CHAKA With Webfriends (Blog)

人と人との架け橋になる
歌手になりたい

発音指導士の認定証が届きました

2016年07月23日 13時37分19秒 | 学び
国際英語発音協会から
発音指導士の認定証が届きました



資格とは無縁の人間でした
ただ実践あるのみ、実力あるのみ
でしたので
不思議な感じです

今、習ってくれている生徒さんの
為にも、資格のようなものがあったら
いいかも、と思って試験を受け、
認定セミナーを受けました



これからも自分の英語を磨き続け
たくさんの人に外国語を学ぶことや
実際に発音がよくなって行くことの
楽しさを伝えていけるように
頑張ります

この記事をはてなブックマークに追加

ロイヤルホースで特別な日に

2016年07月19日 00時15分42秒 | スケジュール
時の流れの速さに驚いています
あれから1年ですね
私のジャズのお父さんは、実のお父さんです
私のジャズのお兄さんは、ロイヤルホースの
関さんです

あれから1年、私は、お別れの式の時
関さんに約束したように
しっかり歌ったでしょうか?
この曲を聴くと
二十代のはじめごろ
ロイヤルホースに出させて頂けるようになり
その頃から今日まで
色んなことを経験させてもらったことを
思い出します

歌詞も、私の大阪への思いと
関さんへの思いと、かぶります



ペーペーもいいとこの私
先輩ミュージシャンのみなさんとの時間
関さんやお店スタッフのみなさんの笑顔
お客様とのやりとり
仲間、後輩との思い出、いっぱいあります
おもしろい企画のライブも
いっぱいやりました


7月は特別な月になってしまいました
私の誕生日
ビリー・ホリデーの命日
オチヂュンの命日
それに関さんの命日
などなど

そういえばこないだのスインゴサに
来てくれた樹麻とチクゲンが
CHAKAの声を聴いて泣きそうになったと
言ってくれました

それは、オチヂュンも関さんも
一緒に歌ってくれてたから
やと思います



今日、7月19日
ロイヤルホースでライブを
やらせてもらいます

dr: 竹田達彦
b: 三原脩
pf: 竹下清志

いつも通り
真面目放題、必死三昧でやります
ロイヤルホースで
皆様をお待ちしています

https://www.youtube.com/watch?v=m4jU8IQK5b0

この記事をはてなブックマークに追加

スインゴサとの忘れられない日:2

2016年07月16日 01時47分08秒 | live concert

ちょっと前に
スインゴサのレコーディングに参加させて頂き
ついに、少しだけスペイン語で歌い
私のレコーディング・スペイン語デビュー
(その曲が収録されたサルサ・スインゴサの
 アルバムは、秋ぐらいに出ると思います
 竹善や石塚さんも参加されています!)

そして、7月14日
Motion Blueでのスインゴサのライブ

私の自宅からはドア to ドアで、のんびりと
キャリーバッグ引っ張ってゴロゴロ行くと
1時間半ぐらいかかっちゃう

その上
大阪から友達で私の音楽サポーターの
チクゲン
(竹善のことが好きすぎてこんな名前に)
が、泊りがけで来てくれることも
知っていたので
ライブ後、一緒に横浜でご飯でも
食べようってことで

私は、もう電車で帰るつもりはなく
たまに横浜で泊まるホテルを予約

まずは、ライブの入り時間より一時間前に
ホテル着、チェックイン
そして、赤レンガ倉庫へ!
むちゃくちゃ暑いし、タクシーに

横浜には、私が好きだなぁと思う
レトロなビルがいっぱい
異国情緒が漂っていて、好きです



Motion Blue一番乗り!
全然、誰もまだ来てませんでしたが
遅れるよりずっといいね


暑い!


