是空・あぽろんと暮らす幸せな毎日

ワイマラナー♂とグレートデーン♂と
パパちゃんママちゃんの日常です。
大型犬との旅行が大好き♪

おかえり!くーたん♪

2010-01-31 17:33:06 | 是空
どうしてもどうしてもどうしてもくーに会いたくなって、今日はくーをお家に連れてきました

というのも、あぽちゃんの傷口は、おそらくもう一度縫いなおすことになりそうなので

それならば、今はもういいだろう!という考えのもと(苦笑)

久しぶりにお迎えに行ってきました。

今日は久しぶりにお散歩を楽しみました

くーよりもパパちゃんと私の方がもしかするとうれしかったのかもしれません


我が家の近所には、こんな田舎道がまだまだあるので助かります

パパちゃんとくーはノーリードでのびのびと




私もくーもうれしすぎて楽しすぎて

写真どころではありませんでした



くーと2週間以上も会えなかったのは初めてでした。

なんだかくーに悪い事をしてるみたいで・・・

信頼のできるところに預かって頂いているのは充分に分かっていたのですが

それはそれで楽しく過ごしていることも理解できるのですが

言いようのない、罪悪感のような・・・ごめんね、くーたんという気持ちで毎日を過ごしていました。



でも、くーはくーでした!やっぱりとっても良い子です

よかった~何一つ変わってない

甘えん坊だし、やんちゃだし、動き過ぎだし、すぐに興奮するし

こんなくーの全部が大好きで愛おしくてたまらないんです

やっぱり親バカバンザイです



興奮しすぎて、そして、きっと安心したのかな。

早くからゆったりまったりしてました




もちろん、鼻の皮ズル剥けですだって、ワイマだもん(笑)





へそ天だってしまくりです。だって、ワイマだもん(笑)





あぽちゃんの状態によっては、もう少しお泊まりになるかもしれないけど

くーたん、もう少しだけ一緒に頑張ってね





~おまけ~

くーが帰ってきて、もちろん、あぽちゃんもお祭り騒ぎでした

そりゃあ、治る傷も治らんわなあ・・・・みたいな


喜びすぎて、いつまでも激しく動きすぎて、怒られて

その後「ごめんなさい」をしているあぽちゃんをすぐに許すという親バカの図(笑)















コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

安静にする為に

2010-01-28 22:13:51 | あぽろん
おかげさまで日ごとにパワーアップしているあぽちゃん

きっと、「若いって、やっぱりすばらしいわ」的な感じなんだと思う。

驚きの回復力。ほんとうに良かった

食事の量も以前の6~7割程になりました

でも、全く物足りない様子で常に食べ物に敏感に反応しています。

しかも元気はいいし、スリムになった身体は身軽だし

「お~いっ!どんだけ暴れるんや~」状態なのです。


あとは抜糸を待つのみ。

しか~し!

胸に近い部分がくっつかないつまり・・・開いたまんま

なぜなら、毎日毎日はちけちゃうから


これって、どうやら先生の縫い方や糸の種類等にもいろいろあるみたいです。

でも、その時はそんなこと知らなかったし、

きっと、知ってても、そんなことはどうでもいいからとにかく助けて下さいだったろうしね・・・。

あるお方からお勧めの縫い方?聞いたので「知りたい!」という方は

今度こっそりお教えしますよん

抜糸できないとくーたんのお迎えに行けないやんか~


とにかく傷跡はさておき、今はまだできるだけ安静にということで・・・



じゃじゃ~ん


北海道からお取り寄せしました「えぞ鹿の角」でございます

猟師さんが程良いサイズに切ってくれたのを撮影用につなげてみましたが、デカイですね。

これ、実はあの日に届いたんです。

大人しくしててほしい時に効果てき面だし、意外と汚れないし、身体によさそうだし

以前、くーが食べてた時もすごく喜んだから、多めに頼んでおいたんです。



ちょっと見にくいけど、大事そうにしてました。



うっとりと、寝るまでず~っとカミカミしました。



安静にする、いえいえ、激しく暴れない為の手段としては成功かも?!

