月色パラダイス

宝塚歌劇団月組を応援します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大劇場公演観劇

2015-11-14 18:25:17 | 公演



『舞音-MANON-』
(アベ・プレヴォ「マノン・レスコー」より

脚本・演出:植田景子
作曲:ジョイ・ソン

アジア版「マノン」ということでエキゾチックな雰囲気が漂うオープニング。
エリート将校が、自由奔放な踊り子に恋をして、地位を失い、墜ちていく様を描いている。

原作の深い大人の恋愛小説を良く知っている人には、物足りないかもしれないけど、あまり大人の恋愛物が好きではない私にはあっさりと楽しめた。

本来だったら、反感を買う役どころのメンバーが、素敵に見えた。摩訶不思議。

まずは、ヒロイン愛希れいかさんは可憐で可愛い雰囲気が漂っていた。
男を渡り歩く高級娼婦には見えないけれど、フランス人とインドネシア人のハーフで裕福な家庭で育ちながらも、父親を失い…苦労した哀しみが伝わって来て好感度大。

また、マノンの兄役の珠城りょうさんは、嫌なひねくれた悪人のハズがそうは見えない。
かといって、善人には見えないけれど。
もっと、濃い悪人になっても良かったのでは?
優等生の珠城りょうさんらしさが出てしまったのが、残念!

主演の龍真咲さんはさやかな将校役が良く似合っていた。
だから…恋に墜ちていく、ドロドロ感はなく、明るい。

そのさわやか将校の暗い部分、屈折したところを表現するのが、美弥るりかさん演じるもう一人の将校。龍真咲さんの影は部分を表現していた。

一人の人間の多面性を表現するための手法だと思うけど、美弥るりかさんには気の毒な役だと感じた。
狂言まわし的に登場するも、台詞はオープニングとラストのみ。
将校シャルルの深い苦悩を描いているのだったら、もっと二人のシャルルを絡ませて、苦悩するところを描いたら良いのに…。
シャルルの苦悩を描けていない。

植田景子先生~!もっと美弥るりかさんを生かして下さい~!
一見、インパクトありそうなのに、美弥るりかさんが可哀想な感じ。

でも、また観たい、また観る、「舞音」。


ショー サウンドカーニバル
『ゴールデンジャズ』
作、演出
稲葉太地


今年観たショー作品で一番好き!

ショー作品自体が少ないけれど…(笑)


サウンドカーニバルと銘打ってあるように、バラエティーに富んだ楽しいショー!
月組の一体感や団結力が素晴らしかった。

オープニングから楽しい!
タンバリンが買えなかった不満も何処へやら~(苦笑)

馴染みのあるオーソドックスなジャズから、スイングするジャズ、アフリカンな場面まで緩急に富んで飽きないショーはさすが!稲葉先生!素晴らしい!

特にアフリカンの場面はちゃぴちゃんを中心に熱く、大地の響きを表していて素晴らしい。

からんちゃんの歌声も透き通って響いてくる。

今回は男役さんの大階段のダンスは黒燕尾ではなく、スーツ姿。

まさお君のみ真っ赤なスーツで、他の方々は黒いスーツ。

月男のカッコ良さが詰まっていて、きちんと全員が揃っていて気持ちよい!


この場面だけでなく、どの場面も群舞も揃っていて、きちんと気合いが入っている。
月組の団結力と一体感はやっぱり素晴らしい!

2階席からの醍醐味を堪能出来て、満足!

そして、たまきち君の正二番手、大きな羽を背負っての登場!

ファンの方々、おめでとうございます!




タンバリン売り切れ!

2015-11-13 14:37:14 | 公演
明日入荷らしいけど、明日は観ないので、残念~!