今回はティンバルのフレディーさんが
もう二日後にはハワイ転勤なので
スインゴサとしては最後なのでした

知り合って一年ぐらい
とっても陽気で気さくないい人
演奏の腕前も本当に素晴らしい
だから、寂しいな

だけど、彼のお人柄か?
「ハワイへ、おいでよ」
「フェイスブックでも、すぐ連絡取れるしさ!」
って、明るくたのしく力強い

リハーサルもすごくいい感じで
ケータリング?でアイスコーヒーを
いただきましたが
Excellent Ice Coffeeって
なんか変な英語だなぁ

外は本当に夏って感じ



リハーサル終わって写真撮影


そして、1部と2部の間の食事まで
待てないほど
お腹すいて倒れそうだったのですが
中路が、差し入れ?の肉まんを
私にくれました
中路、ありがとう

中路ファンの方
ごめんなさい
倒れそうになってる私を中路が助けて
くれました




ライブは、1部2部の入れ替え制で
お客様もほぼ満席
2部は、前日にsold outだったようです

私はなんとか歌えました

石塚さんの、素晴らしいクリスタルの
ような声!

ソフトな声でサルサを歌う竹善!

もちろん正式メンバーの
岩村健二郎さんは
いつも通り、マラカスやギロも
めっちゃうまくて、スペイン語の先生だ!

マニーさんは日本に長く住んでいる
プエルト・リコ系のアメリカ人

やっぱ、歌うと本物だぁって感じの
お二人です



まさにイベントの名前通り
Cantando!

一部の自分がソロで歌う出番が終わって
石塚さんにバトンタッチする時
竹善が
「CHAKAが歌ってる間、ゲリラ豪雨
だったんだよ」って教えてくれた

あんなに晴れてたのに?
もう、ほんとここ数年、お天気はクレイジーだ
閉まって行こーー!

楽屋では
ドイツ土産をみんなに手渡していた
大儀見さん

CHAKAにもくれました
私には、最初、大儀見さんが
ジョークで買って来た
Hなキーホルダーが当たったんだけど
「あぁ、これは、ダメだ」と言って
いいのをくれました

ドイツ語で、無事におかえりなさい
みたいな意味だそうです

ありがとう!Danke !



で、一部終わって、休憩

外のテラスでの食事は
美味しいし、夜景は素敵だけど
雨がまだ降り始めて。。。
私は風邪ひいたらアカンので
寒いのを我慢せず中に入りました
でもスインゴサのみなさんとの
食事って、本当に楽しいです



今回は、レジェンド的な
ラテンバンド:ソノラ・ポンセーニャの
ウィリート・ロペスさんも一緒です
すごい!

デザートのレモンシャーベット
めちゃ美味しかったです!!

2部も頑張りました
なんとか、覚えたスペイン語を
叫びました
間違ったら、もう一度叫びました

最後ってこともあって
フレディーさんをフィーチャーする
場面もいつもより多かったのですが
本当に本当に素晴らしかった

ウィリートさんの、語るような
静かに深く歌うような
そんなコンガ演奏

それからコスマス・カピッツァさんの
飛び入りもありました
フレディーさんが脱退後
コスマスさんが加入されるそうです

超一流の音楽に包まれて
お客様もみな、座ってられなくて
踊っていたし

素敵な時間でした

矢野沙織ちゃんも来てたし
樹麻も来ていて
嬉しかった

他にもいっぱいお友達が。。。

終わって、徹さんとチクゲンと
帰ろうとして、何処か食べれるところ
探していたら

徹さんの友人の方でライブに来てくれていた
お二人の女性と会いました

イベントをプロデュースしている
ダンサーで、ボディーメイクのワークショップ
してらっしゃるMさんと
もうお一人

徹さんの友人のようでしたので
一緒に食事に行きました


チクゲンは一番のりで
私に誕生日プレゼントをくださいました
ありがとうございます


そして、アホな話をしたり
楽しい話をして時間はすぎ
私はウーロン茶ガブ飲み

徹さんも、ちょい楽しく酔っ払って
いました

閉店時間までいて

なんとチクゲンがご馳走してくれて
ああ。。。申し訳ないけど
ごちそうさまでした

すると、Mさんと
私は同じホテルを予約していたことが判明

二人でタクシー相乗りして行きました
なんとそのタクシー代もチクゲンが
ダンサーMさんに、手渡していたみたい

徹さんは、翌日からゲタオさんのツアー

私は割と眠くて
英語添削後すぐ眠りました

スインゴサのみなさんありがとう
ございます

私は少しずつですが
スペイン語ももっと覚えます

また、次の共演の機会が
ありますようにとお祈りしています

Me encanta cantar con ustedes.

