鉄道写真館 『宿命』




突然ですが・・・2016年4月末をもちまして・・・
鉄道写真館『宿命』は10周年を節目として、活動を終了させていただくことにしました。

これまで多くの方々にご愛顧いただきまして、まことにありがとうございました。


これまでの活動を一冊の本にまとめました。
自費出版本「巻き戻して思い出を」
をぜひよろしくお願いします。

これまで18年間撮り続けた写真の中から、蒸気機関車から新幹線、
そしてブルートレインまで後世に残したい鉄道写真を結集した垂涎の一冊。 
ぜひご笑覧いただければ幸いです。 在庫残り少なくなっています。

 2016/05/13追記 

fc2ブログに全記事を引越しして検索機能を強化しました。
http://www6days.blog.fc2.com/

パスワードを入力してご覧ください。



ブログの閲覧パスワード

47ページの写真の撮影日(数字のみ)

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




鉄道写真館『宿命』 10周年記念

これまで掲載した写真と非公開写真もあわせた約500枚を厳選してまとめた、
写真集「巻き戻して思い出を」がついに完成しました!

4月29日より頒布を開始します!

詳細は以下をクリックしてご覧ください!


懐かしの10年がよみがえります! ぜひお手元に1冊どうぞ!




※本を入手すると引き続きブログが見れます※

ブログの閲覧パスワード

47ページの写真の撮影日(数字のみ)



2016/05/13追記

パスワード制のgooブログは使い勝手が非常に悪いため、
fc2ブログに全記事を引越ししました。
http://www6days.blog.fc2.com/

これにより、検索機能が使いやすくなりました。
こちらも合わせてご利用ください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016年4月6日、鉄道写真館『宿命』は活動10周年を迎えました。
改めまして、日ごろよりアクセスくださいます皆様には厚く御礼申し上げます。

鉄道写真館『宿命』は2006年4月にホームページを公開し、その後、デジカメ導入を機に2008年1月からこのブログに移行しました。
現在、記事数は1250件、写真枚数は8260枚とたいへん膨大なボリュームとなっており、形式・車番や列車番号、撮影時間を載せていることで、私自身も過去の活動を振り返るためのデータベースと化しております。

最近は平均350IP/日くらいのアクセス数があり、定期的にご覧になられている方々に加えて、アクセスの多い記事や写真はGoogleなどの検索結果の上位に表示されるおかげで、そこから訪れてくれる方も多々含まれていることと思います。
自己満足な趣味ではありますが、多くの方に見ていただけるのはとても喜ばしいことです。

そこで、ささやかながら只今、鉄道写真館『宿命』10周年記念企画を準備しています。
4月中に情報公開いたしますので、どうぞ引き続きお付き合いいただければ幸いです。

2016年4月6日 鉄道写真館『宿命』管理人



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月26日に渡良瀬遊水地にてヨシ焼きが行なわれました。
かなり広大な土地を一気に燃やしていくので、当日は凄まじい煙でした。

複数個所から煙が上がる様子 


毎年恒例ではあるが、風下では迷惑な一日・・・ 

さて、1週間経ちまして、現地に行ってみました。

広範囲が焼け野原 


新しく緑が芽吹いている箇所も 

渡良瀬遊水地については公式HPをご覧くださいませ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




茨城県某所に静態保存される北斗星24系とEF81138を再び見学してきました。

(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)


レプリカのナンバープレートはまだ取り付けられていない 


オハネフ25はレプリカの北斗星テールマークが掲出された 










鯉のぼりとの共演も 

続々と廃車が続く24系ですが、明るいニュースも入ってきました。
埼玉県川口市に食堂車スシ24が保存されるようです。
また、北海道北斗市も保存に向け動き出しています。
ぜひ実現してほしいですね。詳しくはこちら


★2015/12/29投稿記事★
12月上旬に郡山総合車両センターより陸送されたEF81138と北斗星用24系が、
このほど暫定公開となっているとのことで、見学してきました。

ナンバープレートは外されているがEF81138。HMはレプリカとのこと
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)

