平凡な会社員の金儲け読書日記

読書が唯一の趣味の平凡な会社員が、金儲けや成功やビジネスに関するおすすめの本をご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「日本一やさしいネットの稼ぎ方」 平賀正彦 著

2006年06月15日 22時29分34秒 | 今まで読んだ本
フリーターだった菅野氏とリストラサラリーマンだった榮島氏が、インターネットを使って人生を逆転した物語。その物語を通して、インターネットビジネスのノウハウをわかりやすく吸収できる内容です。

このノウハウを実践した方の業績はというと、
・情報起業ノウハウで初月商1900万に
・牡蠣のネット販売で日本一に
・パン屋で月商150万円、来客数も2倍に
・ドロップシッピングで月商300万円に
・節税ノウハウで月商600万円に
・株のノウハウで月商300万円に
・学習塾で生徒数が2倍に、治療院で3倍に
など多数

【6/12~6/18:期間限定3大無料プレゼント!】

平賀正彦氏がフォレスト出版から「日本一やさしいネットの稼ぎ方」
という本を出版されました。
↓アマゾンでのご購入はこちらをクリック
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894512297/


■キャンペーン期間中にアマゾンでご購入していただくと、2つの
プレゼント

・アマゾンで平賀の書籍をご購入いただいた方
【プレゼントその1】
3年に及ぶコンサルティングで実績が証明されている、「売れるホー
ムページができるテンプレート」をプレゼントいたします。解説音
声ファイル(約50分)+テキスト付。

【プレゼントその2】
SEO日本一の鈴木氏をゲストに迎えて、有料セミナーで話してい
る検索エンジン対策の内容を音声ファイルに(約45分)収録しま
した。
↓プレゼントの詳しい内容はこちらをクリック
http://www.hiragamasahiko.jp/present/


■期間中にご紹介していただくと、さらに凄いプレゼント

・メルマガやブログでご紹介いただいた方(読者数等は問いません)

主人公の菅野・榮島氏をゲストに迎えて、今までに語ったことのな
い成功の秘訣を音声ファイル(約45分)に収録しました。
↓詳しくはこちらをクリック
http://www.hiragamasahiko.jp/present/


コメント (13)   トラックバック (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ネットからの収入を100倍アップさせる“劇薬”とは?

2006年04月09日 03時16分57秒 | 今まで読んだ本
セールスレターの反応率が20倍にアップすると、
            ~~~~~~~~~~~~~~~
あなたの年収はいくらになりますか?

成約率が20倍なら、年収も20倍?

いいえ。実は、100倍に変えることも可能なのです!
       ~~~~~~~~~~~~~~~~
その秘密は・・・


「言葉の魔術師」と呼ばれるセールスレターのスペシャリスト、
マーケティングコンサルタント、濱田昇さんと、

インターネットマーケティングの有料ニュースレターで国内最大の
会員数を獲得したインターネット・マーケッターの宮川明さんが

遂に、封印していた最強のセールスレターノウハウを
さらけ出した・・・。

クライアントから「未来永劫、稼ぎ続けることができるノウハウ」
とまで呼ばれたそのノウハウとはいったいどんなものなのか?

その内容をお知りになりたい方は、下記をクリックしてください。

【未来永劫、稼ぎ続けることができるノウハウとは?】
>> ネットからの収入を100倍アップさせる“劇薬”とは?

セールスレターの反応率が20倍にアップすると、
            ~~~~~~~~~~~~~~~
あなたの年収はいくらになりますか?

成約率が20倍なら、年収も20倍?

いいえ。実は、100倍に変えることも可能なのです!
       ~~~~~~~~~~~~~~~~
その秘密は・・・


もっと早く教えて欲しかった!!

「言葉の魔術師」と呼ばれるセールスレターのスペシャリスト、
マーケティングコンサルタント、濱田昇さんと、

インターネットマーケティングの有料ニュースレターで国内最大の
会員数を獲得したインターネット・マーケッターの宮川明さんが

今まで、封印していた最強のセールスレター作成法をついに公開。


このノウハウを使って、2人は合計2億円の利益を獲得。

しかも、それだけではありません。

そのノウハウを実践した300人以上の起業家たちが
わずか1、2ヶ月程度の間に2倍~20倍の業績アップを実現!

