ヤマトタケルの夢 

―三代目市川猿之助丈の創る世界との邂逅―
★歌舞伎・スーパー歌舞伎・その他の舞台★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

澤瀉屋一門今後の予定

2014-12-31 13:21:12 | 歌舞伎
★当ブログは個人が運営するものであり、
市川猿之助/猿翁丈・おもだか会・オフィスえん・松竹株式会社とは一切関係ありません。
★歌舞伎美人編集部様より、トップページ以外の記事へも直接リンクの許可を頂いています。
(当ブログでは、澤瀉の役者さんの出演・イベント情報・インタビュー等へのリンクがメインとなります。)
★公演情報等は、興行元・媒体などの公式情報公開に基づいて掲載していますが、
急な変更等に備えて、必ず劇場や興行元HP・チラシ等でもご確認ください。
予定がTOPに来るよう未来日付にしました。新着記事はこの下となります。

11月03日記事更新三代目猿之助さん関連のDVD・著書


<初演のヤマトタケル制作秘話>
「翔・市川猿之助ファンの広場」(三代目のファンサイト)の記事へリンク
ヤマトタケル報告白書 1
ヤマトタケル報告白書 2

イベント情報

メディア情報

公演情報
◇平成26年11月1日(土)~25日(火)明治座 市川猿之助奮闘連続公演
 明治座 十一月花形歌舞伎
 市川猿之助 市川右近 市川笑也 市川團子 市川猿弥 市川笑三郎 市川春猿

◇平成26年12月2日(火)~26日(金)歌舞伎座 十二月大歌舞伎
 市川右近 市川笑也 市川猿弥 市川笑三郎

◇平成27年1月2日(金)~26日(月)歌舞伎座 壽初春大歌舞伎 夜の部 黒塚
 市川猿之助

◇平成27年2月1日(日)~25日(水)大阪松竹座 松竹創業120周年
 中村翫雀改め四代目中村鴈治郎襲名披露 二月大歌舞伎
 市川猿之助

◇平成27年3月 新橋演舞場 4月 大阪松竹座 スーパー喜劇「かぐや姫」
 ※市川猿翁がエグゼクティブスーパーバイザーを務め、
  市川笑也、市川猿弥、市川春猿、市川月乃助、市川寿猿、市川弘太郎が出演予定

ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

扉座イカサマ歴史劇シリーズ第1弾 『おんな武将NAOTORA』

2014-11-03 00:51:36 | 扉座
ず~っと放置ですみません。テンプレートが桜だったよ~。
ちょっと体調が悪かったり忙しかったり。
10月は演舞場は行けませんでした。

で、今日(厳密には日付変更線越えたので昨日)
扉座の新作
扉座イカサマ歴史劇シリーズ第1弾 『おんな武将NAOTORA』
観てきました~。台詞劇との謳い文句、シェイクスピア劇みたいな
感じでやりたいという横内さんのコメントを読んだりしていたので
結構、理屈っぽい感じになったりしちゃってたらやだなーと
思っていたけど、シェイクスピアより(笑)わかり易かったです。

テンポ良い展開で、台詞で引っかかるところもほぼなく
説明的過ぎず、ちゃんと芝居で見せて、
かつ、いつもの(?)扉座テイストで、結構くだらない(←褒めてる・笑)
笑いを取りにいこうとする場面もぶっこみ
そして、ふっと胸を打つような、
ちょっとホロリとする場面も散りばめられていた。

そして、おもだかファンなら、おいおい横内さん!(笑)
とつっこめる演出もあり。

11月3日楽、当日券も出るようです。
8日9日は、横内さんのホームグランド厚木。


詳細はこちら→



↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LEADERS リーダーズ 香川照之 市川右近 中村橋之助!!

2014-03-22 20:49:06 | その他
ただいま帰宅して知りました~!!

今夜から2夜連続で放映されるTBSのドラマに
香川さん、右近さん、橋之助さん、だいぶ昔に(笑)右近さんと
噂になったこともある、宮沢りえさん、その他豪華キャスト!!

チャンネルはこちら↓↓

LEADERS リーダーズ 


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者 みんなのプチレポ セカンド!

