アウトドア日記

山歩きなどのアウトドアの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

紅葉始まる氷ノ山 2017年10月11日  その1

2017-10-15 13:51:57 | 山歩きと山野草
氷ノ山 その1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪府河内長野市の自宅を出たのが午前7時。10時には歩き始めている予定でしたが 高速道路が大渋滞で
ビジターセンター「響きの館」に着いたのが 11時30分ちょうど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

建物は石張りの巨大な建築物で 豪華なホテルのようです。どこがお金をだしているのでしょうか。
そういえば島根県の三瓶山のビジターセンターも 豪華でしたけど。資金は国のお金でしょうか。
こんな豪華な建物は必要ないと思いますが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山地図を貰おうとすると 100円取られました。こんなバブリーな建物を造りながら ちゃちな地図に
100円取るなんて アンバランスな金銭感覚ですねえ。

担当の方の説明では 仙谷コースは先日の台風で沢筋道が流されて 非常に分かりにくい沢になり迷う人が
続出しているそうで、歩かないほうが無難だといわれました。

そこで氷ノ越コースをお勧めしますという事なので「氷ノ越コース」を歩くことにしました。  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

教えられた駐車場に移動して 山歩きの支度をして スタートしたのが12時ちょうどです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キャンプ場の中を歩いていきます。青空の下紅葉が始まっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここを曲がります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山口です。山頂まで3.6キロ、約2時間前後の道のりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

突然 鹿猪バリアがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

町道登山口からの道とここで合流します。昔はこの町道からの道で お伊勢参りをしたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらく山道を進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沢を渡ります。何沢と言うのでしょうか。地図に書いてません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この山はスキー場が多く、豪雪地帯なのでしょう。立ち木が 雪の重みですべて曲がっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あちこちで 紅葉が始まっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は気持ちのよい青空です。明日からの雨続きが嘘のようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

峠に着いたようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

氷ノ越到着です。この峠を越えて但馬へ抜け、お伊勢参りするための道が「伊勢道」と呼ばれたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このお地蔵さんも道しるべのひとつで 江戸時代に設置されたものだそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今までは谷筋を歩いてきたのですが 今度は明るい尾根道を歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時々左手に山頂が見えてきました。避難小屋の屋根が見えるので直ぐ分かりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明るく開けた尾根道歩きは 青空の下 とても気持ちのよいものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広葉樹の森は紅葉が始まっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やがて急登が始まりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急登の左手には 山頂が見えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急登は続きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂が次第に近づいてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その2へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

紅葉始まる氷ノ山 2017年10月11日  その2

2017-10-15 13:51:13 | 山歩きと山野草
氷ノ山 その2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

尾根道の左手に兵庫県養父市のスキー場が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂が近づいてきます。時々避難小屋の屋根が 光ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂の手前に巨岩が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広場に到着しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

標識によれば「仙谷口」と言う場所で、仙谷コースを上るとここへ出てくるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次第に巨岩が近づいてきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂へ後500mという標識の場所から、なんと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きれいな石畳の道が現れて、びっくりです。

この山は古来須賀の山と呼ばれ、山岳信仰が盛んな山で 山頂には須賀の宮神宮があり、沢山の人が参拝したと書かれていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂に着きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂避難小屋です。テレビ番組のグレートトラバースで田中陽希さんが吹雪の中、ここに登ってきて
沢山のファンが吹雪の中で待ち構えていたのを見て「皆さん早くこの小屋に入ってください。体が冷えますから」
とみんなで入った小屋です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂モニュメントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

須賀の宮神宮はかなり大きな神社だったようです。説明看板に写真がありました。
今はこの石の社が記念に建っていますが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

避難小屋の中です。きれいに整理、清掃されていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

付近の説明図です。これを見てから周りを見渡したのですが、南側だけは良く分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西の方角です。私のホームグラウンドの大山が見えるはずなのですが、分かりませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東の方向です。説明看板にある 神大ヒュッテも東尾根も分かりませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

南側に休憩所があるので行ってみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

説明看板にある「三の丸休憩所」が見えています。其処への縦走路も良く分かります。
四国の剣山山頂から見た 南側の次郎笈への縦走路とよく似ています。時間があれば歩いて見たくなります。
今度機会があれば ぜひ歩きたい道です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

休憩所で カップ麺とおにぎりを食べました。ここへ来る途中の「道の駅若桜」で買った古代米のおにぎりは
びっくりするほどおいしくて 感心しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さあ下山します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの石畳道を降ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩いてきた尾根道が正面にはっきりと見えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色づいた葉っぱを見ながら気持ちよく歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
氷ノ山 その3へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

紅葉始まる氷ノ山 2017年10月11日  その3

2017-10-15 12:41:28 | 山歩きと山野草
氷ノ山 その3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

素晴らしい頭上の紅葉を見ながら歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スキー場の手前の紅葉も素晴らしい色です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紅葉の先にこれから引き返す尾根道が見えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仙谷口に戻ってきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

張り紙にも仙谷コースは 崩れて危険だから 歩かないでと書いてあります。
ここから下りるのはやはりやめて来た道をそのまま引き返します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見事な紅葉を見ながら のんびりと尾根道を下ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

灯篭岩という標識があったので キョロキョロと探すと かなり下の方に2本立っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紅葉の尾根道を気持ちよく歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

氷ノ越に帰ってきました。このあたりで山道の補修工事をされていました。ご苦労様ですと声を掛けて
左の谷道へ下山します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

右手に赤倉山を見ながら急降下します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沢を渡り
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伊勢道の石畳を過ぎた頃
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