今、この瞬間にも次々と成功事例が生まれているのです。


あなたも、この秘密のノウハウに興味がおありですか?

では、この話の続きの前に、濱田さん、宮川さんのことを
ご存知ない方もいらっしゃると思いますので、私から
少し、2人のことをご紹介させてください。

================================================================
 ■濱田昇とは一体誰だ!? WHO IS NOBORU HAMDA ?
----------------------------------------------------------------


濱田さんは、同業のマーケティングコンサルタントから
「言葉の魔術師」と呼ばれるほどのセールスレターのスペシャリスト。

彼が書くセールスレターは、通常の10倍~100倍もの成約率を
取ると言われています。

その強烈なノウハウを使って、濱田さんは、
彼のもうひとつの顔である「ISOコンサルタント」として
実績・経験・人脈ゼロという状態から、一気に全国展開させて
きたことでも知られています。

そして、この3月末には、宮川さんと共に書籍
「成約率が20倍になったセールスレターの秘密」を出版されています。

================================================================
 ■宮川明とは一体誰だ!? WHO IS AKIRA MIYAGAWA ?
----------------------------------------------------------------

宮川さんは、過去そのスキルを使って、わずか数ヶ月で
インターネットマーケティングの有料ニュースレターで日本一の
購読者(1,200社)を獲得した実績を持っています。

さらに、昨年はライブドア起業塾で講師として呼ばれ、セミナーを開催。

現在は、前述した「セールスレターの秘密」を出版、さらに、4月末には
「起業革命!会社を辞めていきなりトップ1%になれる新マーケティング」
という本の出版を予定されている、インターネット・マーケティングの
専門家です。

また、「言語」を自在に操るNLP(神経言語プログラミング)の
米国NLP協会認定トレーナーとして、そのテクニックを駆使した
「言葉」の使い方をあなたにお伝えすることもできる方です。

================================================================

【未来永劫、稼ぎ続けることができるノウハウとは?】
>> ネットからの収入を100倍アップさせる“劇薬”とは?


コメント (2)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

すごいセールスレター

2006年04月08日 00時47分21秒 | オススメ情報商材
今回は、本の紹介ではなく、すごいセールスレターを紹介したいと思います。

今回紹介するみなさんは、これらのセールスレターで、

かなりの売り上げをあげています。

どのセールスレターもはっきりいって、かなりアツイです。

ビジネスの参考になると思いますので、

見てはいかかでしょうか?

できれば、紙に印刷して読んでみてください。

絶対お勧めですから。



超有名な情報起業家・菅野一勢、室賀博之、鍵谷健、菅井実さんのセミナーDVD販売セールスレター
情報起業短期成功プログラム


菅野一勢さんの情報商材販売のセールスレター
ネットで月収300万円を実現する極意!


メルマガ発行部数12万部・田渕隆茂さんの情報商材販売のセールスレター
30日で2379万稼ぐ!情報起業最終兵器


ネットビジネス成功者13人のインタビュー商材等で年収3倍の有末やよいさん
のセールスレター
「あなたに必要な成功思考!ネットビジネス成功者たちのここでしか聞けないリアルな本音!」



もし僕の文章が参考になりましたら、人気blogランキングへお願いします








コメント (1)   トラックバック (36)
この記事をはてなブックマークに追加

今まで読んだ本

2006年04月06日 03時22分19秒 | 今まで読んだ本
1.「超カンタン! ウイークトレードでラクして儲ける山本式投資法」
 山本有花著


2.「大丈夫! うまくいくから 感謝がすべてを解決する」
浅見帆帆子著


3.「成功の9ステップ」
 ジェームズ・スキナー著

 
4.「ネットで月収1000万円情報起業の不思議な稼ぎ方」
  室賀 博之 (著), 菅野 一勢 (著)
 