2014-03-16 22:49:14 | 歌舞伎―襲名披露
◇アラフィフ男性 中学生時代からのおもだかファン

空ヲ刻ム者  若き仏師の物語

私的には、合格点です。
前半はややおさえめ、後半から爆発、
そして、終演感動、
やはり、スーパー歌舞伎はこうでなくちゃです。

前半おさえぎみに、ちょっぴりガッカリしていましたが、
後半をひきたてる為、でしたね。

衣装デザイン、そして音楽はところどころに
いままでのスーパー歌舞伎を使っていて
マニアにはうれしくも有りました。
豪華絢爛さには欠けましたけど。

やはり私は数年前から、仏像を製作しているので興味深く観劇。
私の大好きな内容となり、右近さんの不動のせり、
後はいの火炎の動きは歓びでした。
完全に私の心の的を得た感じです。

現代劇の皆さんは私的には少ーし歌舞伎には向かないかな?
観る方々の好きずきでしょうが。
笑い多すぎ?。

結論は ことしの作品の題材に決めようかな?と思いましたので、
後日もう一度上京して再度観劇致します。


**********************************


私も本日16日2回目の観劇。
初日より一幕と二幕が時間割によると5分づつ
短くなってました。
終演後演劇ファンの友人たちとあれこれ4時間ほど
芝居談義。明日が仕事でなければ、もっと話せた~(笑)
いろんな立場でいろんな角度からの感想。興味深いです。
一人は初演のヤマトタケルから観ているおもだかファンでもあるけど
厳しい駄目出しもあり。そんな感想も興味深い。

自分の感想もあらためてアップします。
&観劇記募集中~(笑)


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者 みんなのプチレポ

2014-03-12 21:17:46 | 歌舞伎―襲名披露
◇笑也ファン(スーパー歌舞伎八犬伝から)

先日は初日の報告ありがとうございましたー
今日夜の部観てきました。
今亀ちゃんがやりたい事を詰め込みました(予算の許す範囲。。。(^^;;)ですね
スーパー歌舞伎ヤマトタケルの初演は観られなかったけど、
セカンドのスタートに立ち会えて良かった!

笑也さんもなかなか良いお役、ウフフ
亀ちゃんありがとー*\(^o^)/*

迷いの雲を断ち切って、、、なんてセリフ、泣かせるじゃないのー


◇亀ちゃんファン(アラサー)

土曜日に行ってまいりました★
露骨に財政難を感じましたね…1幕が動きが少なくて余り面白く感じず、
どーしよう(←何を?)と正直思ったのですが、
2幕3幕と進むにつれて、
良くも悪くも色々引っくるめてスーパー歌舞伎っぽい世界になってきたぞ~と
乗ってきた所にお約束のドカ雪で狂喜~
ラストが派手だったから、とりあえず気分良く劇場を後にしてきました(爆)…

が、何となく時間が経つにつれてモヤモヤ。
蔵さんありき、だから、仕方ないのでしょうけど、
<歌>と<舞>がもうちょっと欲しいなぁと。
客席も若い人が多くて、沸いてましたけど、
トイレ並び中とか「普通のお芝居だよね」という声が結構聞こえて、
褒め言葉なんでしょうけど、その辺がひっかかる感じです。。。

超今更ですか、昨夏の竹三郎の会での
「女団七」のタイトルロールが近年の出色の出来でしたが、
なかなか4代目の代表作というのにも出会えなそうな予感(´~`;)


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者 初日観劇 プチレポ

2014-03-05 21:34:31 | スーパー歌舞伎
またまた久しぶりの更新となってしまいました。
スーパー歌舞伎II(セカンド)初日行って参りましたので
取り急ぎプチレポ。


さすがデフレ時代のスーパー歌舞伎、お金かかってないね~と
思いながら見てましたが(笑)(特に一幕)
三幕で、まあまあこれまでのスーパーっぽい派手さも?
予測していたより斬新さはなくて、今までのスーパー歌舞伎を踏襲。

初期スーパーにありがちだった
説明的なセリフが続く部分も多いけど、
ストーリー展開はわりとよく出来ているなと思いました。二幕まで(笑)

三幕はやっぱりファンタジーになっていきましたが
「仏師」なんて地味に思えるテーマを
なんとかエンタメに昇華させたかなと。
蔵之介さんや福士さんの出演、
大好きな仏像をテーマにしたり、亀ちゃんの嗜好(志向)が結実?

私たちはどうしても、過去の作品の記憶があるから
比べたりしてしまうけれど、
私の後列にいた若い子たちが「ヤバイよ、これヤバイ」連発。
他に語彙はないのか!と思ったけど(ヒトのこと言えるのか>自分)
大感動した気持ちは伝わってきたし、
リピートしたいみたいだから、よしとしましょう。


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へにほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

市川猿之助 春秋座特別舞踊会 2014年2月3日

2013-11-15 21:31:27 | 歌舞伎




↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢は、宇宙(そら)飛ぶ歌舞伎役者―市川團子、9歳―

2013-10-20 17:46:43 | 歌舞伎―襲名披露

買ってしまいました。プレジデントFamily。

巻頭カラー6頁に渡っての特集です。

團子ちゃん、2歳~6歳まではインターナショナルスクールだったのね~。

能楽のお稽古の様子や、楽屋での様子(月乃助さんとのショットもあり)など

ふだん私たちが伺い知れない部分についても記述があり、楽しく拝読いたしました!!

