☆☆ゆきのおと Yuki's Note ♪☆☆

☆☆名越左源太時敏の玄孫が綴る日々のあれこれや家族の歴史☆☆ 記事・写真などの複写・転載はご遠慮ください☆☆

名越左源太のお墓は?

2017-06-16 23:52:00 | mixi日記アップのお知らせ
名越左源太没後135年

今日は名越左源太(なごや さげんた)の命日。明治14年(1881年)に亡くなって135年になります。と言って、別段何もないのですけど。亡くなった時は「泰藏」でした。数え......


去年はこんな記事を書いていたのですが、
左源太の命日の今日、直系の子孫のお宅のお墓を御参りしてきました。

墓石には「先祖代々」とありましたが、
以前、時成さんの娘さんの子孫の内村氏が纏められた冊子にあったように
直系の子孫の方はあまり詳しいことはご存じないようで、
ここは時成さんの男系子孫の方のお墓であって、
おそらく左源太の墓は存在しないものと思われます。
(※あくまでも推測です。もしかしたら子孫の方のお墓に骨壺などがあるのかもしれないけど、確認取れません)


前にも書きましたが、南洲墓地でスケッチ画を描くうちに、
そこを訪れる方達に何度となく墓石のことを聴かれたことが切っ掛けで
ご先祖の墓石を探しにくる子孫の方達の為に
西南の役で亡くなった方々について調べ聞いたことをホームページでまとめておられた湯場崎さんという方がありました。

☆以前の関連記事:
『墓標を縫って 南洲墓地にて』の作者、湯場崎末次郎様へ。('10. 10/8 記)

そのホームページの(今は無い)記事で読んだところによると、
明治24年の区画整理で、元あった長谷場墓地(福昌寺跡墓地)から、市内の別の場所に移築される際に、
どこぞの墓石屋さんが喜んで持って行ったとか。。。


左源太の墓石には息子・時成による碑文が刻まれていて大層立派だったそうなので、そんなこともあったのでしょう。

おそらくは、無縁仏のひとつとしてそのためのお堂のどこかにあるのかもしれません。

☆以前の関連記事:
これまでの経緯−2('08. 4/25記)
  ↑この記事に書いてある中から抜粋すると、以下の通りです

  ('08) 3/11(火)
   福昌寺にあった墓が移設されたという坂元墓地へ。
  * ネットで探して移設のことを知ったのは↓このHPでした。
              『名越左源太公の墓』(← ☆リンク切れです)

   墓地の管理事務所へ行き、移設・改葬されたという無縁墓の多数の骨壺を見せてもらう。
   名越とも縁のある「町田氏」の名前を多く見かける。

  昭和24年の時点で連絡の取れないものや訪れる人の無い墓は
  全て無縁墓としてまとめられ、供養されたということだった。

   *ほとんどの骨壺の蓋に番号が書かれていたが、
   市の墓地関係部署で訊くと、移設・改葬されたものは昭和40年代に
   まとめて供養され、資料・名簿などは残っていないとのこと。
   左源太のものが果たしてそこにあるのかは不明のまま。

最初に行ったのは2008年の3月10日。結局翌11日再訪した際に上のような状況がわかったのです。
☆以前の関連記事:
坂元墓地で猫の兄弟に出会う(mixi日記より)('08. 3/10 記)

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再びの『名越左源太の見た 幕末奄美の食と菓子』

2017-06-07 02:43:36 | 奄美大島と名越左源太
左源太キーワード検索でヒットしたページで、
ブログ『与論島クオリア』さん、久しぶりに読んでみました。
☆2010年5月3日の記事。食べ物はもちろん、著者の今村規子さんのことなど書かれていて、
その楽しい文章も紹介されています。 ↓
『名越左源太の見た 幕末奄美の食と菓子』

☆以前の当ブログ2010年10月4日の記事→「改めて『名越左源太の見た幕末奄美の食と菓子』の紹介」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曾祖父・名越轟と西南戦争

2017-05-27 23:42:00 | 名越左源太と家族
来年の大河ドラマ『西郷どん』に関連して、最近も西郷隆盛役の鈴木亮平さんや原作者の林真理子さんが来鹿されたニュースがありました。

さて、西郷さんと言うと思い浮かぶ事柄がいろいろありますが、明治十年の役=「西南戦争」もそのひとつ。

これまでにも少し触れたことがありますが→(2010年10月3日の記事「北川町教育委員会様へ。」)、
私の曾祖父も西南戦争に加わり各地転戦していた記録が残っています。

☆きのうと今日のツイートから↓
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

☆なお、これに関連して後日もう少し書いてみたいと思いますが、今日はひとまず取っ掛かりとして記しておきます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島県史料 名越左源太時敏史料