5.「1億稼ぐ!メールマガジン 私の方法」 
  石田健 著


6.「億万長者に弟子入りして成功する方法」
  スティーブン・k・スコット著


7.「潜在能力」であらゆる問題が解決できる」
  ポール・R・シーリィ著 神田昌典解説


8.「あなたの会社が90日で儲かる」 
  神田昌典著


9.「小さな会社★儲けのルール」
  竹田陽一・栢野克己 著


10.「小さな自分で一生を終わるな!」 
  ウエイン・W・ダイアー著 渡部昇一訳


11.「7つの習慣」 
  スティーブン・R・コブィー著


12.「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ!超・マーケティング」 
  金森重樹著


13.「人を動かす」 
  D・カーネギー著 


14.「ユダヤ人大富豪の教え」 
  本田健 著


15.「通勤電車で読むトヨタ式自分カイゼン術」
  若松義人 監修


16.「ツイてる!」
  斉藤一人 著


17.「人生が驚くほど逆転する思考法」 
  ノーマン・V・ピール著 謝世輝訳


18.「自分管理術」 
  長谷川滋利 著


19.「ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人」
  ハーブ・エッカー(著) 本田 健(訳)


20.「いかにして自分の夢を実現するか」 
  ロバート・シュラー著 稲盛和夫監訳


21.「お金の原則」 
    邱永漢 著


22.「野村ノート」 
    野村克也著


23.「チャンスは友が運んでくる」
    竹村健一著


24.「『五輪書』に学ぶ勝ち方の極意」
    谷沢永一 著


25.「起業家プロの発想力」 
    主藤孝司 監修


26.「『書く』マーケティング」
    堀内伸浩 著


27.「図解『人脈力』の作り方」
    内田雅章 著


28.「あなたを変える 超『熟睡短眠』法」
    藤本憲幸 著


29.「営業のビタミンプラスアルファ」
    和田裕美 著



30.「採用の超プロが教える 伸ばす社長つぶす社長」
    安田佳生 著



31.「幸田露伴『努力論』を読む 運が味方につく人つかない人」 
    渡部昇一編述



32.「すべては一杯のコーヒーから」 
    松田公太 著



コメント (4)   トラックバック (22)
この記事をはてなブックマークに追加

月収15万円のフリーターがたった5ヶ月で・・・・

2006年04月05日 03時22分57秒 | オススメ情報商材
※このページは下に行くほど重要なキーワードが隠されています。


 「お前の人生こんなのでいいのか?」
 「将来のこと少しは考えなさい。もうすぐ30歳になるんだから・・・」と、友人、家族に、お説教されるぐらい、お先真っ暗の人生でした。

 ネットビジネスをはじめたのは、平成15年の10月。奥さんにホームページを作成してもらい、ただアップしただけ・・・・こんなお粗末なものでした。だから待てど暮らせど、まったく売れない・・・・。既に結婚もしていましたから、収入がないことはそれはもう恐怖で、奥さんに離婚を切り出されるのではないか、そんな最悪のシナリオさえ想像してしまったほどです。

 それが、たった90日で、人生を大逆転することができたのです。

 ホームページすらいまだに作れないような男がたった5ヶ月で1600万円稼いだのです。

 彼の名は菅野一勢さん。

 なぜ彼のようなホームページすらいまだに作れないような男がネットビジネスで成功することができたのか?

 それは・・・・・ある法則を知ってしまったからなんです。

 ネットでのお金儲けの法則を知ってしまったからです。

 方法は簡単です。

 「情報起業」で情報を売るだけです。

 「情報起業って何?」

 情報起業とは、いわゆる情報、経験などをマニュアル、CD、ビデオ等に商品化して販売することです。

 つまりノウハウ本を作って売ってしまえということです。

 例えば、菅野さんは、以下のサイトで情報販売を行っています。

 42歳の主婦が独りでできた!浮気調査の方法とは?

  ネットで月収300万円を実現する極意!