来週には抜糸できるかな~。頼むよ、あぽちゃん










コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

お洋服

2010-01-21 00:01:36 | あぽろん
あぽちゃんのお洋服をRururunn9さんにお願いしていました。

デーンのサイズってなかなかないのでフルオーダーで作って頂けるのは助かります。

実は1月23日はあぽちゃんのお誕生日で、11日は私の誕生日だったので

いつものように2人と2匹で「お誕生日おめでとう旅行」に行く予定でした。

なのであぽちゃんのお誕生日プレゼントとして、お願いしていた物だったんです。

しかし、こんなことになっちゃって・・・。

でも、事情を知ったRururunn9さんが

「それならばあぽちゃんの傷口の保護の為にも!」と

お忙しい中、一生懸命、超スピードで仕上げて下さったんです!

あぽちゃんの為に心をこめて作ってくださって・・・ただただ感謝感謝感謝です。



どうですか?ブルーのお花柄です




着心地も良いみたいで、あぽちゃんも気に入っています。




「はやく良くなってね」というあたたかいお気持ちを

きっとあぽちゃんはいっぱいいっぱい感じているんでしょうね♪



あぽちゃん、実は今日までに傷口の縫い目、2か所はちいちゃってます(苦笑)

ので、医療用ホッチキスで再度とめてもらってたりします

これで、もう、だいじょうぶかと・・・


術後、しょぼしょぼになっちゃったお顔も、少しずつ戻ってきました。

目の輝きも、だいぶ戻ってきました。

ご飯はまだ、以前の食事の量の半分以下しかもらえません。

しかも、フードをドロドロの離乳食状にしたものです。

とっても痩せちゃったけど肩の為にはこの方が良かったりするし・・・。

たくさん食べたくて仕方ない子なので、今はちょっとかわいそうな気もしますが

食事の量が増えていけばもっともっと元気になってくれることでしょう。


まずは抜糸までのあと約1週間程をできるふだけ安静に大人しく過ごすこと。

あぽちゃん、頼むよ~。

お願いだから、ジャンプはやめてくれ~











コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

アポロンの胃捻転その④

2010-01-19 23:10:33 | あぽろん
胃捻転について あぽちゃんの場合


いつもと何か様子が違う・・・それが胃捻転でした。

①その時のあぽちゃんはややテンションが低かった。

②いつもべったり甘えてくるのにさほど甘えようとしない。

③ご飯は全部食べたけど、いつもならば空いたお皿を穴が空くほど舐めるのに今日はしない。

④ウロウロする。立ったり座ったり、とにかくウロウロする。

⑤左の脇腹辺りをしきりに舐める。執拗に舐める。

⑥今食べた物を少量吐いた。


①~⑥までの時間はおよそ30分弱です。

⑥の時点では病院に電話し、車に乗せる準備を始めていました。


病院へ向かう車の中では

⑦吐く動作をするけれどなにも出てこない。30分の間に3回繰り返す。

⑧少しよだれが出てくる。



よくお腹が腫れてくるといいますが、あぽちゃんの場合は捻転が始まってからしばらく時間がたっての事。

しかも、腫れについては思っているより分かりにくいという事。

あぽちゃんの場合は私がお腹と思っている部分ではなくウエスト(腰の細くなっている部分)の腫れが目立ちました。

しかし、それは「何かおかしい」と思ってから既に1時間は経っていた頃に確認できました。

腫れている部分は触ってみるととても硬いです。



これが今、思い返してみたあぽちゃんの胃捻転の始まりでした。


そして、原因はやはりはっきりとは分かっていないという事。

いつでもどんな犬種でも起こりうるという事。

なぜだか、夜~深夜にかけて発症率が高い事。


今回の執刀医に伺ったのですが、夜間救急だと胃捻転の開腹手術は残念ながら必ず月に2~3例あるそうです。

また、普通の時間に診察している病院では1年で1~2例くらいだそうです。

犬種はもちろんデーンやワイマのような胸の深い大型犬はなりやすい傾向にあるようですが

コーギーや、シーズーも処置したことがあるそうです。


そして一刻も早く信頼できる獣医さんのもとへ連れていくこと。


我が家も、術後の入院体制も含めて、もう一度よく検討すべき点もあると思っています。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アポロンの胃捻転その③

