株式会社アセラ 農薬部

農薬通信 Web版

簡易トンネルメッシュ:社内勉強会

2017-04-22 17:22:57 | 記事

山梨県内の一部地域で普及されはじめている簡易雨除け(トンネルメッシュ)の設置方法と使用薬剤の研修会を本社農薬部で行いました。

トンネルメッシュは1660mm×2460mm幅1200mmの規格で、重さは1枚当り約2.5kgです。

ブドウ棚に設置する時は、短梢栽培の結果母枝上に左右60cm幅(幹線から60cm)になるように設置します。

長梢栽培でもトンネルメッシュ下に結果母枝を配置している圃場もあります。

まずトンネルメッシュを棚上にのせますが、外側からのせるか、内側からのせるにはトンネルメッシュを丸めて小針線の中から棚上にのせることができます。

固定にはバインド線で巻き付けます。

トンネルメッシュに対して直交する幹線(親線)には巻き付けクリップでとめます。

設置が完了したら、次はビニール張りです。

ビニールには「スカイコート5☆」(0.1mm×150m×100cm)を設置します。

ビニールには裏表があり、上部から記載されている字が読める方が表(上)になり、SPクリップを用いて固定します。

最後に設置地域での防除暦についても確認しました。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スピードスプレーヤ等のボル... | トップ | 農薬通信一般2017年2月「農薬... »
最新の画像もっと見る

記事」カテゴリの最新記事