愛占館はじめてのブログ

東洋占術
六壬神課、算命学、四柱、風水、方位
姓名判断、周易、手相、タロット
対面・通信鑑定、占い教室、結婚相談

辻出紀子さん(三重の記者)

2014-10-06 15:00:48 | 占い

三重県の女性記者 辻出紀子さん。

失踪してから(1998年)来月で16年ですね。


たまたま、テレビを見ていて(霊能捜査官キャサリン・レイ)の捜索。
その内容で私なりに探してみました。
本人がまだ見つかっていないので、その後も気にかかっています。
お母さんにも2度お会いしました。


当時は何か、残っていないかと、何回も二つ池に探しに行きました。

映像は
勤務先の伊勢文化舎を出る(西へ向かう)
道路は北へカーブしていて大きな道路へ出る。
大きな道路へ東へ向かう。
途中、左手に3、4階立てのビルが現れる。
このビルは夜も電気がついている。(伊勢警察署)

ここまではメッチャ当たっていてビックリしました。

テレビでは2ブロック先に冷たいものを売っている店がある。(ファミリーマート)
と言っていました。
ここが違っていました。
失踪当時はこのコンビニはありませんでした。

また、2ブロックとういう捉え方の意味が不明でしたね。
2ブロックとは町名で捉えることができなかったのでしょうか。
町名で見ると、神田久志本町、黒瀬町、楠部町となり、楠部町で冷たいものを
売っている店を探すべきでした。

確かにこの道沿い(新道)の先の楠部町に冷たいものを売っている『たこちゃん堂』なる
店がありました。今もあるかもしれません。

その店の前から南へ分岐した古い道(採石場への道)がありくねくねした道です。
くねくね道の左手は2つ池の東湖です。

その先は行き止まりで簡易の鉄棒が道路に刺さっています。
行き止まりのところには屋根が波状のシャッターがある小屋があります。
小屋の前に鉄棒(L型数本、ロープで簡単に繋いでいました)

透視で描かれた絵とほとんど一致していました。

くねくねした道の途中には左手に砕石の置き場の小屋や右手に変わった「小木があります」
テレビでは「松の木」と言っていましたが、棕櫚の木だと思われるのですが、


行き止まりにあるところからは、国道23号線が見えます。国道はそこからは橋に
架かっているように見えます。下はブロックで1か所反対側へ抜ける
トンネルがあります。


一帯は広場になっていて、砕石を埋め立てる場所でありました。
当時はブルドーザーが入っていて、搬入した砕石や土砂を整地していました。

失踪から時間が経っていたので、付近は雑草が生い茂っていました。

何回か探しに行きましたが、数回行ったときに、小屋の前のところで
土を掘り起こした跡がありビックリしました。

それも人が一人入るくらいの大きさです。



テレビでは最終的に23号線より南側を捜索していましたが、
23号線の北側も古い時代はそこも採石場の一角でしたから
北側も探してほしかったですね。

テレビの映像はいまでも、ビデオに録画しています。




































コメント   この記事についてブログを書く
« 台風接近 | トップ | 台風のごみ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

占い」カテゴリの最新記事