三代目がいたずらっ子だったこととなぞらえての寿猿さんのお話にもほっこり。


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

扉座 ミュージカル バイトショウ 観劇レポ

2013-10-17 00:02:41 | 扉座

注)大ネタバレ大会ですw


気分はキャメロン・マッキントッシュの横内さん?!

もう、バイトショウのオープニング、ミス・サイゴンかと思いましたよ~(笑)

ミシンの音がヘリの音に聞こえて。可動式のパネルの文様もなんか

ミスサテイスト(ミューヲタの勝手な心象か?)

幾つかのアンサンブル曲が意外と(失礼!)スタンダードなミュージカル曲っぽくて

耳馴染みよく惹きこまれます。ミューファン好みの転調具合とか。

私の一番の耳ツボは、ジャンヌダルクと民衆の役の稽古シーン。

初見はあれこれ気になるから、一点集中は難しいかもしれないけど、

リピする方は意識的に聴いてみて下さい~。

品川(梁瀬さん@演出家役)と座員さんの『対話』という楽曲

アンサンブル(座員さん)の√未だに親の扶養家族~のハモり!!

きゃ~ミュージカルや~ミュージカルや~って!!(あほ>自分)

 

ソロ曲ではリサちゃんが歌う『ママはストリッパー』

グランドミュージカル方面では(そうでなくてもかな)絶対的に観客の心を掴む曲があるけれど

バイトショウに於いては私はコレ!!リサちゃんの歌唱力と説得力も素晴らしくて。

プレ会見のときからもう心掴まれましたけど。

♪裸の女が踊ってた~のメロ、ゾクゾクします。

オリビアを聴きながらのリサちゃんの『Walking in The Rain』の歌唱も

大好きだったのだけど(あ~んな面白い、間の良い芝居して、ガンガンピアノ弾いて

かつ、あんなにしっとり歌い上げることも出来て、もう扉座の天才少女!と思ったよ~)

(いや、努力の人なのでしょうけれど)

是非、オン・マイ・オウンとか聴いてみたいわ~。ミューカラオケ行こ~!!(笑)

 

『短い恋』という、これもミュージカルのデュエットナンバーっぽさのある

良い曲なのだけど、新原くんにもうちょっと、頑張ってもらいたいなー。

正直な感想を言わせて(書かせて)頂くと、ミュージカル武者修行?に出ていたという

ふれこみの岩本さんにも、もっと頑張ってもらいたいぞ!

 

「風船ダンス」は最後まで曲が決まらなかったのかな?

台本では「サンキュウ☆ダンス」となっている。

ここは、レット・イット・ビーが投入されてました。でも、これがまた、すごくはまっていて

ふだんのストプレのときも、BGM的に入ってくる曲のセンスいいな~と

思っていて、一度、横内さんにご自身で探すのか伺ったことがあるけれど、

音楽担当者の選曲なのだそう。今回も?

※(10/27追記。オリジナル曲以外のこうしたダンス曲は

ラッキイ池田さんがこれらの楽曲で振付されたそうです。)

レット・イット・ビー、良かったです。ダンスの意匠も面白いね。

 

そして、なんだよ炎のランナー(爆)←褒めてる。

 

まあ、ほーんと笑わせて、ほろっとさせて

ほっこりさせての扉座テイストも存分に味わえます。

 

『バイトショウリプライズ』で2拍子が起こるのも

(若干煽らせて頂きました)ミュージカルっぽくていい。

 

ストーリーは夢見る若者への応援歌になっていて、

特に、こういう世界を目指したい人への

横内さんからのメッセージとなっているのだけれど

この世界でやってきた自身へのオマージュでもあるように感じるし

(個人的に聞きたいのは、ゼロからの創造への苦悩のあまり

女にしがみつきたい衝動にかられたことがあるのかどうか、とか・笑)

いつも、若い人に若い人に(観てほしい)って言ってるけど

(三代目もよく言っていた。その頃は、その業界ご贔屓筋では、私は、若い方だった・笑)

でも、やっぱり、この物語に内包されるものをより強く感じるのは

横内さんと同世代だったり、来場しているアラフォー以上の

長く劇団と一緒に歩んできた、中高年扉座ファンじゃないかと思うのよ~。

あと同業者?自分の10代、20代を振り返って?