2010-01-18 23:06:15 | あぽろん
夜が明けて、救急病院をあとにしてかかりつけの病院へむかいました。

その車の中であぽちゃん、大量のちっちをしました。

先生方は病院でも点滴の分くらいの大量にでましたから、きっと大丈夫ですよと言って見えましたが。

きっと極度の緊張が少しは緩んだのでしょうか。

そう思うとあぽちゃんがどんなにがんばっていたのかと心痛みます。

そしてかかりつけ病院へ到着。

あらかじめ電話しておいたので、先生は玄関先でウロウロウロウロ。

あぽちゃんを見るなり涙ぐみながら「良かったな~良かったな~」って。

先生の顔見たら、私もなんだかほっとしてまたまた涙、涙・・・。

・・・しか~し・・・

あぽちゃん、デカすぎて入院できませんでした。

本当は手術室において下さる予定だったそうですが、今日、手術の予定が入ってしまったのでダメになっちゃったそうです。

でも、術後間もないあぽちゃんです。もしも急変したら・・・

主人は仕事ですし、私ひとりではとても・・・ということをお話しました。

ので、先生の先生の病院が近くにあるのでそちらを紹介して下さいました。

といっても、ここもあぽちゃんサイズのスペースはなく、今度こそ本当に手術室へ。

なので、病院が閉まる時間までの預かりでしたが助かりました。

しかも、ふかふかの敷物しいてもらって、お部屋独占状態。

若いお姉さん看護師さんたちにチヤホヤされてあぽちゃん楽しそうにも見えました(笑)

あぽちゃん、手術の翌日なのにとっても元気、元気。

入院も必要ないだろうという判断となりました。

しかし、術後の危険な状態であることには変わりありません。

ありがたいことに状態が急変したら、先生が我が家へ駆けつけて下さるということになりました。


我が家へ戻っても、やはり心配で心配で・・・。

傷口からは血液や、汁?液・のようなものがにじんでくるし。

あぽちゃんは、異常にテンション高くてぴょんぴょんするし・・・これを抑えるのが大変だったかも(T_T)

72時間って、なかなかたたないんですよっ。これがっ。


この時、くーはといいますと・・・

術後の早朝、お世話になっているスクールにお泊まりお願いしました。

くーもただならぬ雰囲気を十分に理解している様子で、いつになく聞きわけの良い子でした。

ただ、お泊まりの日の晩は車の音がするたびにお迎えかと思ってピーピーワンワン大騒ぎをすると以前から聞いていたので今回は少し長くなりそうなのでとても心痛みます。

もちろん、鼻の皮ズル剥けですしね。

日頃から、あぽちゃんはくーの事が大好きで、

くーがいるとそれだけでうれしくてうれしくて遊びたくて仕方ない様子です。

なのであぽちゃんの精神面にはとても良いと思いましたが、

今、一緒にすると

今までの様子から察するに、きっと傷口がはちけるとか、固定した胃が落ちちゃうとかいう

恐ろしい事態になりかねないという皆様の、そして私達の判断により

とにかく安静!絶対安静!!!!!を重要視しました。

くーちゃん、ごめんね。

くーがお迎えをいつもいつも待っているかと思うとこれまた泣けてきます。

が、ここはあぽちゃんに早く良くなってもらって

そしてお迎えに行ってくーと思いっきり遊んで思いっきりぎゅっとしたいと思います。

続く













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アポロンの胃捻転その②

2010-01-17 22:15:19 | あぽろん
9時ごろ病院に着きました。ここは名古屋市の獣医師会による夜間救急診療所です。年中無休でpm9時~AM2時のみの診療です。

我が家の場合、かかりつけの病院では時間外の診察がなかったので、いざとういう時の為に
かかりつけの先生から勧められていました。

県外ですが高速を使えば30分ほどで到着です。

ただ、これ以外の時間の場合は我が家のある市内に24時間可能な病院があるのでそちらへお願いするつもりでした。ここも近いのですが以前、下見として(失礼ですね、すみません)くーのお世話になった事があります。