 また、以下のような情報販売を行っている人もいます。

  超簡単万馬券的中法



 情報起業は、IT先進国のアメリカでは当たり前のように行われています。

 
 ※そしてここからが重要です。。。

 このような情報起業のノウハウを菅野さんが公開しています。

 「自分には売れるような情報がないんだけど・・・」

 そんなあなたも心配しないで下さい。

 自分に情報がなくても、周りに情報がなくても、情報販売はできるのです。

 売れる情報を持っている人を発掘すれば良いだけなのですから。

 その発掘方法さえ知ってしまえば、売れる情報を探しだすのは至って簡単なことなんです。

 売る情報がなくても売れる、情報の探し方も菅野さんが公開しています。

 情報起業に興味のある方はぜひ菅野さんのホームページを参考にしてください。 

 ネットで月収300万円を実現する極意!

コメント   トラックバック (15)
この記事をはてなブックマークに追加

「非常識な成功法則」 神田昌典 著

2006年03月24日 00時54分26秒 | 書評
カリスマ実践マーケッター・神田昌典さんの成功法則。

たとえば、

・小金をもつまでは、儲けに集中する。

・目標を明確にするため、まずやりたくないことを明確にする。

・自分のミッションを見出す。

・紙に書くと実現する。

・脳は検索エンジン。

・現実をコントロールする。

・目標設定するときの表現形式とは?

・自分に都合のいい肩書きを持つ。

・テープを聴く。

・本を大量に読む。

・優れた人との人脈を大切にする。

・営業は、マーケティングとセールスの二段階。

・買う確立の高いお客に集中する。

・お金をコントロールする。

・とにかく実践する。

・成功した将来と現在の溝を埋める。

・年収10倍になっても、幸福は得られない。

・成功に向かっているときに注意すべきこととは?

・自分を信頼せよ。

など。

この本を読んだとき、自分がいかに世間の誤った常識に

しばられていたかを考えさせられました。


非常識な成功法則


カセット 『非常識な成功法則』完全習得セミナー



コメント   トラックバック (29)
この記事をはてなブックマークに追加

「意思決定12の心得」 田坂広志 著

2006年03月22日 00時21分39秒 | 書評
マネジャーのための意思決定に必要な能力とそれを身につけるための心得。

たとえば、

・マネジャーは、「なぜ、意思決定ができないのか?」という問い

 に直面したとき、初めて真のマネジャーへと脱皮できる。

・意思決定とは「決める」ことだという誤解。

・意思決定に必要な3つの能力

 直観力・説得力・責任力

 (勘が鋭く、言葉に力があり、腹が据わっている)

・メンバーの意見を聞いたうえで、

 自分の信念に従って意思決定を行う。

・直観力を磨くには、論理を極める。

・日々の仕事で直面する課題に対して、徹底して考え抜く。

・経験を深く反省することによって、体験する。

・本当に重要なのは、言葉で語られないこと。

・退路を断つ。

・私心をみつめる。

・論理を語るのではなく、心理に語りかける。

 など

この本では「直観力を磨くには、論理を極める。」など

僕の中の常識をくつがえすことがたくさん書かれており、

とても勉強になりました。


意思決定12の心得


コメント   トラックバック (14)
この記事をはてなブックマークに追加

「人間通」 谷沢永一 著

2006年03月19日 23時35分42秒 | 書評
読書の達人、谷沢永一さんによる、

人間通(現代を生きていくために必要な他人の気持ちを理解する達人)