案内してくださった方に話を伺ったところ、
EF81138は輸送の関係で、機関室内部は取り除いてしまったものの、
運転室、足回りは健在で、圧縮空気による
汽笛吹鳴を可能としているそうです。
今後、ヘッドライトの点灯などの改良したい考えがあるようです。


北斗星用24系はオロハネ24 551+スシ24 505+オハ25 503+オハネフ25 12の4両。

JR東日本仕様のロビーカー オハ25の静態保存が現実のものに 


編成中には元481系より改造されたスシ24食堂車も 


車掌室のあるオハネフ25が最後尾に 

実のところ、24系は元々は2両の購入予定だったそう。
ところが別でキャンセルがあって奮発して4両の購入に至ったそうです。
個室A・B寝台、開放寝台、食堂車、ロビーカーとまさにミニ北斗星で、
将来的には宿泊や飲食、憩いの場としての活用も視野にあるそうです。
ただ、空調設置などで車体を傷つけてしまうことを気にかけており、
大切に保存していこうとする強い意思を感じました。

また、鹿島臨海鉄道で活躍したマリンビューはまなすも一足先に搬入されており、
さらに別の車両の購入予定もあるとか。。


両者の間にはホームを設置する計画も 

EF81138のナンバープレートはレプリカを制作中だそうで、
引き続き目が離せない穴場スポットとなりそうです。

そして、帰りがけ敷地内で育てている温室バナナをいただきまして、
懐の深い企業様、その従業員様たちに感激しました・・・。
こういう方々に引き取られた車両たちも、きっと喜んでいることでしょう。
この場を借りて、御礼申し上げます。

ねんのため、場所についての記載は控えさせていただきます。
見学の際は必ず許可を得て、警備の方に同伴してもらうと良いでしょう。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






山陰コースの『特別なトワイライトエクスプレス』の復路は、
伯備線の美袋駅でDD51からEF65へ機関車交換が行なわれます。

DD51牽引の列車が美袋に到着する前に、EF651124が単機で回送されます。
トワイライト塗色となった1124号機。あまり人気がないのか、豪渓の撮影者はゼロ。 

単****レ EF651124 2016/03/15 8:38 伯備線豪渓 

停車中にいろいろ撮影して、再び備中高梁へ移動しました。 

3082レ EF641015+コキ 2016/03/15 9:29 伯備線備中高梁~備中広瀬間 


1005M 381系【やくも5号】 2016/03/15 9:40 伯備線備中広瀬~備中高梁間 


1008M 381系【やくも8号】 2016/03/15 10:03 伯備線備中高梁~備中広瀬間 

追っかけ組も到着しましたが、最終的には10人くらいでしょうか。
井倉に一極集中してるだけで、他のポイントはガラガラです。。

9036レ DD511186+DD511179+24系【特別なトワイライトエクスプレス】
2016/03/15 10:52 伯備線備中高梁~備中広瀬間
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)

美袋駅は毎度混雑しているようなのでスルー。
やくも10号に乗って次なるポイントへ先行しました。
ちょうど美袋駅通過の際、検札が来てしまい外は見れませんでした。。

さて、東岡山駅近くの歩行者専用踏切のお手軽ポイントに来ました。
幸い、まだ誰もいませんでした。 

1055レ EF210-14+コキ 2016/03/15 12:46 山陽本線東岡山~高島間 


115系・・・気持ち悪い・・・ 


115系 

湘南色115系が露払い。結局、誰も撮影者は来ませんでした。
特急料金かけて移動した意味が全くなかったです。 

9038レ EF651124+24系【特別なトワイライトエクスプレス
2016/03/15 13:06 山陽本線高島~東岡山間 
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)

このあとは瀬戸大橋線の茶屋町へ。適当に特急と貨物を撮影しました。 

43D 2000系【南風13号】 2016/03/15 14:16 瀬戸大橋線茶屋町 


3137M 5000系+223系【マリンライナー37号】 2016/03/15 14:24 瀬戸大橋線茶屋町 

EF210-300はセノハチ以外でも活用されているようで、四国運用にも入っています。 

73レ EF210-301+コキ  2016/03/15 14:35 瀬戸大橋線茶屋町 


15M 8000系【しおかぜ15号】 2016/03/15 14:47 瀬戸大橋線茶屋町 

コインロッカーに預けた荷物を取りに倉敷まで戻りました。
そこでサンライナーを捕獲。 

3721M 117系【サンライナー】 2016/03/15 15:47 山陽本線倉敷 

で、ふたたび岡山に移動し、のぞみで帰京しました。

ひかりレールスターが並んでいました。山陽新幹線岡山 

山陰トワイライトの撮影が目的でしたが、
 それ以外の、岡山地区の車両をいろいろ撮影できたので良かったです。
各所でお会いしました方々、お疲れさまでした。
 
 おまけ 
3月14日で小ブログは開設3000日となりました。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






昨年5月頃より運行されている『特別なトワイライトエクスプレス』。
その運行もいよいよ終焉を迎え、またひとつ宿命の列車が消えようとしています。

かねてから撮影しておきたいネタではありましたが、沿線はすごい混雑ということと、
やはり山陰は遠くて遠征するのは躊躇している状態でした。
そんな中、3月いっぱいで消えてしまう有休が2日分あり、
仕事もうまい具合に一区切りという感じだったので、
思い切って休みを取り、3月14・15日で撮影に出かけてきました。
簡単な遠征記とともに綴っていきますので、どうぞお付き合いください。

◆3月14日◆
広島行きの夜行バスに乗り、広島大学で下車。
そこから路線バスに乗って、今回は八本松からスタートです。 

2070レ コキ+EF210-302 2016/03/14 9:55 山陽本線八本松 

セノハチ用に開発されたEF210-300はこれが初撮影でした。
なお、EF67は撮影できず。。荷が軽かったためか連結されていませんでした。


真っ黄色の115系。岡山地区ではまだまだ主力の通勤電車である 


西条にて、EF210-302。ブルートレイン塗装? 

普通列車に乗って、今宵の宿がある倉敷へ移動。
行ってみたかった美観地区に歩みを進めました。 




なかなかシックで良い雰囲気の場所でした。
ただ、観光地ゆえに、相変わらず中国人が多いですね。

美観地区から20分ほど歩いて倉敷近くの撮影地へ。 

213系 


2ドアの115系 

水島臨海鉄道の貨物が来る直前に一気に晴れてきてしまいました。 

3095レ DE101743+コキ 2016/03/14 15:46 水島臨海鉄道倉敷市~球場前
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)


3721M 117系快速サンライナー 2016/03/14 15:50 山陽本線倉敷~西阿知間 

◆3月15日◆
そして、トワイライト撮影日。
伯備線の初電は半分くらい三脚持った人が乗ってました。
で、目的の備中高梁では・・・同業者は誰も降りませんでした・・・。 

1824M 115系 2016/03/15 7:11 伯備線備中高梁~備中広瀬間 


4031M 283系【サンライズ出雲】 2016/03/15 7:14 伯備線備中広瀬~備中高梁間
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)

撮影ポイントも誰もおらず拍子抜け。。
ということで、EF651124を撮るべく、総社へ戻りました。 

EF651124と381系やくも、キハ47 2016/03/15 8:17 伯備線総社 

適当に撮影して豪渓に移動。変なのが来ました。。 

 115系の食パン電車か 

 山陰トワイライトを撮る(下)につづく



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本年も一年お付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。
今年も作成しました。鉄道写真館「宿命」特製2016年カレンダー!

クリックするとカレンダーダウンロードページにジャンプします

宿命の車両を集めた12枚つづりのデスク用カレンダーです。
今年も無料でダウンロードできます。個人の範囲でご自由にお使いください!

なお、ケース付きカレンダーは図書カードと交換にて準備いたします。

詳しくは下記バナーをクリックしてください!