あらかじめ電話で話しておいたので、到着するなりスタッフの方が迎えて下さいました。

あぽちゃんは、到着してからも自分で車から降り、しっかりした歩様で歩き病院内へ行きました。

最初の所見ではあぽちゃんの年齢とおなかの張り具合からは胃捻転ではないかもしれないと言われました。

ここで、私は「捻転じゃないのかも!」と一瞬ほっとしました。

でも、レントゲンを撮ってみないとわからないのですぐにレントゲン室へ。

通常の姿勢と横になった姿勢と2枚撮ります。

最初はあぽちゃんに極力負担をかけないようにということで無麻酔でしたので横になっての撮影は動いてしまって無理でした。

しかし現像を待つこと20分。

私達にもはっきりわかるような白い影=ねじれてしまったためにできる胃の中のガスが写っていました。

「まず胃捻転で間違いないでしょう」先生はおっしゃいました。

「ここから弱い全身麻酔で再度横になったレントゲンを撮り、その結果により麻酔を強めて即手術です。」

ここから私はまたもやパニック状態。

あぽちゃんが死んじゃうという不安ばかりに支配されていました。

結果は間違いなく胃捻転。胃捻転特有の白い線がはっきりと写っていました。

泣いてばかりの私でしたが、ぱぱちゃんは「あぽは死なないのになんで泣くの?」と言っていました。

今思えば私もとてつもない不安でショックな自分と、それでも冷静な自分とが入り混じった感じでした。

手術開始は10時回っていました。

最初に胃の中にチューブを入れてガスを抜きます。それで胃のねじれが戻ることもあるそうですがあぽちゃんは無理でした。

そして開腹手術に。

またしても情けないことに私は泣いてばかり。

でも、いろんな事が頭に浮かんできたりもしました。

「明日のオフ会行けないな」「お友達と泊まりに行く約束はどうなるんだろう」とか

バンビパパさんに超甘えているあぽちゃんの姿がうかんできたり。

はたまた「お願いしてあるお洋服は着せてやれないのかな・・・」等。

それから「あれがいけなかった」とか「これがいけなかったのか?」という自責の念。

でも、そこにあった雑誌を見てみたり、お友達にメールしてみたり・・・。

なにかしてないと壊れちゃいそうな感じだったのかな。

長い長い、とっても長い待ち時間。4時間弱だったでしょうか。

最後にお腹を閉じる前に先生があぽちゃんのお腹の中を見せて下さいました。

「とにかく早くに対処できたことと、若い事。180度ねじれた胃も色もきれいなままでした。ほかの臓器にも全く影響はありません」

手術は成功です。

本当によかった。本当によかった。先生、ありがとうございます。

「でも、この後72時間はヤマ場なので気を抜かないでください。」

捻転によりねじれていた部分に血液だけでなく老廃物などがたまっており

ねじれを戻した事によりそれが一気に流れ出るのがとても危険だそうです。

ここには入院施設が無い為、今日の朝までは先生があぽちゃんに付き添って下さいました。

そして朝になり無事にお家へ帰ることに。

こうして長い夜は無事にあけました。


続く


そして、術後63時間、今日のあぽちゃんです。


「ちょっと、老けたな~」って先生に言われました。

そりゃ、そうですよね!!!!!