になる方法。

たとえば、

・男女を通じて絶対矯正することのできない2つの悪徳

 ケチと臆病。

・能力があるのに成功しない人の多くは、親友がいない。

・自負と野心は紙一重だが、野心はきらわれ、

 適当な自負は好まれる。

・悪口を言い過ぎると信用されないが、

 全く言わなくても信用されない。

・自分の生涯は空しかったと思うことがないよう、

 なんらかの希望を持つ。

・可愛げは、人間の欠点を隠し、他人に好かれる。

・律儀さは、可愛げの次に他人から、好まれる。

・相手のクセを気にする前に、自分のクセを考える。

・人間社会で生きていくためには、すべての競争から

 逃げることはできない。

・抗争に持ち込む前に勝つ。

・日頃から他人にナメラレナイよう毅然とした態度でいる。

・ほめ上手になる。

・評判は、人間の値打ちを定める最後の決め手。

・動機が卑しくても、世間のためになれば、よい。

・他人より、ぬきんでた人間は必ず嫉妬される。

・嫉妬されないためには、ずっと上にぬきんでる。

・嫉妬はキツネ色に程よく焼く。

など

人間通は、谷沢さんが言われるところの「四十代あるいは五十代

に知見を得た遅すぎた人生の納得事項」です。

僕にも耳が痛い、鋭い指摘が、上記以外にも沢山書かれています。

すぐには、直せないこともかなりありますが、

頭の隅に入れて少しづつ改善していこうと、

前向きに考えてみます。



人間通
コメント   トラックバック (27)
この記事をはてなブックマークに追加

タリーズ1号店2号店にいってみました

2006年03月18日 23時27分11秒 | Weblog
昨日読んだ松田公太さんの本に感動して、

タリーズ1号店2号店にいってみました。

1号店の銀座店は一階と地下一階の席があり、僕は地下にすわりました。

オープン当初はこの地下の席だけだったそうです。

約20席ほどのブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気の店内では、

軽快なジャズのメロディーが流れていました。

フロアは決して広くはありませんが、席と席の間のスペースが広く、

くつろげます。

端の席では女性が居眠りというより熟睡してたほどです。(笑)

とても気にいりました。

2号店神谷町店は1階と2階があり、僕は2階に座りました。

こちらは通りが見渡せる明るい雰囲気です。

こちらもジャズのメロディーが流れています。

やはり席と席の間も広いです。

肝心のコーヒーですが本日のコーヒーはマディソンブレンドでした。

やはりおいしかった。

さわやかな酸味が舌に心地よかった。

僕はいつもはミルクをいれてのみます。

でも、このコーヒーはおいしく、飲みやすかったので、

気がついたらそのまんま飲んでいました。

あなたもタリーズいかがですか?

オススメです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「すべては一杯のコーヒーから」 松田公太 著

2006年03月18日 01時51分12秒 | 書評
タリーズコーヒージャパンの会長、松田公太さんの起業物語。

松田さんは、銀行に勤める普通のサラリーマンでしたが、

銀行を退職後、タリーズコーヒーをオープンしました。

そして、全国規模のコーヒーチェーンに成長させました。

その成功の秘密とは?

・人生には、「夢」と「目標」の両方が必要。

・どんなことをするにも、情熱の有無で結果は変わってくる。

・最初から意思決定権を持った人と話をする。

・最初に好感触を得たからといって、それだけで契約は取れない。

・困難にぶつかったときには、何が悪かったのか、

 どうすれば解決するのか徹底的に追求する。

・使命感を持って生きる。

・目標ができたらすぐに行動に移す。

・目標を達成するためには、さまざまな経験を積んでいく。

・とにかくやってみる。

・自分の力を信じて挑戦し、最後まであきらめない。

・ブランドイメージを確立するために、最高の場所に出店する。

・経営者は自分の気持ちに対して、妥協してはならない。

・人の流れを分析する。

・運は人が運んでくる。

・部下を叱るときは、真剣に叱る。

・常に次を見据えて、備え、行動を起こしておく。

など

この本は、ひさしぶりにじっくり読みました。

松田さんのタリーズコーヒーへの深い情熱が、

ストレートに描かれていて、

僕の心に染み、とても感動しました。

また、成功するためのヒントが随所に

散りばめられています。

まさに、おもしろくて、タメになる一冊です。

僕は、明日はタリーズに行くつもりです。



すべては一杯のコーヒーから
 


タリーズコーヒーのホームページ


コメント   トラックバック (27)
この記事をはてなブックマークに追加

「幸田露伴『努力論』を読む 運が味方につく人つかない人」 渡部昇一編述

2006年03月15日 00時50分58秒 | 書評
幸田露伴の人生の目標を実現するための努力論の現代語訳。

たとえば

・努力には「直接の努力」と「間接の努力」がある。

・努力を忘れて努力する。

・自分の運命を切り開いていく勇気を持て!