分岐標識があり、「展望台へ400m」と書いてあったので そちらへ歩くととんでもない荒れ果てた急登でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

途中から道や踏跡は亡くなりますが微かな踏跡を探しながら進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

突然標識が出てきたので一安心。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でも道は無いので藪漕ぎしながら下ると
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朽ち果てた展望台があります。とても人は乗れません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからは施設全体が見下ろせます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥取県若桜町の氷ノ山スキー場です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸いここからは道があるのでジグザグに下ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはなんでしょうか。植林した苗木が鹿に食べられないように 袋をかぶせているのでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日歩いた甲武信岳林道のようにこの森も野蕗が満開でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場に帰着しました。車は私一人です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

着替えていると急に雲が山の上から降りてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今までの青空が嘘のようにたちまち雲に覆われてしまいました。明日からは当分雨が続きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩いた記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高度と距離の記録です。
12時にスタートして 帰着は16時。4時間の歩行で そのうち40分ほど山頂で休憩しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は 秋の因幡の風景です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

樹氷の三峰山からなんと富士山が。しかし下山中ジグザグ道を横着して道を間違えてひどい目に。2017年1月26日 その1

2017-01-30 00:25:24 | 冬の山歩き
2017年1月24日に三峰山へ向いましたが、折からの寒気団の影響で大阪和歌山県境の峠が
雪で真っ白になりました。

とてもこれでは いくら私がスノータイヤを装着していても100キロ以上ある奈良三重県境の
三峰山へたどり着けないと考えて急遽引き返して金剛山へ行きました。

中一日置いて再び三峰山へ向いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三峰山その1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

河内長野市の自宅を出てから、紀見峠を越えて京奈和道橋下インターから高速に乗り
五條北で降りて 吉野を経て大宇陀から御杖村へ向ったのですが ずっと氷点下表示でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良県大宇陀あたりも 道路はバリバリ音を立てます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんとマイナス6度の表示です。そういえば 道路は光っているなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御杖村登山口、第一駐車場は 満車ですが 端っこに無理に止めました。
何台かは 第二駐車場に止めたようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山支度を整えて、歩き始めたのは10時10分です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらくは林道を歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登り尾コース登山口です。帰路はここへ降りてくる予定です。
実際は道を間違えて とんでもない目に会いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

林道を歩いていくと 見覚えのあるトイレの屋根が見えてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の登山口の不動の滝コース入口です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらく山道を歩きます。沢山の人が歩いて 踏み固められて道はツルツルです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥居が見えてきました。滝の入口です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

滝が見えてきました。手前の小屋の中でアイゼンを装着します。
これから滝の高巻道を登るので 滑落したら大変です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高巻道の急登をします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

滝の最上部の祠を過ぎるとジグザグの山道が始まります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジグザグの急登を30分以上続けます。植林帯の中なので 面白くないったらありゃしない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かなり歩いて上を見上げても 尾根はまだまだ見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時々先行者が 見えますがまだまだジグザグが続いているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ああ、あれが尾根かと何回か騙されると
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ようやく本当の尾根にでました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

避難小屋に到着ですが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

早く山頂へ行き 樹氷が見たいので 小屋へは入らずに進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何人かの人が 植林帯の樹氷の写真を撮っていますが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まあきれいなことはきれいですが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

早く山頂へ行かないと樹氷が溶けるので、先へ急ぎます。
このあたりでも樹氷が少し溶けて落ち始めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三峰峠です。新道との合流点です。あそこから山頂までもうすぐです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三峰山 その2へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加

樹氷の三峰山からなんと富士山が。しかし下山中ジグザグ道を横着して道を間違えてひどい目に。2017年1月26日 その2

2017-01-29 23:13:51 | 冬の山歩き
三峰山 その2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このポイントで新道と合流して 山頂までの尾根道になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはり 樹氷は青空とのコントラストがいいですねえ。これを見に来たのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

樹氷のトンネルを潜って進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八丁平分岐です。山頂から八丁平へ周り ここへ出てきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御嶽山ビューポイントに来ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は今までここから御嶽山を見たことはありません。御在所山からは噴煙を上げる御嶽山を見ましたが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白く雪を被った山々が見えます。真ん中は伊吹山でしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伊勢湾でしょうか、海が見えます。その手前に渥美半島のような陸地が見えたので写真を撮りました。
しかしこのときその奥に白く高い山がみえていたはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰宅してパソコンで見てびっくりしました。富士山が写っていたのです。
尤もコントラストを少し強くしていますが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地図で見ても やはり伊勢湾と渥美半島の向こうに富士山があります。
直線で約250キロです。驚きでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのビューポイントから少し歩くと 人の声が聞こえてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂到着です。沢山の人と 犬までいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂標識周りの樹氷もとてもきれいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中央に見える二瘤の山は 曽爾高原の倶留尊山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらく景色を楽しんでから 八丁平へ向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩きながら右を見ても
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

左を見ても雪がかなり積もっています。この斜面は南向き斜面ですが雪は溶けていません。
気温がかなり低いからでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八丁平到着です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夫婦仲良くお弁当を食べていて ほほえましいのですが 滑ったら大変ですよ。気をつけて。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

集落が見えますが 三重県飯高町のはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう少し先へ行ってみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白い山並みは 台高山脈縦走路のはずです。奥駆はその奥です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

振り返ると先ほどまで居た山頂です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風も無いので眺めのよいここらでお弁当を食べます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お弁当も食べ終わり、さあ下山です。先ほどの八丁平分岐へ向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三峰山 その3へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事をはてなブックマークに追加