1位は 「ちはるの本屋さん」です、おめでとうございます!!!
 金額部門では2位に甘んじてしまいましたが、冊数部門では2位以下を大きく引き離してのトップ入賞です、店主さんが作った絵本や、オマケの栞、ガチャなど楽しい企画がいっぱいでしたね。

第2位は 「NIIGATAZINE 文旦」さん、おめでとうございます!!
 売り方を心得ているセミプロとして、しっかりと上位に食い込むアカミチのキラヨシカゲ!(褒め言葉のつもり)

第3位は 「古本 いと本」さん、おめでとうございます!
 売上1位で冊数も上位入賞、つまり平均単価が高いってことですね!彼女の選書が人気だと言うことがよくわかりますね!

 赤道賞は上位3店舗の並べ替えになっていることに気が付きましたでしょうか。新潟で開催される古本イベントで見かけることの多いお三方ですから、これからも注目していると良い本に巡り会う率が上がると思いますよ!

さて、最も印象に残った本屋さん、MIB賞です!

圧倒的な得票数で、2024冬のMIB賞に選ばれたのは・・・

ちはるの本屋さんです!!
おめでとうございます!! 

 多彩な品揃えに加えて、店主さんが書いたオリジナル絵本やオマケの栞、ガチャガチャそして、考えられた店構えがとても素人とは思えません(ニヤリ)。これからも「本」を読むことの楽しさと大切さをみんなにアピールしていきましょう!

 

 ということで次回、アカミチフルホンイチ2024夏は、6月上旬日程発表、6月下旬出店申込み受付開始、8月下旬に開催の予定です、どうぞお楽しみに!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024冬、出店配置図

2024年02月08日 | 一箱古本市

アカミチフルホンイチ2024冬開催3日前、準備も佳境な頃と思われますが、ここで出店配置図を発表致します。

一枚目、出店者一覧表で配置ごとに並べ替えしてナンバリングされています。

二枚目、出店配置図上でお目当てのナンバーがどこにあるかを把握して下さい。

 当日は上階に在る「東区プラザホール」で昼と夕方の二回、イベントが予定されているそうです。それぞれのイベント開催の直前に混雑が予想されますので、アカミチフルホンイチを見てみたいという方は、時間に余裕を持ってご来館ください。

それでは、2月11日にお会いしましょう!(冬将軍様、おとなしくしていて下さいね!?)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024冬、出店者リスト

2024年02月03日 | 一箱古本市

今日は節分、明日は「立春」。つまり・・・

アカミチフルホンイチ2024冬まであと一週間です!!

 今、一番気になる事はシベリア寒気団こと冬将軍の勢いですが、ひとまず私たちに出来ることといえばインフルや新型コロナJN1株への継続的な警戒と、アカミチフルホンイチの出店者リストをチェックすることですよね!?

というわけで2024冬の出店者、24箱を紹介致します。

(五十音順・敬称略。出店名(累計出店回数):PR文で掲載)

赤羽橋書店 (3) :大衆文学、旅の本、郷土本、アイドル写真集etc…取り揃えております、赤羽橋書店です。また今年もアカミチフルホンイチで皆様とお会いできるのを、心から楽しみにしています!

いと本 (9): 気ままな移動本屋。心がゆるまる絵本やエッセイ、日常にひらめきをくれるような本をお届けします。ヨーロッパの紙ものもちょっとだけ。

うしネコ屋 (14): 昭和47年のプロレス雑誌1冊あり。表紙、ミル・マスカラス。昭和49年の「週刊少年マガジン」1冊あり。表紙、矢口高雄。


おひつじ文庫 (2):お久しぶりの2回目の出店になります。
エッセイや推理ほんが好きな店主ですがどんなラインナップになるかは当日のお楽しみに!


木舟舎 (2):自作エッセイzine「お湯が沸く」や、その他ほっとやすらぐエッセイやぐっと思考を深める人文系の本などを持っていきます。現在雑誌を制作中なので、立ち話でぜひヒントをください。


久平文庫 (4)
久平文庫(きゅうへいぶんこ)は怪奇・サブカル・雑学・資料系同人誌などクセの強い本を出品予定です。読み終えた本を出品しますので中身が気になる方は一声お掛けください。


小柴屋 (6):旧「みちくさ書房」です。屋号新しくしました。
イラスト担当のぱせりと写真担当のだんなが、秋葉区の町内を散歩して作るzine町内写真集を売っています。既刊23巻、1冊300円ですが、立ち読み大歓迎です。読みに来てください。


古書虚堂 (9):こんにちは。古書虚堂です。
アカミチフルホンイチ、好きです。


コロモ書房 (8):こんにちは、コロモ書房です。旅・食・民俗・生き物関係の本をよく読みます。並ぶのもその辺りが多め。その中に少し色味の違う本を紛れ込ませるのが好きです。雑多な一箱になりますが、お気軽にご覧くださいー。


真ちゃん堂 (14):主として古書を扱います。新潟に関する本、文学、芸術、大型本を持参します。


ちはるの本屋さん (4):店主が娘、母父がお手伝いの本屋さんです。今回も(部屋にあふれ出てきた)父の本と、店長自作の本を並べます。よろしくお願いします。以下店長のコメントです。「また!!本のお祭り(原文ママ)をやらせていただきます!ついに4回目のしゅつじょうです。今回もたくさんうって1位をめざしたいです。よろしくおねがいします!」


なんやかん屋 (2):お久しぶりです、なんやかん屋です。前回の初参加が楽しくて今回も参加させてもらいます!小説をメインに、あと漫画を少々持っていく予定です。また持っていく本達に手書きのPOPを書いているのでぜひ見に来てください。


NIIGATAZINE 文旦 (9):ZINEと紙もの、いつもよりよみもの&絵本多めのラインナップの予定です。冬の読書はぜひ当店へ。


ハアフーフ (3):ハヤト+アスカ+フーフ(夫婦)=ハアフーフ 県内出身のハヤトによる「内からの視点」と県外出身のアスカによる「外からの視点」で新潟を探究・表現しています。新潟の歴史や文化に根差した物語『にゅう潟』を制作中です。アート関連の本を中心に出品します、ぜひ!


