株式会社アセラ 農薬部

農薬通信 Web版

新規果樹用殺菌剤:「アクサー®フロアブル」‥『アグリ通信.ACERA』第55巻 通刊614

2022-03-16 09:00:00 | 記事

||||||| 新規果樹用殺菌剤「アクサー®フロアブル」 |||||||

®︎:BASF社の登録商標

新規果樹用殺菌剤「アクサー®︎フロアブル」は、前回紹介した新規有効成分ゼミウム(SDHI剤フルキサピロキサド:7.0%)とジフェノコナゾール:4.7%を混合した含有する作用機構の異なる2つの有効成分を組み合わせた果樹用殺菌剤です。

BASF社(ドイツ)が開発した有効成分フルキサピロキサド(通称“Xemium®【ゼミウム®】”)はコハク酸脱水素酵素阻害剤(SDHI)で親水性と親油性の2つの特長を持った構造をしており、環境に応じてフレキシブルに変化することで高い浸透性を示し、より安定した残効性と優れた治療的効果が期待できます。

混合剤とすることで作物や病害に対して問題となる耐性菌管理にも有効です。

 

特 長

幅広い病害スペクトラム:2つの異なる有効成分により幅広い病害に安定した効果を示します。

耐性菌管理に有効:作用機作の異なる成分により耐性菌管理にも有効です。

優れた移行性:ゼミウム®はワックス層に対して高い親和性を持ち、継続的に葉内に取り込まれます。

 

※ゼミウム®は浸逹移行性に優れているため、成分が葉の表面から内部に移行し、植物内部にいきわたります。またユニークな特性で植物表面に吸着するため長期間病害を防除することが期待できます。

2,000倍希釈液

 

有効成分:ジフェノコナゾール(4.7%)フルキサピロキサド【通称ゼミウム®】(7.0%)

性状:類白色水和性粘稠懸濁液体

農林水産省登録:第24183号

毒性:普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)

規格:250mℓ

作用機構分類番号(RAC番号):殺菌剤分類 3 、7

作用例:りんご黒星病

(拡大:クリック)

抗菌スペクトラム

(拡大:クリック)

適用害虫の範囲及び使用方法                          

2022年2月現在

効果・薬害等の注意

  • 使用に当たっては容器をよく振ってください。
  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 散布液調製の際は、水をかきまぜながら本剤の所定量を徐々に加えてください。
  • 薬剤耐性菌の出現を防ぐため、本剤の過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤との輪番で使用してください。
  • 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。

安全使用上の注意

  • 本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。使用後は洗眼してください。
  • 火災時は、適切な保護具を着用し水・消火剤等で消化に努めてください。
  • 漏出時は、保護具を着用し、布・砂等に吸収させ回収してください。
  • 移送取扱いは、ていねいに行ってください。
  • 直射日光を避け、食品と区別してなるべく低温な場所に密栓して保管してください。

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 新規果樹用殺菌剤:「セルカ... | トップ | 農薬部ブログ:果樹棚支柱「... »
最新の画像もっと見る

記事」カテゴリの最新記事