 

だいたい、横内さんの挟むコネタ、平成生まれに分かるのか~(爆)って

感覚のものも多く。(今回に限らず)

※余談ですが、劇団新感線の芝居を1984年生まれ(まだ昭和!)

と観に行ったとき、コネタがことごとく理解出来なかったと云われた~(笑)

 

生粋の(?)ミュージカルファンが観ても

(あるいはミューファンだからこそ?柳瀬さんを知っているからこそ?)

クスっと笑えるネタも投入されていて、

ミュージカル俳優の「花瀬泰輔」だったり、演目が「美女とケダモノ」だったり

先生役のときの楽曲がフィガロの結婚からだったり(今春、柳瀬さんご出演の

「ロック・ザ・フィガロ」を即効、思い出しました!これも日本発の素敵なミュージカルでしたよ!)

あと、ピアニスト・ケーコがレントの件りを語り始めたとき

レントの楽曲の数々が頭を過ぎり脳内涙腺決壊。ここでレント曲のサワリでも~

と思ったけど、版権の都合もあるからダメかー。いや、著作権料払えばいいの?

 

厚木は前方席だったので、あまり全体や照明効果が良く見えてない部分もあったけれど

高円寺に移って、照明効果も

あとクラブドアーズの密度も一層アップしたように思います。

観客が本当に一緒にドアーズのお店にいる感覚。

(私、普段のお芝居のときは、前列を希望しますが、高円寺初日は後方列で拝見。

床にあたる照明も含め、トータルに味わえました。)

 

なんだか、とりとめのない感想となりましたが

高円寺から戻って勢いだけで書いているのでご容赦~。

 

↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おもしろ・ザ・歌舞伎 スペシャル 市川月乃助

2013-10-07 23:02:13 | 歌舞伎

池袋コミュニティカレッジの講座に月乃助さん

おもしろ・ザ・歌舞伎 スペシャル~市川月乃助さんを迎えて~

   
 開催日 11/22(18:00~19:30)
 回数 1回
 講師
歌舞伎役者 市川 月乃助
歌舞伎コメンテーター 鈴木 治彦
   
詳細・申込方法はこちら  →
   


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

扉座ミュージカル「バイトショウ」 座長横内さんも出演!!

2013-10-05 22:39:07 | 扉座

過日扉座さんの本格ミュージカル「バイトショウ」のプレオープン会見に参戦。


宣伝すること確約!の上なのにアップ遅くなりすみません~。

(でもFBにはリアルタイム投稿したのよ~)

もう、横内さんの口から 「アンドリューロイドウェバー」の名を聞こうとは(笑)

それより頂いた企画書の中に、「RENT」について言及されていたりして

(音楽監督の深沢桂子さんの「RENT」との邂逅の件もぐっと来ました。)

ここ数年のミューヲタとしてのツボもちょっとくすぐられて来ました。

横内さん気分は、もうマッキントッシュなのだとか(笑)

※歌舞伎でロムしてるのよ~という方へ(笑)
アンドリューロイドウェバーミュージカル界の有名作曲家!

キャメロン・マッキントッシュミュージカル界の大プロデューサー レミゼ、ミス・サイゴン、オペラ座の怪人etc

 

「音楽劇」のオリビアを聴きながらはとても良かったので、

やだな~なんちゃってミュージカルみたいなのやるんだったらやだな~なんて

思っていたのですが、音楽監督と四季OBOGの参戦を知ってまず安堵(^^)

 

 

披露されたアンサンブル曲が、これはミュージカルファンには

いかにもな耳馴染みの良いメロディーです。

 

そして、オリビア~のソロが(も)とても良かった鈴木里沙ちゃん。

彼女は芝居もすごく上手くいのだけど、オリビア~ではがんがんピアノ弾いているのと

情感豊かな歌声がとても素敵でした。SING IN THE RAIN~♪の歌は

今も彼女のパートが真っ先にこだまします。

 

 

そして、な~~んと横内さんも全ステ舞台に立つと発表。

これは、座員さんもこの日まで知らなかったそう。

私が見始めたころは、もう、横内さんは舞台に立つ方ではなかったので、こちらも楽しみ~。

曲はすべてオリジナルで、作詞はすべて横内さんだそう!

日本語を音符にノセるのは、海外作品の訳詩をされる方々がいつも苦労されていて

どうしても欧米語より少ない言葉数で、歌い伝えなければならないから。

幕末ガールやげんないやアトムはミュージカルなのかな?

