全国平家会・揚羽会 blog(試験運用中)

「全国平家会」の福岡県支部
「揚羽会」の活動・お知らせ・その他。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「平家」を伝承する人々「平桜子さん」編

2010-02-10 23:48:10 | ゲスト
初めまして。
わたくし、
琵琶奏者の平桜子、
こと櫻井亜木子と申します。

この度、赤間神宮様のご縁で、
ここに言葉をのさせて戴く機会を頂戴しました。


皆さん、琵琶と耳にされますと何を思い浮かばれますか?……
耳無し芳一?
平家物語?
ルパン三世の五右衛門?
いろいろ湧いてくる方、
全く検討のつかない方、
どちらかに別れるかもしれませんね。

私達琵琶奏者は、
曲目のほとんどが「戦記物」といって、
川中島や白虎隊、
本能寺や西郷隆盛、
八甲田山など、
必ずと言っていいほど
死者が出ない内容は無い。
というほど切られ打たれ切り打ち戦う、
悲しくも激しく、
人の散り際のはかなさを語ります。
その最たるものに平家物語があげられ、
ここではいよいよいっそうと人間の無常感をうたいあげる、
作品自体にその意味が込められます。

全く結婚式では歌えない…
と仕事としてはいつも悩むのですが。

そんな悩みを抱えつつ、
ただただ純粋に、聴いてくださる皆様に
感動して戴ける音つくりをしたいと、
日々願っている私であります。

機会がございましたら、
ぜひ一度聴いてくださいませ。

明日は東京、湯島天神さんの初日、

雪かなぁ。。。



追、

なにぶんパソコンもまだない状態で、
こうした媒体を通してのご挨拶は、読んで戴いてる方との距離が掴みにくく、
どのような言葉を使ったらよいか本当に悩んでしまうのですが、
私なりに考えました言葉を使いました。
もし、失礼がありましたらどうかお許しくださいませ。
コメント