プチアーリーリタイアしたおひとり様の日記 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

色々あって今に至る。昨日の出来事を中心に書き残しています。

ロックタウンは恋の街 ロックな馬

2018年03月21日 07時15分11秒 | 競馬
先週も、多数のロックな馬が出走しました。
今日は、その中からこの馬を紹介します。



3月17日中山 11R フラワーC 芝1800m 1人気 13着

ロックディスタウン 3歳 牝


父 オルフェーヴル
母 ストレイキャット
母父Storm Cat
馬名意味 曲名




重賞の1番人気ですから、皆さんもご存じでしょうし、私も予想の結果報告で取り上げました。
1人気のシンガリ負けで、心情的にはかわいそうなのですが、名前は好きなので。


馬主さんの名づけの意図からも、このバンドのこの曲に間違いはありませんし、母の名前はバンド名そのものでもあります。(複数形ではありますが。)






ストレイキャッツは、80年代の3ピースバンドで、50年代に流行したロカビリー調の曲を演奏する「ネオロカビリー」というジャンルの代表バンドでした。
リーゼントできめるなど、スタイルもロカビリーでしたが、中心だったブライアン・セッツアーが甘いマスクだったこともあり、人気になりました。
馬名の元となった「ロックディスタウン」(邦題:「ロックタウンは恋の街)が大ヒットとなりましたが、どちらかというと1発屋に近いです。(その後2曲ほどややヒットかな。)
でも、この曲は、今聞いても十分カッコイイです。



バンドは解散しましたが、30年以上たった今もブライアン・セッツアーは同種の音楽で現役です。
なお、今年3月には、他の2人も復活し、再結成ライブをアメリカで行うとのニュースが1月に流れました。




曲はこちらから


「ロックディスタウン」(邦題:「ロックタウンは恋の街)

コメント   この記事についてブログを書く
« 家庭内左翼 ってどこから出... | トップ | 「オタク川柳」結果発表 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

競馬」カテゴリの最新記事