2017-05-20 08:10:40 | 日記
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

さて、2日過ぎてしまったけど、昨年の5月18日の日記。
『鹿児島県史料 名越左源太時敏史料』は現在第1巻から第7巻まで出ています。
県立図書館などにあるので興味ある方はどうぞ読んでみて下さいね。

名越時敏史料六、出ました。
今朝の南日本新聞より。「続常不止集」と「岩瀬之玉」収録。...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月桂院とは

2017-05-19 19:31:52 | 名越左源太と家族
前の記事で「月桂院」の名前が出てきましたが、もう少し詳しく説明したいと思います。
名越家の歴史がここから始まったと言えるお話です。

島津吉貴公と月桂院様の御墓


☆1-後の月桂院・須磨さんは江戸高輪屋敷で島津の若君・又三郎(のち吉貴)様の目に留まり、三男三女をもうける。
☆2-月桂院は第22代藩主・島津継豊の実母で、その兄は妹の薩摩入りに伴い江戸から薩摩に入った後、名越姓を名乗った名越恒渡(つねただ)です
☆3-名越恒渡の孫・恒篤の養子に町田久亮二男・盛尚、またその養子町田久輔二男・盛胤が左源太時敏の父、ということです
☆4-そして、盛尚次男で左源太時敏の実弟は、町田家に養子に入った町田内膳久憲(家老)

また、月桂院が生んだ三男三女のうち、長男は前述の通り、島津家第22代藩主・島津継豊。
そして二男は垂水島津家第9代当主・貴儔(たかとも)。貴儔の長女・都美は従兄である重年夫人となり長男(のちの重豪)を産んだ後、産褥で亡くなる。
 ※ 継豊の長男=宗信、同じく二男=重年

以上は、時成さんの子孫・内村八紘さんの『名越左源太と長男・時成(変名・三笠政之介)』に基づくもの。
また、一部は黎明館史料と照合・検証されています。


 このように、いろんな事象がめまぐるしく我が身にのしかかってきた為、これまでの長きにわたりこのブログに書いてきました。
そろそろ一応の区切りをつけようと考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のツイートから

2017-05-19 18:41:45 | このブログのこと
今日は、改めてこのブログを書き始めた切っ掛けをTweetしてみました。
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

☆ 画像は第21代藩主・島津吉貴様の墓の隣にある、月桂院(元、名越恒渡の妹・須磨)様の碑文(於:福昌寺跡墓地 '08.2/29撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「皷川タンタドの名越左源太別邸跡」

2017-05-08 15:10:21 | mixi日記アップのお知らせ
2008年3月9日のmixiフォトアルバム日記より
3月6日に撮影した「皷川タンタドの名越左源太別邸跡」
過去日記にアップしました。

☆ 写真多めです。

その前日のmixi日記は以前アップしましたが、
関連する記事なので再度ご紹介します。

☆2017年4月29日『「名越左源太別邸跡→残るはお墓探し」のお知らせ』と、
2008年3月8日の『「名越左源太別邸跡→残るはお墓探し」mixi日記より』

☆「名越左源太屋敷跡」表示板の修正後の写真はこちらをどうぞ→『明治維新とかごしまみて歩き』さんのFB画像より
  よく見比べて下さい。「Magoya」が「Nagoya」に「N」の字だけ上書き修正されていますよ(笑)ありがたいことです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町田家墓地(石谷)

2017-05-08 15:03:50 | 歴史探索
いつか探してみようと思っていた町田家の墓地。
偶然見つけたのは4年ほど前の、2013年5月22日。

フォトアルバムも作ったけどブログ記事にも記しておこう。

☆フォトアルバムを貼ってたつもりが、画像表示されていませんでした。。ごめんなさい🙇‍♀️
☆改めて画像貼っておきました。お楽しみください♪ 〈 '17. 5/19 追記〉
よく見ると「おおっ!」というような名前があると思いますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)♪

町田家墓地(石谷)






こちらには町田久成や小松(帯刀)清廉[きよかど]の名前が!!
町田久長は久成のお父上。久成の母・国子の妹は小松清廉の妻・お近さん


この郷九郎さんはどなたでしょうね…久ともの名はどこかで見覚えが…



こちらにも小松清廉の名が刻まれています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ「おじゃったもんせ」ご紹介

2017-05-08 11:06:37 | 歴史探索
読者登録させていただいているブログ「おじゃったもんせ」さん。

ブログ記事にコメントさせていただきました。

ツイッターで歴史好きなフォロワーさんたちにもお知らせしました。

折角なのでここでご紹介します。
☆ ツイート枠内のリンク記事をクリックして読んで下さいね♪

<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「目黒区の大円寺」

2017-05-02 23:41:25 | mixi日記アップのお知らせ
2008年3月5日のmixi日記より
「目黒区の大円寺」
過去日記にアップしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加