・運命は人間を幸不幸にするが、

 個人の力も人間を幸不幸にする。

・幸運を呼ぶ人は、失敗の原因を常に自分に帰すが、

 不幸を呼ぶ人は、失敗の原因を常に周りのせいにする。

・目標を達成するための「着手のポイント」を意識する。

・自分の人生に「福」を積み立てる3つの秘訣。

 ①福を惜しむ

 ②福を分ける

 ③福を植える

・目標は高くかかげる。

・他人にあたたかく、やわらかく接するよう心がける。

・自然と人間との賢明な共生。

・病気にかからないように努力し、

 また、病気にかかったらどうするか対策を練っておく。

・健康を保つための先人のアドバイス。

・結果の出ない人は能力がないというより、

 集中力がない場合が多い。

・集中力の無い人の特徴。

・集中力を増す方法。

・日々の小さな成功の積み重ねが自信を蓄積する。

・自分が決めたことを日々確実に行う。


など


「幸運を呼ぶ人は、失敗の原因を常に自分に帰すが、

 不幸を呼ぶ人は、失敗の原因を常に周りのせいにする。」

や集中力の話は、自分に一番必要なことなので、とても参考

になりました。

現代においては、地道に「努力」する人は少なくなってきましたが、

だからこそ「努力」を意識して毎日を過ごせば、

他人より成功に近づけるのではないでしょうか?


運が味方につく人つかない人


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「採用の超プロが教える 伸ばす社長つぶす社長」 安田佳生 著

2006年03月14日 01時38分41秒 | 書評
人材営業コンサルタントの安田佳生さんが、

3000人を超える社長に会った体験をもとに、

「どんな社長が会社をつぶすのか」をテーマに

会社を伸ばすコツが描かれています。

たとえば、

・「雇っているほうが、雇われているよりエライ?」

・経営者の人材観が会社の人材レベルを決める。

・社長より視野が広く、社長より長期的に物事を考えられる

 ような、器の大きい人材は来ない。

・よい人材は「雇う」のではなく、

 「来ていただく」と考えよ。

・自分の会社に必要なのは、どんな能力の持ち主か理解する。

・できる人材は、はっきり言って使いにくい。

・大手だからよい人材が採れるのではなく、

 よい人材を採っていたから大手になった。

・「よい人材」ほど確実な投資対象はない。

・ひとは育たない。

・よい人材を集める方法でなく、集まってくる方法を考える。

・売れる仕組みを作る。

・マーケットの要望に次々答えて、ビジネスモデルをつくる。

・読書やセミナーや研修の心構え。

・サボりの効用。

・能力をつけるコツは、精一杯のアウトプット。

・会社のトップ走者がどれだけ先を走るかで、

 会社全体の質が決まる。

・能力や情緒より、意欲が大切。

・覚えたいことは、7回繰り返す。

・変化に強い組織を作る。

・「捕鯨の法則」に学ぶ、人材の採用。

・社長が成長できる会社が伸びる会社。

・働くことに目的などない。

など。

伸びる会社にするためのアドバイスが豊富に、書かれています。

組織が伸びるためのノウハウが中心ですが、

個人の成長にも生かせるノウハウが満載の一冊です。


採用の超プロが教える伸ばす社長つぶす社長




コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「営業のビタミンプラスアルファ」 和田裕美 著

2006年03月12日 11時15分23秒 | 書評
外資系英語教育会社の日本ブリタニカで

個人売り上げ世界No.2になった和田裕美さんの営業で成功する秘訣。

なんと、和田さんは29才で年収3800万をかせいだそうです。

その体験を通して得た営業ノウハウ集です。

たとえば

・成功したのは、決断して、実行したから。

・営業職は、わくわくで楽しい。

・動いてから考える。

・悩む前に、今日からやる。

・売れる営業に必要な3つの能力。

 ①知識能力(商品、競合、顧客知識)。

 ②情緒能力(思いやり、やさしさ)。

 ③意識能力(プロ根性、信念)。

・誰にも眠っている5つの財産を生かす。

 (時間、エネルギー、集中力、技術、想像力)

・営業で最初に売り込むべきものとは?