この記事をはてなブックマークに追加

7月16日は池袋Absolute Blueへ、お昼だよ

2016年07月15日 16時56分59秒 | スケジュール
懐かしい写真
トロンボーン、小坂武己
ドラム、James Gadson、ひぐちしょうこ
うた、CHAKA

の、4人


7月16日は、私の誕生日でもあるんですが
しょうちゃんをゲストにお迎えして
池袋Absolute BlueでCHAKA's Loungeです

おしゃべりと、うた、です


しょうちゃんは、こんな可愛い女の子
だけど、すごいドラマーなんだよ

みなさん、ぜひ来てね

13時〜/14時半〜
の2回セット(入替なし)

チャーヂ
予約は1500円
当日は2000円

お店にメールかお電話してくださいね
http://absol.blue

中学生以下、半額
3歳以下無料

です

池袋のAbsolute Blueへ来てください!


この記事をはてなブックマークに追加

スインゴサとの、忘れられない日;1

2016年07月15日 12時29分21秒 | live concert
2016年7月14日は忘れられない日になりました

大儀見元という素晴らしい音楽家の
吸引力、遠心力

私は、ぶっちゃけサルサ・シンガーに
なろうとは思っていません

そんな簡単に
ちょっと声が大きいからということで
私はサルサ・シンガーです
なんて言うつもりも全く無いし

リスペクトを込めて、サルサ・シンガー
ではないし、サルサ・シンガーと認めて
もらおうとか、そんな厚かましいことは
全く思っていません

が!

大儀見元さんと共演するチャンスがあるなら
自分にできることを、とことんやるという
そのたった1つの信念が、はっきりと
あるだけです

ラテンの音楽は子供の頃から好きでした
英語とは違うサウンドとリズム
日本とは違うドライでまっすぐな感じ
そして、自然と体が動く感じ
親がミュージシャンだったこともあり
私は小さい頃からシェイカーやマラカスを
鳴らしたり、手拍子したり、踊ったり
大好きでした
意味もわからず
オイエコモバって言ってました

ポル語もスペイン語も一緒くたに
オパオパオパとか
ベサメムーチョ〜〜〜って
歌ってました


でも、サルサというスタイルが日本でも
演奏され始めて、少しまた違う流れになった
気がします

今の日本のラテン音楽の世界は
大儀見元さんという人の出現前と後で
何かが違うような気がするのです

そして、それだけの素晴らしい人でありながら
必ず前進していらっしゃること
立ち止まってなどいない
いつも、毎日生まれ変わっているかのような

私の好きな音楽家の共通点
まるで昨日初めて楽器を買ってもらったかのように
新鮮に純粋に喜んで

でも、もう明日はないかのように
一瞬に全てを込めて演奏している

大儀見さんは、まさにそうです

そんな大儀見さんのバンド、サルサスインゴサ
マニーさんや岩村先生のような
サルサシンガー、カンタンテに混じるなんて
厚かましいとも思うし
随のサルサファンのみなさんに
私の歌など届くのだろうか?とも思うのです

それでも
きっと、前進するシンガーに
きっとファンのみなさんは拍手をくださるはず
と、思って、歌いました

ソノラ・ポンセーニャのウィリートさん、
フレディーさんがアメリカに転勤になったあと
加入予定のコスマス・カピッツァさんも演奏してくれて
本当に素晴らしい一日でした

お客様も満席でした!

(長くなったので、ライブのレポートは2で!)

この記事をはてなブックマークに追加