「見慣れぬ遊戯」亭

ゲーム全般が趣味のテキトー人間が綴る備忘録
月木の26時に通常更新の他、日曜にゲーム会レポ。

紹介/カードゲーム拡張/「ハイテンション利休拡張1 壱と拾」

2017年05月19日 02時01分16秒 | アナログゲーム紹介
 ま た お 前 か (笑)


 原題: ハイテンション利休拡張1 壱と拾
 日本語タイトル: 同上
 デザイナー: 蜂須賀敏浩
 発売: 2017(日)
 可能人数: 3~6人
 プレイ時間: 20分程度
 ボックスサイズ: 100×63×23(mm)
 カードサイズ: 86×52(mm)

 「モジュール型拡張」「バッティング」「故意でも過失でも良い」


 

 またこの顔か(笑)
 だからこの目にはトラウマがあるんだって…面白そうなので買っちゃいましたけど。
 こちらはハイテンション利休の拡張。2017春ゲムマ当日に地元の潜水艦に入ってたので速攻で買ってきました。
 …これの拡張が出るとは思ってませんでした。

 

 大きさはこんな対比。

 

 この拡張で追加されているのは2つ。1つは追加される金子…ではなく茶菓子カード。2種類が追加されます。…ルールを確認して思ったんですが、これ突っ込んた状態でのプレイはテンションと茶菓子のバランスが別の次元に行きそうです。

 

 もう1つの追加がこのカード。「割る」です。

 ……割る?

 このカード、1~5級の茶器と同時にプレイヤーに1枚ずつ配られます。使い方は茶器を出す時に、茶器の代わりにこのカードを伏せるだけです。

 

 するとこんな感じになります。

 

 このカードの効果は「右隣の茶器を割る」なので、その効果の通り右側の1等級茶器を割って使い物にならなくしてしまいます。…ハンマー使ってるし、「過失」はないだろうな(笑)
 で、この結果なんですが…この1等級は当然利休には献上できません…割れたままじゃねぇ(笑)
 次の2等級はバッティングしているのでこれも興醒めなので献上できないので…

 
 
 献上されるのは4等級ということになります。
 なお、1等級が2枚あってバッティングするはずだったのに片方が割られてしまった場合ですが…多分1等級は有効だと思います。割られた茶器は献上するときの対象から除外するらしいので。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 「割る」がものっそい物騒(笑)
 バッティングだけではなく妨害要素が追加されたのでさらに混沌とした場になりそうですよね…困ったもんだ(笑顔)。
 また、追加された茶菓子も両極端すぎるので茶菓子のドラフトでの読み合いが深くなりそうですね…たまーに1人が2枚の茶菓子カードを受取ることになるんですが、最後に何が残るかで最初に取るカードが極端に変わるし、それは賭けです…読み合い苦手なんですよね。
 まだ実際に試していないので今度の身内会でやってみたいところです。

 割れた茶器でも補修して使うこともあるらしいとは「ギャラリーフェイク」でやってましたね。日本での茶碗等は継ぎも美学に含まれるとか…そうなの?

『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 紹介/カードゲーム/「松永... | トップ | 雑記/ 05/21 身内ゲーム会... »

コメントを投稿