・好かれる営業に変わるチェックポイントと実践方法。

 ①礼儀正しい。

 ②謙虚である。

 ③やさしい。

 ④熱心で前向き。

 ⑤自信にあふれて活気がある。

 ⑥信頼できる。

・できる営業マンはマーケティングセンスを磨く。

・マーケティングを簡単に説明すると・・・。

・販売促進のコツ。

・営業は3種類の問題を解決するためにある。

・思うとおりにいかないときの乗り切り方。

・迷ったときは、難しいほうを選ぶ。

・営業の超基本 8つのステップ

など


本書は、一時的に役立つ営業術でなく、長期にわたって結果が出せる

営業道といえるような内容になっています。

営業哲学から実際の営業ノウハウ、

さらにマーケティング、コミュニケーション、プレゼンテーションなど

営業職のひとだけでなく、

ビジネスに携わるすべてのひとに役立つ一冊です。

営業のビタミン
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「あなたを変える 超『熟睡短眠』法」 藤本憲幸 著

2006年03月11日 17時16分09秒 | 書評
睡眠時間を効率よく短縮して人生を充実させる方法。

著者の藤本さんは十代の頃は、体がとても弱かったそうです。

しかし睡眠時間を短縮する課程で強い体と心を得ました。

本書は、この体験をもとにした短民の基本と

具体的なノウハウが述べられています。

たとえば

不眠症や眠りの浅さを改善する方法。

・睡眠直前・性格改善法。

・「超短眠」に耐えるカラダつくり3つの秘訣。

・短眠に効くツボ。

・カラダを丈夫にして、良い眠りを導く特殊運動法。

・3時間睡眠5つのポイント。

など

僕もブログを更新するようになってから 毎日の睡眠時間が減りました。

なので、本書の眠気をさます方法や 快適に起きる方法は

とても役に立っています。

また、睡眠を短くして、人生を充実させている方々の話は、

とても励みになりました。



超『熟睡短眠』法
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「図解『人脈力』の作り方」 内田雅章 著

2006年03月09日 01時03分42秒 | 書評
ゼロから人脈をつくって成功するためのガイドブック。

著者の内田雅章さんは、銀行員、弁当屋、不動産業、

銀座のクラブ経営を経て、

社員を募集する企業と適職を探す学生のマッチングをする

ビジネスをされています。

日本の社長500人と「即アポ」がとれるそうです。

本書は著者の内田さんの経験をもとにした人脈作成術が述べられています。

たとえば

・まずは、人間好きになること。

・相手にいかに社交辞令でないお礼を言わせるか。

・マスコミにたたかれる人から学べ

・アイデアや人を紹介してもらったときは、

 キチンとお金を払ったり、贈り物をして、感謝の意を表す。

・だめなことはしっかり断る。

・約束は期限を決める。

・喜怒哀楽をはっきり、おおげさにする。

・相手のことを深く考え、場の空気を読む。

・迷ったときはGOサイン。

・権限者に狙いを定める。

・部下や後輩を大切にする。

・素直に聞く、聞く、聞く。

・「ありがとう」と感謝するだけでなく、対価を与える。

・カネは貸すべし。

・出張したら、近隣の取引先を全部回る。

・パーティでは、大物の近くに行く。

・ターゲットに印象を残す服装。

・講演会の講師に強い印象を与える。

・すぐにアクセスしてみる。

・人脈はどこでも作れる。

・接待ゴルフのコツ。

・一流のお店で最速で常連になる方法。

・バイトや店員ではなく、店長やオーナーと知り合いになる。

・あえて、苦手な人と積極的に食事をする。

・他人よりちょっとだけ、上になる。

・人がやってくれということをやる。

・大物とコンタクトを取る。

・他人の人脈を使う。

・ギブアンドテイクを忘れない。

など


人間関係の具体的なノウハウが満載です。

人脈作りのバイブルとなりそうな一冊です。


図解『人脈力』の作り方






コメント
この記事をはてなブックマークに追加