もちろん、随分細くなりました。

離乳食のようなドロドロにしたフードを少量ずつ食べています。




「ママちゃん!もっともっと食べ物を下さい!お腹にたまるようなやつ!」




~今回はコメント欄を閉じさせていただきます~




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アポロンの胃捻転その①

2010-01-15 21:56:38 | あぽろん
皆さんへの訪問、コメントが遅くなってしまい申し訳ありません。


昨晩、あぽちゃんが胃捻転を起こしました。

話には聞いていましたが、実際に我が家で起こるとは・・・というのが正直な感想です。

幸いににも緊急手術を行い、手術自体は成功しました。

しかし術後72時間は常に危険な状態であるため気を抜くことはできません。

今、ようやく72時間分の24時間・・・3分の1が過ぎたようです。

本来ならばその間は入院していた方が良いのですが

手術をしていただいた病院は夜間専門なので入院設備がない事、

かかりつけの病院ではあぽちゃんが入れるようなスペースがない事、

そして何よりあぽちゃんの状態が極めて良い事が重なり今夜から我が家へ帰ってきました。

今私の隣でぐっすりと眠っているあぽちゃん・・・

帰ってくるなりお庭でぴょんぴょん飛び跳ねるし、もちろん自分でふつうに歩けるし、

こんな時でもぐんぐん引っ張るし。

まさか昨夜、生死をさまようであろう大手術を受けた子にはとても見えません。

あぽちゃんが、今、ここにいる。安心しきって、疲れ果てて眠っている。

あぽちゃん、本当によくがんばったね。

あぽちゃん、あぽちゃん、大切な大切な愛おしいあぽちゃん。

よかった。本当によかった。あぽちゃんが今ここにいることに。

生きていてくれたことに感謝。すべてに感謝です。





いつでも起こりうる「胃捻転」について私の経験を思い出すままに書き留めておこうと思います。



20010年1月14日(木)
夜の7時過ぎ。いつものように私が帰宅。あぽ、くーをそれぞれ交代でトイレに庭に出す。そうこうしているうちにパパちゃんも帰宅。私は夕食の準備。ぱぱちゃんはお酒を飲みながらサークルに入れたあぽちと、フリーのくーとあそぶ。あぽはサークル内でゆっくりしている。

8時前。わんこの食事前。ぱぱちゃんが、あぽがつまずいたような格好をしたと心配する。また肩の具合が悪いのかと思う。あぽはテンションがいつもより随分低い。出された食事は全部食べる。しかし、その後、いつもなら空になったお皿を穴があくほど舐めるのに今日は全くしない。しかも、すぐに横になった。いつもなら撫でて欲しくて甘えてくるのに。
何かおかしいような気もするけれど、何か疲れてるのかな?どうしたんだろう。

8時半になり、食べたフード(ふやかしたもの)を少量吐く。そして左わき腹をしきりに気にして舐める。
この時点でおかしいなと思いつつ、捻転の事が頭をよぎりながらもきっと違うと思っていた。
話に聞くようにお腹もはれてなさそうだし・・・
しかし、サークルの隅に行き動こうとしない。
明らかに普段と違う様子だと確信。しかし捻転だとはまだ思えなかった。
「なんともなくてよかった」という結果を想像する自分と「これって、もしかして」という焦っている自分がいる。
そしてようやく動物病院に電話し、出かける準備にかかる。

我が家から車で30分くらいの病院。その間、あぽちゃんは吐くけどなにも出てこない状態を5~6回繰り返す。
どうしよう。やっぱり捻転だ。
今思えば私は車の中が一番のパニック状態でした。
何も出てこないおう吐を繰り返すあぽちゃんを目の当たりにし、胃捻転だからあぽちゃんは死んじゃうんだ!と思い込み泣きながらあぽちゃんをさすってやることしかできませんでした。「あぽちゃん、苦しいの?かわいそうに。私と変わってあげたいよ」と思いながら。
この時の苦しそうなあぽの姿を私は一生忘れることはないと思います。


続く











コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

南伊豆旅行~太陽人~

2010-01-12 22:25:07 | 旅行
先週は珍しく3連休だった

初日は家族揃って恒例の新年のご祈祷に

でも、人も多いし、結構遠くへ行くのでなかなか疲れるんです。

そんなわけだったけれど、まだあと2日もお休みなんだ~



するとパパちゃんが「明日、どっか空いとる宿ないかな~」と。

どうやら、サーフィンしたかったらしい


前日の夜9時前に?????明日泊まれますかと?????

なんとも非常識な感じアリアリでしたが、泊まれたらラッキーと思い、気になっていたお宿に即効TEL


そしたら「どうぞどうぞ!」と快いお返事でした



今回の宿は太陽人です。


南伊豆のとってもきれいで大好きなサーフポイント大浜に徒歩90秒という絶好の立地!