はやじん書店 (初):初めまして。はやじん書店と申します。
実用書、エッセイを中心に出品予定です。本を通して皆様とお話しできれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。


びちゃらん堂 (初): 初めての出店です。コツコツと好きな本を集めてきました。


ピッタリブックス (2):2回目の参加です。乱読派の愛書家。自分の好奇心に忠実に読書する日々です。今回もジャンルにこだわらず、いろいろな本を並べます。来場されるお客さんと本との出会いの場になれたら嬉しいです。当日お客さんや出店者さん方とお会いすることを楽しみにしています。 Reading is my life!!!


ブック・オーレ (10):雑誌バックナンバーまつりを計画中。CASA BRUTUS、暮しの手帖、STUDIO VOICE、季刊銀花、&Premium、ソトコト等(抜け号あり)。昔の雑誌広告にはその「時代」が顕れていて面白いから捨てたもんじゃないです。


Books野ばら (15):毎度お騒がせしておりますBooks野ばらでございます。いつもと変わらぬ妖気な接客でお客様との会話を楽しみたいと思います。寒~い冬にあなたのハートを温める本をお持ちします?お気軽にお立ち寄りくださいね。あ、うさぎ店長の耳を掴むのは絶対おやめください。何卒。


ブックル (13):ブックルです。今回も私のセレクトでレコードや漫画本等出品します。寒い冬も頑張っていきましょう。


古本 心窓堂 (15):田上の古本屋です。郷土本、文学一般を出本します。


古本屋こはるとひより (3):ルポ、ノンフィクションに加え、伊集院静さんの小説など出品予定です。「冬」のアカミチは初参加。よろしくお願いします。


メロウなほんや (4):食べものの本や個人的にかわいいなと思う本、誰かとこの本いいんですよ~いいよね~って話せる本を持っていきます。
いつでも誠意遅読中ですので、みなさまから励ましていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。


やまぼうし文庫 (5):十日町、南魚沼中心に小さな本屋さん活動をしています。絵本、児童書、エッセイ中心に心ときめく本との出会いをお届けします。よろしくお願いします。

~~~~~~~~~~

 お馴染みな人、お初な人、お久しぶりな人。たくさんの店主さんが集います。しかも、当日はアカミチ内イベントとして「実りのない読書会」や、「アカミチ交換文庫コーナー」もありますから、どうぞご期待下さい!

開催前直前更新となる次回(2月9日予定)では、出店配置図を公開します!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024冬用店主マニュアル

2024年01月26日 | 一箱古本市

2024年に入りました、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

赤道一箱古本市実行委員会のKです。

まずは、元日の能登半島地震で被災された方へ、お見舞いを申し上げます。

 

このような状況で開催する古本市に、出店してくれる人はいるのだろうか来場してもらえるのだろうか。迷いはありました。

しかし、陽光の下で読む本が雑念を除き、考えを整える力を持っている事、読む人の糧になる事を私たちは知っています。

今こそ本を読みましょう。

 

2024年冬の店主マニュアルができあがりました。

 下記リンク先をご参照の上、必要に応じてプリントアウトしてお使い下さい。(今後、アカミチフルホンイチに参加してみたいという方々のために「公開」します)

アカミチフルホンイチ2024冬の店主マニュアル

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年冬の開催について

2023年12月20日 | 一箱古本市

皆様ご無沙汰しております、赤道一箱古本市実行委員会のKです。

 これまでになく厳しい暑さだった夏からあっという間に秋が過ぎ、気が付けば既に師走。ヒタヒタと年の瀬の足音も迫りあれもこれもと急かされがちな時節ですが、そんな時こそ心落ち着けて書をめくる時間だけは確保したいなと思う毎日です。

 それでは真冬の一箱古本市、アカミチフルホンイチ2024冬の開催についてお知らせ致します。

~~~~~

アカミチフルホンイチ 2024 冬(一箱古本市)

日時:2024年2月11日(日・祝)販売タイム 10~16時

場所:新潟市東区役所1階南口エントランスホール(新潟市東区下木戸1-4-1)

出店数:24箱(先着:出店配置は委員会にお任せ下さい)

出店料:1,000円(当日現金にて徴収)

出店申込みは、12月24日正午より 申込みWebフォーム にて受付開始致します。申込みは24箱満数に達するか、年明け1月21日0時になった時点で締め切り致します。

お問い合わせアドレス:akamichibook@gmail.com 

~~~~~

 2016年2月から始まった「アカミチフルホンイチ」は三回目以降に毎年2月と8月の開催が定例化し、途中一度だけオミクロン株蔓延による中止を挟み、次回で15回目を迎える事になります。これも一重に出店者、来場の皆様のお陰です。実行委員一同御礼申し上げます。

~~~~~

★一箱古本市について
2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にした、本・古本・ZINEなどが主役のフリーマーケットです。
http://shinobazu-bookstreet.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする