WOWOW 東京国際映画祭2007

総集編 11月6日(火) 午後9:30

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小栗旬×山田孝之×やべきょうすけ出演、特別招待作品「クローズ ZERO」トークイベント!

2007-10-25 17:35:37 | 現地レポート

累計発行部数3200万部、カリスマ的人気を誇る伝説のコミック「クローズ」が、完全オリジナルストーリーで初の映画化!

今日は六本木ヒルズのアリーナで「クローズ ZERO」に出演の小栗旬さん、山田孝之さん、やべきょうすけさん、三池崇史監督のトークイベントが行なわれました。

応募総数約6000通の中から、見事抽選で当たった500人の一般客(女性ファンがほとんど!)と共に今か今かと始まるのを待っていました。その数分後、黄色い歓声が大きく響き、黒いハマーのリムジンで小栗旬さん、山田孝之さん、やべきょうすけさん、三池崇史監督が登場!



大迫力!!「クローズZERO」ワルメンズが集合!!




サングラスを外し笑みをこぼす小栗旬さん。



うっすらと髭を生やした山田孝之さん。渋い表情がカッコイイ!


そして、トークイベントがスタート!


謎の転入生、滝谷源治役の小栗旬さん

小栗旬さん「今日はありがとうございます。朝八時ぐらいまで孝之(山田孝之さん)と二人で飲んでいたのでちょっと二日酔いです(笑)。」

鈴蘭の最大勢力「芹沢軍団」を率いるリーダー、芹沢多摩雄役の山田孝之さん

山田孝之さん「今日は頑張ってイッパイしゃべりたいと思います。」

鈴蘭の卒業生で、早秋一家・矢崎組のチンピラ片桐拳役を演じるやべきょうすけさん


映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「妖怪大戦争」「着信アリ」などで知られ、海外からも高い評価を受ける三池崇史監督


Q:「クローズ ZERO」で”自分のココが凄い!カッコイイ!”と思ったところは?

三池崇史監督「大阪で味のないお弁当を完食(笑)。」


小栗旬さん「(山田)孝之に殴られるシーンの時は頑張りましたね(笑)。」

山田孝之さん「(目を据わらせた演技で)映画を通して半分くらいしか目が開いてないところです。」


やべきょうすけさん海に落ちるシーンがあって右の鼓膜が破れてしまったことですね。」


やべきょうすけさんのポケットにコッソリとペットボトルを入れようとするお茶目な小栗旬さん。

Q:「クローズ ZERO」で”他の出演者のココが凄い!カッコイイ!”と思ったところは?

まずは小栗旬さんのココが凄い!カッコイイ!と思ったところは?

三池崇史監督二日酔いでも50人ぐらい倒せること(笑)。今時、二日酔いで現場に来る役者って多くはないんですけど、でもクローズのメインのメンバーはみんなそうです(笑)。昼ぐらいから調子が出てくる(笑)。たまに酒を抜いたら目がキラキラしていて、全然繋がらないキャラクターになって(笑)。だから、2、3回リハーサルをして疲れさせて、目が死んでいるところを撮りました。」

やべきょうすけさん凄く気配りが出来る役者さんですね。10歳ぐらい年が違うけどお兄ちゃんみたいな感じで(笑)。」

山田孝之さん「切り替えがパシパシ出来る人で凄いと思います。僕は出来るタイプではないので。」



次に山田孝之さんのココが凄い!カッコイイ!と思ったところは?

小栗旬さん「全部カッコイイです。」

やべきょうすけさん良い意味で役者バカですね。」

三池崇史監督「見たと言えば意外と毛深い(笑)。男臭さがあって魅力的です。」

Q:最後に皆さんから熱いメッセージをお願いします。

三池崇史監督「ぜひ、劇場で楽しんでもらいたい映画です。初めて観る方にはちょっとハードに感じるかもしれないけど、でもこういう映画もカッコイイんだなと思って頂けたら幸せです。」


山田孝之さん「本当に楽しい映画だと胸を張って言えるのでぜひご覧下さい。」


小栗旬さん「全身全霊を込めて作った映画なので楽しんでご覧下さい。」

 

...さて、次に舞台挨拶の模様をお届けしましょう。


この映画のプロデューサーである山本又一朗氏が参加(写真左端)。
こう並ぶと迫力ありますね。いや〜まさに「ワルかっこいい」!


その山本プロデューサーは「原作者が拒み続けた映画化を僕が口説き落としました。」と映画化実現までの苦労を語ってくれました。


滝谷源治役の小栗旬さんは「この作品を誇りに思います。がんばって撮ったので是非楽しんでください。」とコメント。
また「この映画でやべきょうすけを男にしたい(笑)」と仲の良いやべさんをイジると会場からは大きな笑いが

それを受けやべさんは

素直に「小栗くんありがとう(笑)」とコメント。
「年下だけど、小栗君や山田君を尊敬してます。」と撮影を通じて培った友情を確かめ合うようなエピソードを披露してくれました。


「みなさん観て面白いって思ったら宣伝してください」としっかり映画をPRする山田さん。
また「やってみたいと思っていたこういう役がやっと来た。だけど慣れないアクションシーンが大変でした。」と普段と違った役に苦労したようです。


最初は緊張した面持ちだった小栗さんも次第に暖まってくるとこのスマイル!



最後に観客のみなさんに手を振って挨拶するキャスト、スタッフ陣。
照れてなかなか手を振らない山田さんを小栗さんと監督が無理やり手を振らすシーンも。とにかく彼らはホントに仲が良い!
雰囲気の良い撮影現場だった事が伝わってくるような舞台挨拶でした。

映画「クローズ ZERO」は10月27日(土)より全国東宝系ロードショー。みなさん是非劇場へ足をお運び下さい!

---------------------------------------------------------------------
クローズ ZERO 2007年/日本

(C)2007高橋ヒロシ/TBS/トライストーン・エンタテイメント/東宝/MBS/秋田書店/CBC/ハピネット

ぜんぶ壊して、ゼロになれ。熱き男達を描く伝説の超人気コミック「クローズ」が、完全オリジナルストーリーでついに映画化!! 誰も知らない、はじまりの物語が始まる。

監督:三池崇史
キャスト:小栗 旬/やべきょうすけ/山田孝之
配給:東宝
10月27日(土)より全国東宝系ロードショー!

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神木隆之介、福田麻由子、広末涼... | トップ | 宮沢りえ主演「オリヲン座からの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。