見てないので、すでに、そういったミュージカル的なものの蓄積はあるよ、

と言ったあたりが私には分からないのですが

(私にとってどうしても、横内さんはスーパー歌舞伎の劇作家というのが基本で

扉座のお芝居は百鬼丸くらいから。一番、私にとってしっくりくるのは

朝右衛門とか東下り、前回の扉座公演つか版忠臣蔵も良かったー!!)

なんだか、ものすごい決意?!が伝わってきたのと

一部、稽古シーンを見させてもらって、この作品の完成した姿がとっても

楽しみになりました。チケットもリーズナブルなので、是非、皆さんもお運び下さいね。


◇扉座公式サイト→

コア扉座ファンの皆様の愛あふれる、そしてもっともっと詳細なプレ会見のレポもリンクされてます。

ただし、私もこの日、まさしく某ミュージカル関係で一日忙しく会見前に、劇場へマチソワ日だったため

海外キャストも含めランチボックス差し入れ、ギリ錦糸町到着で1メーターなのに

ヘイタクシー(ごめんなさい)。終わる前に退席しソワレ観劇だったとです♪♪♪


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい小さな澤瀉屋

2013-10-05 22:17:02 | 歌舞伎

 

10月国立劇場が開けましたね。

初日と本日5日観劇済です。

亀ちゃん(現:四代目猿之助)があっという間に育ってしまったあと(笑)

こんな小さな澤瀉屋が存在することが何か不思議な感じでもあり

三代目のお孫さんかと思うと、ただただ無条件に愛しくもあり。

金太郎くんと二人でとても、丁寧に

一生懸命お稽古したんだろうな~ということが伝わる胡蝶でした。

拍手も一番大きくもらっていたかな(笑)

まだ見ぬ未来が待っている・・・のかなー。見ることが出来るだろうか。

 

ゆるきゃら でんちゅうくんとくろごちゃん

 

↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南座 詳細情報発表!!

2013-08-29 19:09:19 | 歌舞伎―襲名披露

 

京都四條南座 京の年中行事

當る午歳 吉例顔見世興行

          東西合同大歌舞伎
        二代目市川猿 翁
        四代目市川猿之助 襲名披露
        九代目市川中 車

平成25年11月30日(土)~12月26日(木)

◇詳細はこちら

 

猿翁さん、段四郎さん、体調に留意されながら是非是非ご出演頂ければと思います。

これまでの襲名興行とまた違った顔合わせで興味深いですね。


↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満員御礼の日 

2013-08-23 00:47:23 | 歌舞伎

 

 

私が観に行った日ではないので、当初「満員御礼出てたよ!」の連絡を受け

まあ、小さな札でも出ているのかな~とか思っっていたら、この大きさ!

記念に画像も送ってもらったのでアップ!!

 

↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪 新歌舞伎座『新・水滸伝』 2

2013-08-22 12:18:59 | 歌舞伎

時間的制約もあるかもしれないけれど、林冲の過去がすべて説明で終わってしまう。

起承転結の「起」の部分が弱いかな。林冲の兵学校の教官としての、妻との生活を見せ、

陰謀にはめられていくまでの悲劇と別離、それと並行して時代背景と梁山泊の存在を示し

両者が出会い、結びついていく流れを。

林冲の葛藤の源も芝居として見せることが出来たなら、彼の再生?蘇生していく過程も

よりドラマティカルなものになるんじゃないかな、と思う。

 

今のスタートだと、まず「対立」ありき。「敵」ありき。

で、何故そうなのかが、説明的要素が多く、一幕、もたれる部分もある。

 

王英と青華のエピソードは、恋のストーリーという以上に

王英のキャラクターを立てることに有効となっている。

青華と花嫁衣裳なんて言葉が出てくる件(くだり)や、王英と手を重ねるところは

どうしても、新・三国志のパート1、玉蘭を彷彿させる。

女でありながら剣を持って闘うところ、二刀流などなど。

ポニーテール(笑)も。

いろいろ、いいとこどりすぎる(笑)ところはあるけれど、

これが初めて、スーパー歌舞伎にしても

四代目の「ヤマトタケル」で知りましたーという新規の観客にとっては

新感覚の「歌舞伎」として映るのでしょうね。そして、そこからまた

繋がっていく出会いがあるのかも。

 

ほぼ、アテガキと思われるので、それぞれの役者の個性にフィットしているというのは

役作り以前にアドバンテージがあると思うけれど、

ありきたりな言葉しか思い浮かびませんが、ホント、

「適材適所」で、どこもかしこも埋められていて説得力のある配役。

 

そして、笹原さんが居て下さることで、歌舞伎組だけでは

埋めきれないスペースが補われている。

 

つづく

 

↓↓ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポイント募金