気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

大菩薩嶺(2014.9/23)レポ

2014年09月30日 | 山歩き

今回は義姉(トシちゃんの兄嫁)と三人。
一週間ほど一緒にあちこち歩いてきました(^^ゞ

いつもは土日祭日に歩く我らですが、
今回は一週間休ませてもらい、姉の希望で平日歩き♪

メインは南アルプスの甲斐駒と仙丈ケ岳でしたが
少し前に療養中だった姉の兄上様が亡くなったため
その兄上様が歩いたことがあるという大菩薩に
供養登山することになりました。

前日いつもより少し早目に出て上日川峠登山口へ。
トシちゃんはテント、姉と私は車中泊。
駐車場は無料。トイレが側にあって便利です。

朝はゆっくり起きて朝食を済ませ7時半ごろ出発。


そんな姉のよんどころない事情により一週間延期したため
初日は秋分の日(お彼岸のお中日)になりました。
これも巡り合わせでしょうか。




姉とはかつて榛名山や尾瀬、伊吹山、白山など
一緒に歩いたことがありましたが
久しぶりの山行でした。


その姉も又、昨年の春大病をしました。



歩き出して間もなく、私が携帯を車に忘れたことを思い出し
私だけ引き返しましたが、すぐに追いつくだろうと
思っていました(^^ゞ



ところがまさか、私の方が体力落ちていたなんて^^;

いえ、この時はまだ忘れ物を取りに行っていましたから
仕方ないと思ったのですが・・・

あぁ、足が重い・・・^^;



福ちゃん荘で待ってくれていた二人、
休むことなくそのまま歩く私。



唐松尾根へ


少しずつ紅葉が始まっていました。






きれい♪なんて写真を撮っている間に
2人との距離は離れるばかり^^;

振り返れば富士山が見えるスポットで振り返っていますが


富士山は見えません(^^ゞ


追いついては写真を撮ったりしているので
すぐ離れてしまいますが、この頃には体調が悪いと
自分でも感じていました^^;



まぁ、ゆっくり行けばいっかぁ・・・^^;

雷岩でまた追いついて少し休憩して大菩薩嶺へ。



姉が故郷宮崎の芋焼酎をあけてご供養。
迷惑にならない程度に少し撒いて、
側にいた人にも少し振る舞っていました。

お兄さんと一緒に歩くことはなかったようですが、
一緒に山の話ができたことは良かったですね。

雷岩にもどり、小休憩してから気持ちの良い稜線歩き。


咲き残っていたウメバチソウも
紅葉しているハナイカリもお兄さんの為に咲いているような。




リンドウも。


2000mの標柱


大菩薩峠への稜線


晴れたりガスったりしていましたが
ふと見れば雲の上に南アルプス一望


ズームで


更にズーム。
このあと行く予定の甲斐駒ヶ岳


そして富士山も少しだけ姿を見せてくれました。




賽の河原で


避難小屋を通過し、鹿による食害調査中のエリア。
いろいろと無くなってしまった植物が
また復活するといいのですが。



眺めの良い場所でランチに。


お客様(^^ゞ
お兄さんですかね?(^^ゞ


雲があるものの見上げれば青空もきれいでした。


オトギリソウ


大菩薩峠で


奥多摩、雲取山方面もなんとか見えました。
最後の展望を楽しんで、介山荘脇より下山します。



富士見小屋からはもう富士山は見えませんでした。
そのまま福ちゃん荘へ戻り休憩。



のんびりと上日川峠へと戻ったのでした。



病気で中断していた山歩きを再開した姉の
回復ぶりを間近に見てとても嬉しかったです。

しかも、この後も
その驚異的な復活に舌を巻くことになろうとは・・・^^;

山歩きはリハビリに良いようですよ(^_-)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〆は飯盛山 | トップ | 南ア:北岳の麓で(2014.9/24... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大菩薩超えた (小太り親方)
2014-10-01 07:49:35
病気から回復されたお姉様と、一緒に歩ける喜びを分かち合えるってイイですね。
そして、平日登山も!!

漸く仕事のひと山超えて、そろそろ自分の山歩きを再開しなくては
秋色のサイテイからでしょうね、やっぱり(笑)

小太り親方さん (sanae)
2014-10-01 14:53:11
人生にはいろいろなことが起きるものですね。
でもこうして元気印の姉と一緒に歩けて楽しかったですよ。
親方さんは相変わらずお忙しかったのですね。
ひと山越えたところでまた再開いいですね。
委員長も忙しそうですがそろそろサイテイシーズン♪
再会したいですね~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。