しかも11月にオープンしたばかりで気になっていたんです。

もちろん、我が家のようなデカデカやんちゃわんこもOK

お布団で一緒に寝てもOKという最高な感じなのです


しかもあぽちゃんの肩の事をお話したら一階のお部屋を用意して下さいました


バリ島の雰囲気を素敵に表している清潔なお宿です。






外から玄関までのアプローチなどもとってもステキなんですが

写真に撮ってないのでぜひこちらでチェックしてみて下さい!太陽人



私達の部屋はバリ語「ミンピ」=夢という意味のお部屋でした。


キッチンが付いていました。


充分な広さのお部屋におしゃれな2段ベットがありました。

でも、気を使って頂きベッドでも、床でも寝られるように用意して下さいました。


見てやって下さい!この、くつろぎすぎ?な様を(笑)


わんこにはうれしいおやつのサービスが




お食事はダイニングで頂きます。

もちろん、わんこも一緒に

前菜プレートです。


お刺身。


蒸し豚野菜。これはウチでも是非やってみようと思いました。


あとは味ご飯とおみそ汁とデザートの杏仁豆腐でした

とってもおいしく頂きましたよ


朝食も紹介しちゃいます。




くーあぽも、まあまあおりこう・・・な時もありました・・・ということで




そして、ここは若いご夫婦が11月にオープンしたばかりのお宿です。

美形のミニチュアダックスたちがいますよ~

ご主人はサーファーです。奥さんはサーファーじゃないけどすご~くかわいい方でした

とっても親切でくーあぽの事もすごく大事にして下さいました。

いろいろご迷惑でしたでしょうに、ありがとうございました!

夕食の間はサーフィンのDVDが大画面に流れてましたよ!


もう一組のお客さんはサーファー男子5人組でワイワイ楽しそうでした


わんこの足ふきタオルや、うんち袋、BOX、トイレシート、フードボール等わんこ用の設備も十分でした。

帰りに更にまたおやつのサービスを頂きました。

外にはドッグランもありすよ。




そして、大好きなビーチです





くーたん、きっと潮風を感じているんだわ(笑)



こんな表情、風景をみると本当に来てよかったと思います。

そして今の幸せに感謝感謝ですね





今回はスタートがあわただしかったせいか、始終ドタバタしてしまいました。

写真もまともに撮ってないし・・・

今年も、なんだかロケットスタート的な我が家ですね・・・

わんこと一緒の旅、今年はどれだけ行けるかな



でも、また楽しい思い出がひとつ増えました


そして、サーフィンしたかったパパちゃんでしたが両日フラット!!!!!

なので大荷物を持って行っただけでした(笑)

まあ、こんな日もありますよねっ




























コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

新年度

2010-01-06 22:06:49 | 是空とあぽろん
すっかり年も明けてしまい、またいつもの日々がやって来た

年末年始は、ずっとず~っとわんこと一緒でした。

もしかしたらこんなに長い時間を一緒に過ごせたのは初めてかもしれません

そうしたら、くーがとっても穏やかな子になりました
日頃の忙しさをいいことに、わんこにとっての大切な時間を充分にとってやらなかった自分に反省

今年はわんこと一緒にいられる時間を少しでも増やしたいです



何事も初心に帰る事の大切さ。

というわけで、我が家に来た頃のくーアポを見てみようと思い・・・
アカン・・・かわいすぎる


お腹ポンポコリン



パピーなのに良く寝る子ではなかったな~




あぽちゃんは、とにかくハンサムできれいな子でした
(すみません、言わずと知れた親バカで



この時期からまだ1年も経ってないんですよね~







是空・・・現在2歳と半年過ぎました



少々あんぽんでもやんちゃでもいいから、元気いっぱい育ってね





アポロン・・・今月1歳になります




肩の事はとっても心配だけれど

そんなことを忘れちゃうくらい明るくて穏やかなあぽちゃん。

できることならどうか、ゆっくりゆっくり大きくなってたくさん一緒に過ごそうね




ひとりでこんなに盛り上がって遊べっるってある意味すごいよね~





皆様にとって素敵な一年になりますように

よろしければ是非、今年もこんな我が家ですが遊んで下さいね












コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加