鉄道写真館「宿命」2015カレンダー無料ダウンロード




今年は
北斗星やトワイライトエクスプレスを始めとして、
多くの車両にとって「宿命」の一年だったように感じます。
時間を止めることはできません。
2015年の出来事をしっかり心に留めておきたいですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






師走で忙しいこの時期。19日は無駄な一日でした。
SLレトロ碓氷を撮影すべく、青春18きっぷにハンコを押してもらい宇都宮線に乗車。
すると変なタイミングで車内放送が。「秋葉原駅で人身事故発生」との旨。
当該は京浜東北線か山手線だから関係ないと思ったのもつかの間、
並走するだけの上野東京ラインも抑止となってしまいました。
これで、高崎線への乗り継ぎは絶望となりました。

まぁ、信越線でのSL運転は翌20日と23日もあるので、予定調整するとして、
そこで、かねてから行ってみたいと思っていた銚子へ向かうことにしました。

ノープランなので乗り継ぎも劣悪で、銚子には4時間半かかって到着。
ちょうどいい銚子電鉄への乗り換えもないため、一駅先の仲ノ町へ歩きました。 

イルミネーションが施されたデハ1001 


ツートンカラーの2002編成 

しばらくして、銚子行きの2001編成が入線してきました。 

20列車 2001編成 2015/12/19 12:38 銚子電鉄仲ノ町 
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)

そもそも引退間近なデハ1001が日中運用で動いていないし、
雲も湧いてきたので銚子旅はこれにて終了と相成りました。

 おまけ 
正面2枚窓の車両は昭和を彷彿とさせるデザインで惹かれますね。
2007年に廃線となった鹿島鉄道も気動車ながら似たデザインとなっています。 

茨城県小美玉市にきれいに整備された状態で保存されるキハ432 

ついでながら、鉾田市のほっとパーク鉾田にも鹿島鉄道の静態保存車両があります。 

キハ601 


KR505 

地元の方々に愛され保存されることは大変喜ばしいことです。
なくなりゆく国鉄車両もどうにか公共で保存できる道はないのでしょうか。。



さて、帰りは総武本線経由になるわけで、初めての「モノサク」に寄り道しました。
午後から順光になるポイントでは数名の先客がいらっしゃり、
さすが人気の撮影ポイントだと実感しました。

E259系成田エクスプレス 2015/12/19 15:19 総武本線佐倉~物井間 


255系しおさい 2015/12/19 15:25 総武本線佐倉~物井間 

光線的にはもう少し経ってからですが、これだけ撮って帰りました。
またいつか来たい撮影地です。  



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




寝台特急北斗星が引退して今日で四十九日…。
天気の悪い三連休初日ということもあり、この機会に過去の北斗星写真を整理してみた。 

秋めいたワシクリの島川カーブをゆくEF8181牽引の北斗星 
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)

北斗星登場後、車体に流れ星が描かれ、「星釜」となったEF81は全19両。
(78、79、80、81、82、83、86、87、88、89、92、93、94、96、97、98、99、100、133)
カシオペアの登場によりEF8179、89、92、99はのちに塗り替えられて「カシ釜」となった。
カシ釜が牽く北斗星は撮影意欲が下がる被写体であったが、
お召仕様のEF8181やレインボー塗装のEF8195牽引時は人気があった。


スーパーエクスプレスレインボー引退後はさながら特別な北斗星の牽引機であった 
(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)

これまで撮影した北斗星のマークを掲出したEF81の写真を、
なるべく水沢踏切で天気の良い日に撮影したものを集めてみた。 


*メモ*
83号機は晩年は一般色であった。北斗星塗色時代の貴重な1枚である。
87号機は惜しくも北斗星牽引の姿を撮影しておらず、黒磯訓練の写真である。
97号機の北斗星はワシクリで撮影しておらず、古河で撮影したものである。 


唯一、ヒサシがついた北斗星塗装のEF81133 

これだけたくさんあった車両も、現在の残存は80、81、95、97、98、133の6両のみ。
定期運用はなく、宇都宮配給などの牽引用で余生を送っている状態である。 




2010年夏からはEF510の牽引に置き変わった。
わたしとしては撮影意欲が激減したが、地元故にコンプリートはしていた。
なお、現在、大半の車両はJR貨物へ売却済、または売却予定となっている。 


こうまとめてみると、本当によく通ってよく撮った被写体であった。
JR東の24系が全廃の今、もう二度と北斗星として走る姿を拝むことはできない。

27年間もの長い間、関東と北海道を結んだブルートレイン北斗星。
2015年、北海道新幹線開業という宿命のため、その歴史に幕が下ろされた。


北斗星メモリアル



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